• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Memories 10 1989年の春から1991年の春へ (2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Memories 10 1989年の春から1991年の春へ (2)

2021-05-29 20:50
  • 4

 (前回の終わり部分)

 酒が持つ効果により華やかに賑わうお店で、それぞれ様々な会話が繰り広げられる中、5人のメンバーと複数の関係者が入り乱れて会話している様子を眺めながら、僕は僕で上機嫌に盛り上がって色々な人と話をしている
 
 ・・・ように見えて、実は警戒を怠らない。
 
 TOSHIとPATAは問題ない。
 
 TAIJIもよほどあからさまに否定的な感想を投げかけられない限りは大丈夫だろう。
 
 だが、YOSHIKIとHIDEは・・・。
 

 嬉しそうに話す相手の顔に笑顔で答えながら、僕はさりげなく目を走らせる。

 YOSHIKIとHIDEがそれぞれ別の席で、新たに登場した関係者と会話している様子を見るためだ。
 
 サングラスで本当の表情はわからないが、相手の話を聞きながら、とりあえず肯いているYOSHIKIは今のところ大丈夫そうだ。
 
 HIDEは?

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
津田さん 早々に ブロマガ
ありがとうございます。
その後 どうなったの? 気になる気になる、この終わり方 気になりすぎ
1ヶ月前
userPhoto
津田直士
×
>>1
メッセージありがとう。ぜひ楽しみにしていて下さい。
1ヶ月前
×
津田さん 凄いです その時、その場の情景が、手に取るように見えてきます。 続きを楽しみにお待ちしております
1ヶ月前
userPhoto
津田直士
×
>>3
ありがとう。喜んでもらえて嬉しいです。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。