• このエントリーをはてなブックマークに追加
広橋 涼『こまごまかいてます』第483回「ボタンがない」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

広橋 涼『こまごまかいてます』第483回「ボタンがない」

2022-02-05 12:00
  • 3
ポケットのボタンがないと気がついたのは、仕事現場に着いてコートを脱いでいる時でした。コートのポケットには二つずつボタンが付いています。右側のポケットにはボタンが一つしかなくて、もう一つの場所には糸だけがふぁさりと垂れていました。

「お疲れ様でした」と挨拶してコートを着たら、無意識に右側のポケットに手をいれていました。仕事中は忘れていた“ボタンがない”が頭の中をぐるぐるするのです。もしかしたら無くしたボタンが運良くポケットの中に落ちていたりしてと、たぶんそんな風に思ってごそごそしたのでしょう。もちろんありません。襟に付いているボタンをポケットに移動させて、襟のボタンは家に余っているボタンに付け替えようかとあれこれ考えながら、でも同じボタンがあればベストよねと歩きながらボタンを検索してみたら、近くにボタン屋さんがあるのを発見いたしました。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

家庭科の授業をちゃんと聞いていればよかったと、この歳になって思います💦

No.1 4ヶ月前

素敵なお話しです(^-^)

No.2 4ヶ月前

自分で選んだボタンに替えるとなんだか嬉しくなりますね、素敵です

No.3 4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。