• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

スタンダードジャーナル:奥山真司のアメ通LIVE 入会はこちらから

最新生放送

次回放送予定をお待ちください。

生放送番組紹介

TSJ/OTB

和田Twitter

THE STANDARD JOURNAL

日本国内メディアの報道は多分に左翼的であり、無責任報道が多い。「リアリズム」的視点から、欧米の英字新聞・雑誌ニュースを読み解く。日本は欧米ではどう報道されているのか?政治、経済、カルチャー、ゴシップまで取り扱います。戦略的思考で、欧米人の思考をさぐりたい。

スタンダードジャーナル編集部

  • 映画「Fukushima 50」原作者の門田隆将氏オンライン講演会開催|THE STANDARD JOURNAL

    みなさん、こんにちは 和田です。 昨日もその前も門田隆将さんの 映画「FUKUSHIMA 50 」をご存知でしょうか? とメルマガで書いたもんだから、 「その映画、今でも見えるんですか?」 という質問が来ました。 いや、ググれよ! と、思いながらも返答します。 コロナで上映が中止にしなっていましたが、 全国各地で再上映がはじまっています。 少し前までアマゾンプライムでも見れたのですが、 現在ではネットでは見れません。 近くで上映されないという人もいるでしょう。 ただし、絶対見ないといけない映画です。 では、どうしたらいいのか? 映画はいずれチャンスあります。 ネット放送でも見れるチャンスはでてくると思います。 しかし、とりあえず、このオンライン講演会は 申し込んでおいてください。 そしてその映画の原作、 ノンフィクション作家 門田隆将氏が書いた 「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 」 を読んでおくのもいいでしょう。 とりあえず、買っておくのもいいでしょう。 311の東日本大震災から時間も経ち、 現在は世界的にコロナもあるし、 もっとも日本...

    2020-07-31

    • 0 コメント
  • 映画「Fukushima 50」原作者の門田隆将氏オンライン講演会開催のお知らせ|THE STANDARD JOURNAL

    みなさん、こんにちは 和田です。   昨日も聞きましたが、 映画「FUKUSHIMA 50 」をご存知でしょうか? そしてその映画の原作、 ノンフィクション作家 門田隆将氏が書いた 「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 」 をご存知でしょうか? 私、和田憲治は高知県出身です。 ある飲み会で月刊Hanadaの花田編集長に 門田先生を紹介された時は、 郷土の英雄に会うことができ感激したことを覚えています。 門田先生は高知県の名門・土佐高校の出身です。 高知ナンバー1の評論家、ジャーナリストであるどころか 現在日本ナンバー1のジャーナリストだと思っています。 ちなみに、元朝日新聞の記者で、 慰安婦「捏造」記事を書いたとして 櫻井よしこ先生らを 名誉毀損で訴え敗訴した植村隆氏も同じく 高知・土佐高校の出身です(書きたくなかった)。 彼が、日本のワーストジャーナリストだとはあえて書きませんが。 門田先生は、最近では国内外の課題を浮き彫りにさせた 「疫病2020」を上梓しました。 安倍政権の空転ぶりの内部や厚労省の問題を書いた 衝撃作です。 昭和天皇の御真影をバー...

    2020-07-30

    • 0 コメント
奥山真司CD講座