• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

イギリスの作家
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

イギリスの作家

2020-10-19 23:52
    ニコ生とYouTubeの生放送が終わりました。

    前回に増してたくさんの御質問をいただき、ありがとうございました。

    生放送中に回答できませんでしたが、「河野さんの好きなイギリスの作家を三人あげてください」という質問がありました。

    アメリカでなくイギリス、しかも三人、面白い質問だなと思いましたので、メルマガで、お答えしてみます。

    小学校時代にはまったイギリスの作家は、「ツバメ号とアマゾン号」のアーサー・ランサム。

    アーサー・ランサム全集を買いそろえました。

    この全集は、今でも議員会館においてあり、時々、引っ張り出して読んでみたりしています。

    中学校時代は、まず、「第9軍団のワシ」のローズマリー・サトクリフ。

    サトクリフのローマ時代のイギリスを舞台にした小説は、片端から読みました。

    大学時代には、ロンドンから夜行列車に乗ってハドリアヌスの長城を見に行ったこともあります。

    そして、「海軍士官候補生
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。