• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

《「ジャニーズ帝国」大激震》「TOKIO育ての親」ジュリー副社長は“ほっかむり姫”
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

《「ジャニーズ帝国」大激震》「TOKIO育ての親」ジュリー副社長は“ほっかむり姫”

2018-05-09 05:00
     ジャニーズ事務所副社長、藤島ジュリー景子氏。彼女が挙げた最大の“業績”こそTOKIOの育成だった。叔父と母が築き上げた「帝国」を継承する日が間近に迫ったタイミングで勃発した山口問題。しかし彼女は姿を現さない。今、ジャニーズに何が起きているのか?

     五月六日、ジャニーズ事務所の総帥・ジャニー喜多川社長(86)は横浜アリーナを訪れていた。この日、全国ツアーの千秋楽を迎えたSexy Zoneを激励。午後三時半過ぎに関係者口を出ると、スタッフに囲まれながらおぼつかない足取りで車に乗り込んだ。
     ジャニーズ事務所がTOKIO・山口達也(46)との契約解除を発表したのはそれから数時間後のことである。TOKIOのメンバーから退職届を託されたジャニー氏は「私が責任を持つ」「私が決める」と宣言し、リーダーの城島茂(47)と協議したうえで正式に受理したという。
     一連の山口問題を巡り、前面に立ったのはジャニー氏のように見える。だが、実際に報道発表のタイミングや、会見を開くか否かの判断をしたのは藤島ジュリー景子副社長(51)だった。かつて小誌のインタビューでメリー喜多川副社長(91)が“次期社長”と名指ししたメリー氏の愛娘である。マスコミ操縦の豪腕ぶりで鳴るメリー氏だが、彼女もまた今回、事態収拾にはほとんど関与していない。
     四月二十六日午後、山口の謝罪会見を生放送で見ていたメリー氏は、吐き捨てるようにこう言ったという。
    「見苦しいわね」 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2018-12-18 22:38
    チャンネル月額: ¥864 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。