• このエントリーをはてなブックマークに追加
【映像│邦画】社会の底辺で生きる男女が出会い、救いようのない環境にもがき、生きる。『そこのみにて光輝く』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【映像│邦画】社会の底辺で生きる男女が出会い、救いようのない環境にもがき、生きる。『そこのみにて光輝く』

2014-10-27 17:50
    tumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio1_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio2_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio3_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio8_400.pngtumblr_ndj23tjzjH1tlevuio1_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio5_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio6_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio7_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio9_400.png



    【2014年11月14日(金)レンタル開始】

    ■監督
    ◆呉美保
    ■原作
    ◆佐藤泰志 『そこのみにて光輝く』(河出書房新社刊)
    ■出演者
    ◆綾野剛│佐藤達夫◆池脇千鶴│大城千夏 
    ◆菅田将暉│大城拓児◆高橋和也◆火野正平 ほか

    愛を捨てた男と、愛を諦めた女。

    函館の一瞬の夏舞台に、二つ魂が邂逅する。





    main_large.jpg?1396887893


    2010年に映画化された「海炭市叙景」のヒットによってにわかに脚光を浴びている不遇の作家、佐藤泰志の同名小説を「夏の終り」「シャニダールの花」の綾野剛主演で映画化。閉塞感漂う北の町で無為で無気力な日々を送っていた主人公の運命が、社会の底辺で行き場を失った一組の姉弟との邂逅によって少しずつ動き出していく姿を切なくも優しい筆致で描き出す。
    共演は「ジョゼと虎と魚たち」の池脇千鶴と「共喰い」の菅田将暉。監督は「酒井家のしあわせ」「オカンの嫁入り」の呉美保。


    sub5_r_large.jpg?1396887893


    短い北の夏。ある出来事をきっかけに仕事を辞めてしまい、無為な毎日を過ごす男、佐藤達夫(綾野剛)。ある日、パチンコ屋でひとりの青年、大城拓児(菅田将暉)と知り合う。彼は前科者でチンピラ風情ながら無垢で憎めない奴だった。そんな拓児は海辺に建つ粗末なバラックに家族と暮らしていた。


    sub2_r_large.jpg?1396887893

    そこで達夫は、拓児の姉・千夏(池脇千鶴)と出会う。互いに心惹かれ、二人は距離を縮めていくが。千夏は家族を支えるため、達夫の想像以上に過酷な日常を生きていた、それでも、達夫は千夏への一途な愛を貫こうとするー。

     

    (C)2014佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会



    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。