• このエントリーをはてなブックマークに追加
Memories 22 1989年の春から1991年の春へ (12)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Memories 22 1989年の春から1991年の春へ (12)

2021-08-26 15:00
  • 2

 誰と出会うかで、人生はまったく変わってくる。
 
 人との出会いが人生に及ぼす影響はとてつもなく大きい。
 
 そんな、出会っていく人たちの中でも「大切にしていることが自分と同じ相手」はとりわけ重要だ。
 
 価値観がとても似ている人、という言い方もできるだろう。
 
 また、何を大切にしているか、というのは、人生をどのようにとらえているのか、ということも意味している。
 
 
 
 これまで、YOSHIKIと僕の間では、とても大切なことに限って言葉にせず「阿吽の呼吸」でやりとりをしてきた、ということを何度か書いてきた。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

今という瞬間 長い時間の意味
いつ死んでも良いの意味

津田さんのブロマガでよく分かりました。

No.1 10ヶ月前
userPhoto 津田直士(著者)

>>1
ちゃんと伝わって嬉しいです。コメントありがとう。

No.2 9ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。