• このエントリーをはてなブックマークに追加
「無から有を生み出す」のヒントvol34&「トンガリキッズ誕生秘話」vol.44出荷枚数
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「無から有を生み出す」のヒントvol34&「トンガリキッズ誕生秘話」vol.44出荷枚数

2013-05-18 07:54
  • 2
「文章を書いて売ろう」

真っ先に思いつくのが「書籍」を書いて本を売るという構図だが、この出版不況の現在「出版」は非常に敷居が高い。
書籍の出版と流通には最小ロットで挑むと仮定しても、 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
返品の多い商品でも、多くの印税が発生したということですが、そうなるとレコード会社が負債を被ったということでしょうか?
それともCDというのは3万枚刷っても、1万枚売れれば儲かる価格設定になっているということでしょうか?
素朴な疑問ですみません。
101ヶ月前
userPhoto
ニポポ
×
>>1
9999さん。ご質問ありがとうございます!そもそもCDは本来刷った分印税が発生します。通常は1万枚しか売れる見込みのない人のCDを3万枚刷ったりする無謀な事はしません。お察しの通りレーベルが負担することになってしまうからです。ですが、価格設定もカラクリというわけでは無いですが、1万枚も売れれば十分もとは取れます。宣伝広告費を使いすぎなければという話ですが!
101ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。