• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

『MY closet』169段目「言いたい台詞」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『MY closet』169段目「言いたい台詞」

2020-12-16 17:00
  • 6


覚悟を決めて家を出ると、さほどダメージを受けなくて、「なんだ、この程度か」と一度あぐらをかくと、次の日倍返しされる。
あ、気温の話です。寒いから気をつけてと言われた日はちゃんと気をつけるのに、その日大丈夫だったから次の日もいけるだろう、なんて考えは通用しないんですよね。だって、絶対日によって気温差はあるもの。家出る時間だって違うし。
わかってんのに、わからなくなるの、これなんなんやろか。…慢心?

どうも、吉岡茉祐です。

先日、とある役者とこんな話をしました。
「似たようなニュアンスのセリフでも、言いやすいのと言いづらいのあるよね」
「耳馴染みのある言葉と喋ってて気持ちいい言葉ってちょっとずれてるよね」
…とまあ、こんな感じの。

文章で読むときには違和感のなかったセリフが、いざ口に出して読んでみたときに印象がガラッと変わったりすることがある、みたいなことを言いたかったんです。実は最近、この議題が私の周りでよく出るんです。実際、私が書き物をしていることもあって、聞かれることも多くなり、改めて自分で考えてみたくなったきっかけになりましたので、今日、自分の中でも振り返りつつ、皆さんと共有できたらと思い立ちました。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
169段目の更新ありがとうございます!
朗読劇の台本とかを後で読み返していた時の違和感?の正体みたいなものがフラッシュバックしたコラムでした。
読みながら頭の中でキャラクターに喋らせてみた時にも、イントネーションとか語気の強さとかを本番ではちょっと変えてたなとか、気になることもあるんですよね。

やはり一言一句にも役者さんや脚本、演出の方々のこだわりって活きてるんですね。とても繊細で、素敵だなと思いました。
『あの星』のドラマCDが益々楽しみになりました!
次の更新も楽しみにしています!
4ヶ月前
×
まゆしぃ
コラム更新有り難うございます♪

本当に、急激に気温下がって
冬だと実感する季節になりましたよね。。。
室内暖房かけていると
外気温の温度差に
体がビックリすることもあるので
家を出る一定時間前には暖房を切った方が
賢いかもしれませんねw

今回のコラムのテーマ
ニュアンス
まゆしぃが言いたいこと解ります。
言葉一つとっても
表現者によって全く別の解釈に変わってしまいますし
脚本家がどういう趣旨で物語を構成しているのか!?
役者さんにキチンと伝えないと
全く違った作品になりそうですよね(汗)
実際に、日常の会話でも感じることでもありますし
新聞などの情報誌を見ていても思うことで
言葉の繋がりに寄ってもニュアンスは大切だと思いました。
まゆしぃに出逢って
色々な作品を観る機会が多くなった分
Wキャストで役者さんが変わって
全く別のキャラクターに感じるのもニュアンスの違いがあると思うので
役者さんが異なっても同じキャラクターに見えるように
ニュアンスを整えるのも脚本家そして演出の腕の見せどころですよねw
次回は、この《ニュアンス》の続編だと言うことで
どういう視点でコラムが展開されていくのか!?
楽しみにしていますね!!
今日のニコ生特番もw
4ヶ月前
×
更新お疲れ様です。
今回大丈夫だったから次もいけるだろう…よくあることですね。
そして過去何度か見た事のあるまゆしぃの「まー行けるっしょ」が脳内再生されました。
まゆしぃのそういうところ大好きです。
あと何となくですが僕の受ける印象としてはまゆしぃは会話の流れというよりも会話の中に出てくる言葉の1つ1つに意味を持たせるのが好きなのかなって感じを受けます。

次回の更新も楽しみにしてますね。
4ヶ月前
userPhoto
syu
×
169段目、更新ありがとうございます。

小説を書いていると『この子、こういう言い方しないんだよな』で1時間悩むことがよくあります。
どういうニュアンスで言ってみても面白くなる言葉は舞台向きだなぁと感じたり。
触れるものが増えると、それに即した書き方というものが存在していることがわかって、視野が広がります。

まゆしぃは割とダブルミーニング的な言葉を脚本では選ばれていますよね。
年末年始は巣篭もりせざるを得ないので、読みなおすには良い機会かな(^^♪

次回の更新も楽しみにしてまーすっ!
4ヶ月前
×
とても参考になりました
4ヶ月前
×
更新ありがとうございます!
気温の変化にはいつも振り回されてばっかりです笑

私は中高で演劇部に所属していたのですが、なかなか台詞が覚えられませんでした。そのときにコーチに「ニュアンスさえあっていれば、そのとき言いたいように少し変えてもいい」と言われてたのを思い出しました。

Wキャストの劇をみているとよく思いますが、演じる人によって、同じ台詞でも違った雰囲気に聞こえることがよくあります。
演じる人や、台詞一つでも変わってくるところが、舞台の醍醐味なのかなと思います( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )

伏線がたくさん張られてる脚本は、常にこれがどこに繋がってるんだろう…?と意識してしまい、本当に見てて面白いです!笑
あの星のドラマCD、いまから本当に楽しみです!もちろん他のグッズも楽しみにしてます!
あの星の物販は本当に素敵なものがたくさんあって、何を買おうかずっと迷っています><♡
月末までなので、早く決めないとですね笑

脚本家としての観点、役者としての観点、双方からの見方ができるところは本当にまゆしぃの強みだと思います✧

次回も楽しみにしております✾
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。