• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「青枠」の廃止
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「青枠」の廃止

2020-10-15 22:28
    霞ヶ関の働き方改革の一環として、このたび、「青枠」「こより綴じ」など、長年続いていた慣行を廃止しました。

    「青枠」とは、閣議書類などの文書を作成する時に、「日本国政府」と記された青枠様式を使うことです。

    青い枠とそこに印刷される文字との間隔を厳密に5mmにすることなどが求められ、印刷後に定規で間隔を測ることなどが行われ、そうした作業が大きな負担となっていました。

    「こより綴じ」は、文書を製本する際に、ホチキスではなく、文書にキリで穴を開け、こよりを用いて綴じることで、これも長い間行われてきました。

    こうした長年の慣行が、事務の効率化を妨げていました。

    今回、こうした慣行を廃止すると共に、閣議請議大臣の公印押印も廃止しました。

    多くの大臣が閣議請議する案件の場合、各府省を回って大臣印の押印を受けなければなりませんでした。

    また、閣議決定後の請議大臣宛の指令書も、特段の意義が認められず、廃止す
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。