• このエントリーをはてなブックマークに追加
【映像│洋画】『ラスト・デイズ・オン・マース』火星滞在最期の日、人類は未知の「もの」に遭遇するSFスリラー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【映像│洋画】『ラスト・デイズ・オン・マース』火星滞在最期の日、人類は未知の「もの」に遭遇するSFスリラー

2014-12-31 12:00
    tumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio1_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio2_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio3_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio8_400.pngtumblr_ndj23tjzjH1tlevuio1_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio5_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio6_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio7_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio9_400.png 



    【2015年1月7日(水)レンタル開始】


    ■監督:ルアリー・ロビンソン
    ■原作:シドニー・J・バウンズ
    ■脚本:クライヴ・ドーソン
    ■出演:リーヴ・シュレイバー、ロモーラ・ガライ
    イライアス・コティーズ オリヴィア・ウィリアムズ ほか

    main_large.jpg?1413946085

    人類初の有人火星探査に訪れた宇宙飛行士たちが、火星滞在最後の日に陥る危機を描いたSFスリラー。監督は、2001年に発表した短編アニメ「Fifty Percent Grey」がアカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネートされて業界の注目を集め、ハリウッド実写版「AKIRA」の監督候補にもあがったイギリスの俊英ルアイリ・ロビンソン。

    sub1_large.jpg?1413946085

    西暦2036年、人類は火星への初の有人調査隊を送ることに成功する。調査隊の8人の宇宙飛行士は火星に6カ月間滞在し、調査を続けるが、目立った発見も成果もなく日々が過ぎていく。しかし、任務最後の日、ひとりの隊員が発掘した化石から、微小な生命体の細胞分裂が確認される。世紀の発見に隊員たちは一様に色めき立つが……。


     (C) 2013 Qwerty Mars Movie Limited and The British Film Institute

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。