• このエントリーをはてなブックマークに追加
『MY closet』116段目「ポケモン」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『MY closet』116段目「ポケモン」

2019-12-11 17:00
  • 7


Switch
版のポケモンが出て、各所から「ポケモンやってる??」の声を聞くことが増えまして。皆さんも一度は聞かれるんじゃないでしょうか。もはや、「今日はいい天気ですね」の代わりです。日常会話のいいきっかけにポケモンの話題が出てきます。
今日はそんなポケモンの話をしますが、先にお伝えしておくと、私は、あいにくSwitchを持ってないので、Switch版のポケモンの話はできません。
その上であえて今この話題でお話をします。

どうも、吉岡茉祐です。

とにかくオススメされます。ゲームの話題となれば今特にトップオブです。
私がやっているラジオでもお話をしました。おそらく、ポケモン回なる回も、収録済みなので、この先出てくると思います。お楽しみに。

で、改めて私が今ポケモンの存在を振り返って、一番はまっていたポケモンのゲームってなんだろう、と思ったのがきっかけです。意外と一番好きだったのは、「ダーク・ルギア」かもしれません。GAMECUBE版のやつです。
「御三家」が最初のパートナーになるのに対して、ダークルギアでは、「イーブイ」固定なのが、私的にツボで。イーブイの進化先を考えながら先に進むのが楽しかった記憶があります。確か、サンダースを使っていたような。あと、野生のポケモンを捕まえるだけじゃなく、今までのポケモンではあり得なかった、人のポケモンにモンスターボールを投げるのが当たり前の世界で、奪い取る(スナッチ)ことができると言うのが通常のポケモンと違うところ。その異例さに惹かれていたんだと思います。
今では当たり前になった3Dグラフィックが、当時でもあって、とにかくバトルシーンがかっこよかった。街並みも立体的で走っていて楽しかったのを覚えています。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
コラム更新有り難うございます!!
率直に言って、ポケモンやってないですねぇ~www
正直、もうぅ~最近、ゲームをやる時間が無くて
というか、一緒にやる相手も競い合って報告する相手もいないので自然とゲームとは無縁な生活を送っています。
実家に住んでいることは兄や妹がゲームが好きで
競ってやってはいましたが
最近は、全くで。。。
私自身、ポケモンは好きなのでアニメやコンテンツは観る機会があっても、ゲーム自体は15年以上やっていない記憶です。
なんか、今のポケモンってどんな感じなんだろう!?というジェネレーションギャップ感じそうで
そういう点では、まゆしぃと一緒ですねw
でも、何年経ってもこれだけ需要があって盛り上がる
ポケモンってコンテンツが凄いなぁ~って思います。
アニメも新シリーズがハジマリ注目されていますからねw
周りに薦められるなら
話しのタネにもなるので始めてみるのもアリだと思いますが、周りがやっているから!?
薦められたからだと続かない傾向があるので
気が向いたら
まゆしぃ自身がやりたいと思ったらやってみるのも良いのかも知れませんねw
それに、まゆしぃの周りゲームオタク多そうなので
試しにやらせて貰うのも良いと思いますしw
まゆしぃが好きな様にやるのが一番ですよ!!
1ヶ月前
×
個人的にですが、自宅以外の友達宅や親戚宅でやっていたゲーム(その時の風景なども含めて)の方が
記憶が残っていますね。私もそれこそ小学校の時に友達宅でやっていたゲームに関して、
もう沢山記憶があります。

最新作では、俗に言う「リストラ」が行われてしまって、昔のポケモンの内の結構な数が
今回一緒に旅が出来なくなってしまったようですね。
でも、あの頃と同じような楽しみ方は出来ずとも、また新たな楽しみ方が出来ると思いますよ。
せっかくだしこの流れに乗ってみるのもいいかもしれませんね。

なお、私は剣盾プレイしておりません。
1ヶ月前
userPhoto
syu
×
116段目更新ありがとうございます。
これは、遊んでる方にコメントいただきたい内容ですね。と思いながら、習慣なので、足跡残しをば。

ゲームの話が真っ先に出るのは業界柄ですかね。
いい年した大人なので聞かれることもあまりないなーとほのぼの読んでおりました。
アニメのポケモンは見ていましたが、初代の赤を少しやったことがある程度なので、最もついていけない話題のひとつと化しているゲームのポケモン。

「ダークルギア」のお話はこれまでも何度かしてくださってますよね。
それだけ思い出深いのでしょうね。
特に、兄妹や友達と一緒に遊んだものは特にそうかもしれません。

「死ねない無人駅」見には行けませんでしたが、特撮好きなので、まゆしぃが観劇に行かれたと聞いて、感慨深いものがありました。
縁というものは、ひっそりどこかで繋がるものなのですね。

次回の更新も楽しみにしています!
1ヶ月前
×
更新ありがとうございます。
ポケモンは、金銀までがラストでしょうか?
当時はゲームボーイで始まり、ゲームボーイカラーまで。ゲームボーイに色がつくようになり、色違いのポケモンが出て来たのが、驚きだったように思います。インターネットの普及していなかったあの頃は、友人それぞれの持っている情報が攻略本であり、毎日攻略度合いを比べあってはポケモンマスターを目指していました。
私は明日から太正時代にタイムスリップする予定なので、しばらくポケモンをする予定はないですが、ふとこの記事を思い出して、懐かしのゲームボーイカラーに電源を入れるかもしれません。
1ヶ月前
×
更新お疲れ様です。

ポケモンはダイヤモンド・パール以降プレイしていませんが、
知らないうちにシステムやらグラフィックやらが大きく変わっていて驚きました。

僕がポケモンシリーズで一番ハマったのは64の「ポケモンスナップ」というソフトでした。
ポケモンの写真を撮るだけのゲームなんですが、子供向けとは思えないぐらい凝っていて、
何回もクリアしてはデータを消して、何周もプレイした覚えがあります。
あぁゲームだけやって生きていたい。
1ヶ月前
×
116段目の更新ありがとうございます!
何やら聞き覚えのある言葉だらけで、なんだかほっこりします(*´ー`*)
一人っ子の自分にとっては、もはやゲーム機が1人の兄弟のような頃もあったなぁと懐かしくなりました。

当時はよく遊んだのを覚えていますが、今あの熱量を注げるかというと別問題だったり…純粋に楽しむ気持ちよりも色々と考え込んでしまいそうです。笑

ただ、時代と共に違った楽しさが生まれることが長く愛される所以かもしれないなと感じました。発売を間近に控えた『新サクラ大戦』も同じだなーと。
何事も温故知新の気持ちで向かってみるくらいがちょうど良いのかもですね!
次の更新も楽しみにしています!
1ヶ月前
×
更新ありがとうございます。

ポケモン懐かしいですね。当時は雑誌の応募でしか手に入らない青のカセットを手に入れプレイしていましたが、赤と緑も買わないとコンプリートできないじゃんということに気づいて結局両方買ってもらった記憶があります。
金銀は図鑑をコンプリートするためにミュウをバグ技で捕まえたり、セレビィをイベントで手に入れたりと当時は色々やりました。
思い出として強く残っているのは誰かと競争したり交換したり一緒にプレイしていたからなのでしょうね。
ポケモンは子供ながらそういうことの大切さを教えてくれる良いゲームでした。

今作もプレイ動画を見て情報を得ています。
プレイする時間はありませんが、動画を見ることでプレイした気持ちになっています。
やれることが多くなると途端に面倒になるタイプなのでこれで十分なのです。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。