• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

『Innocent Eyes』 10〜HIDE 誕生日記念 コラム〜『ひでちゃん、誕生日おめでとう』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『Innocent Eyes』 10〜HIDE 誕生日記念 コラム〜『ひでちゃん、誕生日おめでとう』

2017-12-13 20:10


    ひでちゃん、お誕生日おめでとう。

    今年もまた手紙を送るね。

    このブロマガで、誕生日ごとに、ひでちゃんにメッセージを送るようになってから、もう5年目だね。

    この5年間、色々あったけど、やっぱりマディソン・スクエア・ガーデン公演から、世界進出がより本格的になっていった感じがしてね、とても凄いことだと思った。

    世界中にファンがいるんだよね、今は。

    しかもXのファンだからね、みんな本当に深くXを愛してる。そしてきちんと理解してる。

    去年のウェンブリー・アリーナ公演を観ていてもね、それを凄く感じた。

    世界中を飛び回っているYOSHIKIがね、ファンと接する様子を観ていても、感じる。

    あの頃・・・。

    そう、色々な場所でライブやって、日本中でファンがどんどん増えていった、あの頃と同じように、今は世界中でファンが増えているんだね。

    でも、本当のところ、世界は広い。

    北米やヨーロッパ各国、そして南米にアジア各国・・・。

    そんな大変なことを実現させているのは、メンバー全員の強い想いなんだね、きっと。

    YOSHIKIなんか、本当に身を削って生きているよね。

    そんなYOSHIKIの様子がね、ごくたまに、ヒデちゃんと重なるんだよ。

    その様子を観ていてね、ああ、ひでちゃん、一緒なんだな、って感じる。

    永遠だものね。

    ありがとうね、ひでちゃん。




    ライブだけじゃなくてさ、ちょうど映画『WE ARE X』がヨーロッパ中で上映されていてね、その前は日本や中国、そして北米でしょ。

    世界中にXの歴史が、きちんと届いている。凄いことだと思うんだ。

    監督のキジャックがね、Xをちゃんと理解していてね。運命共同体のことも。

    それはね、僕自身がインタビューに答えながら、強く感じたことなの。

    聡明で、強い光が灯ったキジャックの瞳を見つめながら、質問に答えていってね、
    僕は、あの頃のXを、とにかくわかって欲しい、と思いながら一生懸命話したんだよ。

    その質問が素晴らしくて、答えながら僕は幸せになった。

    でね、ひでちゃんのことも語った。

    伝わるかどうかなんて、気にせずにね、僕が見つめていた、僕の心にあるひでちゃんをね、話したいだけ、話したよ。

    そうしてね、ひとつだけね、ひでちゃんの優しさばかりがたくさん詰まった、心の中に大切にしまってあった僕の記憶について質問されたらね、答えられなくなっちゃった。泣いちゃったから。

    僕はね、ひでちゃんのそういうところがね、大好きだったから。

    どうしても涙が溢れてきちゃう。

    でも、幸せだから。ありがとうしかないから。心配しないでね。

    何よりね、その優しさも、今はYOSHIKIがそのままファンに向けて、そして大きく包んでいるから。

    幸せだよ。

    本当に幸せ。





    そういえばね、ひでちゃん、最近は僕、INAちゃんと一緒にやったりしてるよ。若い人たちに大切なことを伝えたり。

    僕ね、これ僕が勝手に想ったことなんだけど、やっぱりINAちゃんもひでちゃんと凄く似てる。

    優しところ、嘘がないところ、観ているものがきれいなところ。

    ほら、最初にINAちゃんと出会った頃、そう、スタジオでリハーサルしてた頃とかさ、あの頃のINAちゃんとは、ほんのちょっと違ってね。

    それで、わかったの。

    ひでちゃんとずっと一緒にいてね、一緒に作品創っていてね、きっとINAちゃんもひでちゃんに似ていったんだろうな、って。

    だからね、INAちゃんと一緒にいると楽しい。

    INAちゃんが音楽的に新しいことを始めていてね、それも一緒にやることになると思う。

    僕なりに、INAちゃんとできることを少しずつやってみるからさ、見守っていてね、ひでちゃん。






    毎年書いてるとおり、若くて可能性のあるクリエイターがね、話しているうちに、「実は僕、hideさんが大好きで・・・」って言ってくれることが多くて。

    ひでちゃんがいてくれたから、たくさんの才能が豊かに花開いていく。

    そのことを、僕は本当に誇りに思うし、心から嬉しく思う。

    だから、やっぱり最後はこの言葉になっちゃうんだよ。



    ひでちゃん、たくさんの夢と光をありがとう。

    永遠を、ありがとう。

    ひでちゃん、お誕生日おめでとう。




             2017年12月13日 津田直士

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    音楽プロデューサー 津田直士の 「人生は映画 主人公はあなた」
    更新頻度: 毎週月曜日&不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥330 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。