• このエントリーをはてなブックマークに追加
『Innocent Eyes』 43 「紅に染まった夜」 3Daysから、YOSHIKIの凄さについて想うこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『Innocent Eyes』 43 「紅に染まった夜」 3Daysから、YOSHIKIの凄さについて想うこと

2018-10-03 02:25

     僕には夢がある。

     ピアノが突然弾けるようになった14才からの夢だから、もう40年越しの夢になる。

     実現にはまだ時間がかかるだろうけど、実現した時、僕を知っている人は驚くだろう。

     僕のキャリアからその夢を想像するのは困難だからだ。

     いずれにしても、僕はこの夢があるから、40年以上を自分らしく生きてくることができた。




     さて・・・。

     今回の紅に染まった夜3Days公演では、その素晴らしいパフォーマンスと、最終日に無観客ライブという伝説を生み、そこで奇跡の夜を実現したYOSHIKIの姿に、数え切れない人達が深い感動を受け取ったと思う。

     この、YOSHIKIの圧倒的な凄さはどこから生まれるのか。

     僕は、長い長い年月をかけて、ずっと同じ想いで歩み続けているエネルギーの賜物だと思う。

     年月が長い分、そのエネルギーは凄いと思う。

     では、YOSHIKIをそこまでさせるエネルギーは、一体どこから来るのか。

     僕は『音楽への想いの強さ』だと思う。

     言い換えれば『音楽への想いの強さ』という、一つのことから生まれるエネルギーだからこそ、ブレずに長い長い年月を歩み続けることが出来るのだと思う。



     さて、そんな強い想いとそこから生まれるエネルギーは『YOSHIKIたったひとりのもの』だ。

     そして一方、YOSHIKIの人生は、バンドメンバー、ファン、スタッフ、音楽仲間や各界の知人友人・・・と、『無数の人達と繋がり影響を及ぼし合って』成り立っている。


     圧倒的な凄さを生む『たった一人のYOSHIKIの世界』と

     YOSHIKIが接する『数え切れないほど多くの人達』・・・


     この2つの関係について、少し考えてみたい。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。