• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

即位後朝見の儀
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

即位後朝見の儀

2019-05-01 00:02
    即位後朝見の儀(5月1日)

    男性は、燕尾服、紋付羽織袴又はこれらに相当するもの
    女性は、ロングドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの
    勲章着用

    参列者
    内閣総理大臣、国務大臣、内閣官房副長官、副大臣及び
    内閣法制局長官、衆議院議長、衆議院副議長、参議院議長、
    参議院副議長、両院の常任委員長、特別委員長、調査会長、
    審査会長及び事務総長並びに国立国会図書館長、
    最高裁判所長官、最高裁判所判事、高等裁判所長官及び
    最高裁判所事務総長、特記した認証官以外の認証官
    都道府県知事の代表及び都道府県議会の代表各2人
    市長の代表及び市議会の代表各2人
    町村長の代表及び町村議会の代表各2人
    その他特に認める者
    以上の者の配偶者

    午前10時50分、参列者が宮殿の千草の間、千鳥の間及び
    春秋の間に参集する。
    午前10時55分、皇嗣、皇嗣妃、親王、親王妃、内親王及び
    女王が皇族休所に参集される。
    次に参列者が正殿松の間の所定の位置に列立す
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。