• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

組織運営の実務を担う18名の「職責」 《通信時報 Vol.3-3》
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

組織運営の実務を担う18名の「職責」 《通信時報 Vol.3-3》

2013-01-31 21:00

    ※システムの制約上使用できない文字があります。

    六代目山口組「検証」企画

    組織運営の実務を担う18名の「職責」

    巨大組織は如何にして構築されているのか

     あらゆるヤクザ団体は、当代である組長(または会長、総長)を頂点とした、ピラミッド型の組織体制をとっている。ただし、直系組織の最高幹部が団体トップから盃を受けて直参となるケースも見受けられるが、最大組織である山口組では、当代と直接、盃を交わした「直参」が直系組織の組長(会長)を務め、その下に三次団体、四次団体と連なる、厳格なピラミッド型を維持している。
     また、他の団体がさまざまな役職を設けているのに対し、山口組は「若頭」「総本部長」「統括委員長」「若頭補佐(筆頭の正木年男若頭補佐が『本家室長』」が執行部を構成し、「幹部」がこれを補佐するという、いたってシンプルな形となっている。
     一方で、若中直参のなかから「総本部当番責任者」「慶弔委員」「組織委員」の職責者が任命されている。果たしてその責務とはどのようなものなのか。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。