• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

原発と核抑止
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

原発と核抑止

2020-07-16 22:28
    防衛大臣にも関係あるご質問が来ました。
     
    政府は、核抑止が必要になる時に備えて原発や再処理施設を維持しようとしているというのは本当ですか、というご質問です。
     
    世界で唯一の被爆国である我が国は非核三原則を堅持しており、また、核兵器の不拡散に関する条約(NPT)の締約国でもあり、政府は、将来にわたり、核兵器の保有を選択肢と考えていません。
     
    以上です。
     
    そんな身も蓋もない答をという声が聞こえてきそうですが、そもそも身も蓋もありません。
     
    百億歩譲って、「日本独自の核抑止」を選択肢としたとしても、核兵器の材料は濃縮されたウランかプルトニウムです。
     
    プルトニウムはすでに国内に約9トンありますから、これ以上再処理の必要はありません。
     
    核兵器に必要なウランは濃縮ウランですが、原発ではウランを濃縮するのではなく、燃やして消費しますので、反対のことをやっています。
     
    核オプションを
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。