• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

医療費削減効果
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

医療費削減効果

2020-10-22 23:44
    日本の医療費を削減するために、何が効果があるのか分析したデータがあります。

    後発医薬品がある先発品を全て後発医薬品に置き換えたら、どれだけ医療費が削減できるかを推計し、これをもとに2013年度において仮に80%を達成した場合に、2013年度の医療費に占める効果額を算出し、この割合が2023年度においても同じ割合を占めると仮定した場合の効果額は、約4000億円になります。

    2008年度から2013年度までのレセプトデータ、特定健診データを用いて、特定保健指導対象者の入院外一人あたり医療費の経年的推移を分析し、この結果を用いて、特定健診の実施率70%、特定保健指導の実施率45%を達成した場合の効果額を推計すると約200億円になります。

    さらに糖尿病の重症化予防の効果を推計すると約800億円、同一月内に複数種類の薬剤を投与された65歳以上のうち15種類以上の薬または3医療機関以上から同一月内に同
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。