• このエントリーをはてなブックマークに追加
【最終回まであと4話】あなたってよく見るとドブネズミみたいな顔してるわね【第29回】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【最終回まであと4話】あなたってよく見るとドブネズミみたいな顔してるわね【第29回】

2014-01-16 00:00
  • 1


はじめから よむ (第1回へ)


「魔王がよみがえったら、ぼくが倒すんだ」

 十年前のあの時、僕は自分の言葉で、言った。

「僕の家は勇者の家系だから、父さんが魔王を倒したみたいに、今度は僕が、倒すんだ」

 その言葉を聞いて、やさしい誰かは少し戸惑った表情をした。

 だけどすぐに、にっこり笑った。にっこり笑って、すごいね、と言ってくれた。

 その顔を見て、僕は、とてもうれしかったんだ。

 そして、その人は、そんな僕に言ってくれたんだ。

「あなたにならできるよ。きっと、できるよ」

「がんばってね」

 そう。こんな言葉をかけてくれた。

 でも、ここから先があった。問題はここからだったのだ。

 僕がこの記憶を封じ込めていたのは。ここから先の出来事のせいだ。

 僕は「がんばってね」と言われて、照れて笑った。

 そして、家に帰るために立ち上がった。

 その時だった。

 まだ大きな木の下で座り込んでいたやさしい誰かが、僕を呼び止めたのだ。

「ねえ……待って」

 その人は、思い詰めた表情でうつむいていた。

 何かを決意したような。何かに怯えているような。複雑な表情だった。

 そして次の瞬間、その人は言ったのだ。

「前々から言おうと思ってたけど……

 僕はのっぴきならない気配を感じた。心臓がどきどきした。

 ふわふわした、いい気分だった。何を言われるか楽しみで、緊張した。

 そして僕は「なに?」と、できるだけやさしく、聞き返した。

 そうしたら。そのやさしい誰かはこう言ったんだ。

「あなたって、よく見るとドブネズミみたいな顔してるわね」

 最初は何を言われているのかわからなくて、理解するのに少し時間がかかった。

 それはさながら、ゆっくり登って急角度で落ちていくジェットコースターのような気分。

 血の気が引いて、背筋が冷たくなり、お腹のあたりがゴロゴロ痛む。

 ひどいことだ。ひどいことを言われた。ひどいことを言われた。なんで。どうして。

 あんなにやさしくしてくれたのに、なんでそんな事を言うの。

 そしてやさしい誰かは、さらに言葉を紡いだ。

「あなたが魔王を倒せるんだから、いじめっ子たちも魔王を倒せるかもしれないね」

 なんで。

「だってあなたよりもいじめっ子の方が強いもんね!」

 なんで。なんで。なんで。

「あなたって、色白で、ひょろひょろで、エノキダケみたいだもん!」

 なんで。なんで。なんでなんでなんでなんで。なんでそんな事言うの?

 なんでそんなに笑いながら。楽しそうに。そんなにひどいことを言えるの?

 さっきまでやさしく手当をしてくれてたのに。僕の事を認めてくれたのに。

 どうして。なんで。いやだ。いやだいやだいやだいやだ。

 真っ白くもやがかかっていたやさしい誰かの顔が。少しずつ。少しずつ。

 まるで霧が晴れていくように、幼い頃のあどけないマオの顔になる。

 僕は。あの時僕は、マオと一緒にいたんだ!

「なあにその顔? へんな顔!」

「さっきはエノキダケって言ったけど、顔だけ薄汚れてて十円玉みたいだね!」

 どうしてそんな事言うの。どうして。どうして。

 僕の心にいくつもの言葉が刺さり、ズタズタに切り裂かれていく。

 僕を認めてくれたたった一人のやさしい人は、やさしい人ではなかったのだ!

 もう、誰も、信じられない!

「やっぱりあなたってドブネズミみたいな顔してるわね!」

 にこにこ笑う幼い日のマオの顔。

 この顔で。この言葉で。僕は人付き合いが苦手になった。

 目の前にいる人がいくら聞き心地のいい言葉を言っていても、本当のところは。

 本当のところは何を考えているかなんて、わからないんだ!

 これが、僕のトラウマだった! 封じ込めておきたかった、僕の過去だった!

 

 心の奥底の重たい扉が一撃で破壊され、その隙間から何かがあふれ出してくる。

 亀裂が入り、浸水し、もはや沈没を免れないタイタニック号のような絶望感。

 波のように押し寄せるそれは、間違いなく「恐怖」そのものだった。

「上に行けば、きっとオマエは後悔する」

 夜景の見えるレストランでヨコリンが言った一言が、恐怖に漂い、浮かび上がる。

 夢なら覚めてくれと、何度願ったかわからない。

 しかし、残念ながら夢ではないのだ。

 世界にとっては取るに足らない普通の女の子だが、僕にとっては諸悪の根源。

 止まらない汗。笑う膝。砕ける腰。定まらない目線。僕の悪癖が一気に吹き出す。

 そんな僕を見て、今の今まで存在すら忘れていた幼なじみのマオが言う!

「そのうろたえかた、変わってないね。昔からずっとそうだった。ほんと挙動不審だよね!」

「金星でも生きていけそうなおかしな顔だけど、いちおう、勇者様だもんね」

「これから魔王を倒しにいくの? じゃあもうあなたの顔を二度と見なくてもいいんだね!」

「魔王を倒しにいくあなたに、言っておきたいことがあるの」

「小さい頃からずっと、気持ち悪いあなたを見てきた私の最後のアドバイス……

「しっかり聞いていきなさいよっ!」

 

 瀕死に追い込まれた僕の頭の中に、過去のつらい記憶が駆け巡る。

 自分の外見に関する様々な悪口や、胸をえぐられるような一言。

 それを身近な女の子、マオに言われた事により、僕は自分に自信がなくなっていた。

 僕がこんな人間になった原因はなんだったのかと、今までずっと疑問に思っていた。

 責任は僕にあるのだ、僕が責任の一端を担っているのだと思っていた。

 それも間違いではない。その通りだ。しかし、もっと大きな原因が存在したのだ。

 それが、マオ。マオこそが、僕のトラウマの元凶なのだ。

 幼い日にマオから受けた数々の暴言や心ない一言で、僕は勇者でありながら、腐った死体への道を進み出した。望まぬ進路。先の見えない暗闇。時と場合を選ばずに襲ってくる劣等感。僕はそのすべてから、何年もの間逃げ続けた。

 でも。

 こんなにも弱かった僕が。この酒場に足を踏み入れて、少しずついろいろなことを知っていって。ドレアさんと出会い、ヨコリンから絡まれ、マカロンやポマードやイルーカさんを説得し、苦手だった他人との会話から逃げずに、数々の冒険者を勧誘してきた。ジョンスに勝ち、アダンを打ち負かし、ヒロイックブレイドを携えて、必死にコミュニケーションしてきた。

 今まで僕の中を通り抜けてきた人々の顔が、言葉が、閃光のようによみがえる。

 彼が、彼女が、あなたが、君が。

 みんなが僕を、強くした。

 ヨコリンがおふざけで言ってると思ってた、大人の階段は。本当に。

 僕が成長するための、大人の階段だったのかもしれない。

 変わりたいのに変われなかった僕が、ようやく変われた。変われた気がしたんだ。

 もう、今までの僕とは違う。

 だってここは、酒場の最上階だ。

 こんな僕でも、ここまで来られたんだ。

 僕が本当に変われているのかどうかが、これからわかる。

 今までと何も変わっていないかもしれない。でも。

 もう、逃げない!


 ゆうしゃは トラウマと むきあう かくごを てにいれた!

 
【 第30回を読む 】


・原作となるアプリはこちら(iPhone、Androidに対応しております)

http://syupro-dx.jp/apps/index.html?app=dobunezumi

 

コメント コメントを書く

すべてはやればできる!

No.1 103ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。