• このエントリーをはてなブックマークに追加
Memories 11 1989年の春から1991年の春へ (3)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Memories 11 1989年の春から1991年の春へ (3)

2021-06-04 12:00
  • 8
 

 僕が真剣な表情で彼の話を聞いていたからだろう。

 トイレから戻ったHIDEは僕をチラッと見てから、ギターテクニシャンと話しているPATAの隣に移動した。
 
僕はHIDEの飲んでいたグラスなどをHIDEの元へ運び、そっと耳打ちした。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

津田さん ありがとうございます

Hideちゃんの行動、YOSHIKIさんの行動、くまなくチェック!!!
そして 対応の素晴らしさに感嘆!!!

No.1 15ヶ月前

津田さん、当時の風景、感情まで、今自分が見ているようなブロマガ感嘆❗今回のブロマガと全く関係なくてすみません

No.2 15ヶ月前

良いお話しでした。津田さんありがとうございます。
そのころを知らない最近の「エックス」ファンですが、津田さん達が本気で生み出したアルバムだから、いまだに感動できるのですね。
激しい曲もそうでない曲もどれも素晴らしく聞いていられます。イライラする曲もありません。
今更ですが「X」最高ですね。
(津田さんタラレバは嫌いでしょうけど)みんな生きていて、途中ばらばらになったとしても、また何かきっかけで意気投合したとしたら凄かっただろうなぁ、と思います。間違いなく凄いはずです。

No.3 15ヶ月前

ニコ生後、読みに来ました!
津田さんリスペクトです

No.4 15ヶ月前
userPhoto 津田直士(著者)

>>3
素敵なメッセージをありがとう!

No.5 15ヶ月前
userPhoto 津田直士(著者)

>>2
いやあ、嬉しいです。そう感じてもらえるのはとても嬉しい。ありがとう。

No.6 15ヶ月前
userPhoto 津田直士(著者)

>>1
あははは、まああの頃は本当に、リアルにそういう感じでしたから。。。

No.7 15ヶ月前
userPhoto 津田直士(著者)

>>4
そうですか、それは良かった!これからも見にきて下さい。ありがとう。

No.8 15ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。