• このエントリーをはてなブックマークに追加
企画を作ろうというときの「フレーム」という考え方
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

企画を作ろうというときの「フレーム」という考え方

2014-03-04 18:33
    こんにちは、大井昌和です。
    最近は某先生に紹介していただいた、某出版社さんとの打ち合わせをしたりしていて、いろいろ考えることができて、いそがしたのしい日々あります。
    そんな生活でなかなか入力ができない中、気になっていることは、カゲロウデイズの物語感、PS4の圧勝で起こるゲームの停滞、「光る絵」という概念の研ぎ澄まし、額縁の値段って高いなあ、です。
    そんな中で新しい企画をまた作ろうとしている最中なのですが、そこで自分がよく使う「フレーム」という考え方を語りたいなー、と思います。

    「フレーム」というのはwiki先生によるところの、車両の車体骨格・構造、的な意味で使ってます。額縁ではないです。
    自分の同人誌「マンガ企業論」でマンガ製作の過程を企画段階からネーム、作画まで一気に開陳しました。その中の企画制作の段階で書いた拙著「おくさん」は企画説明のときに「32歳主婦を主人公にした「よつばと」」という風に書きました。この「よつばと」という部分が「フレーム」です。
    つまり、演出の構造を「フレーム」と言っているわけです。
    だがしかし。
    この「フレーム」の使い方を間違って理解すると、駄企画が生まれてしまうときがあります。
    どういうことでしょうか。
    「「おくさん」は32歳の主婦を主人公にした「よつばと」だ」という企画。
    この文章を記号論理学的に考えれば、「おくさん」という単語をA,「32歳の主婦を主人公」というのをB,「よつばと」をCとします。そうすると上述の文章は、
    A=B×C
    と表すことができます。この数式は、数学的に考えれば、A(おくさん)というものは、C(よつばと)が存在していれば、
    B=A/C
    としてB(32歳の主婦が主人公)が求められるということになります。
    実はここに落とし穴があります。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。