• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

脚本家・井上敏樹エッセイ『男と×××』第24回「男と怪我」【毎月末配信】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

脚本家・井上敏樹エッセイ『男と×××』第24回「男と怪我」【毎月末配信】

2017-01-31 07:00
    02edd60c55eaada51c49f405cb6f4725455f8368

    平成仮面ライダーシリーズの脚本家・井上敏樹先生のエッセイ『男と×××』、今回は「男と怪我」にまつわるエピソードを語ります。ジム通いを日課にしている敏樹先生ですが、ある日のベンチプレス中、手が滑って100キロのバーベルを口に落としてしまい……?

    男 と 怪 我   井上敏樹

    怪我をした。しかも年末ークリスマス・イブである。私は職業柄運動不足になりがちなので、もう随分前からジムに通っている。人間、やはりたまには汗をかいた方がいい。気分がさっばりするしささやかな達成感を得られる。その日も私はいつものようにベンチプレスから始めた。ベンチプレスというのはフラットな台に横になりバーベルを上下させて大胸筋に刺激を与えるというものである。私は数あるエクササイズの中でもこのベンチプレスが一番好きだ。筋トレと言えばベンチプレスー重い重量を扱う者はジム内でも尊敬を集めたりする。以前、私はこの運動に凝り過ぎて大胸筋がやたらと発達した結果、うつ伏せで寝られなくなった事がある。胸の筋肉が邪魔になってしまったのだ。そんな私が、その日に限ってやってしまった。全く信じられないような話だが、バーベルを口に落としたのだ。百キロのバーベルである。汗で手が滑ったのだが、最初はなにが起こったのか分からなかった。


    53976861b8b961a531b42fb7ce74596b0458158b
    ▶︎PLANETSチャンネルの月額会員になると…
     ・入会月以降の記事を読むことができるようになります。
     ・PLANETSチャンネルの生放送動画アーカイブが視聴できます。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。