• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ちろうのAKB体験記:第14回 脳内パラダイス公演はじまる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ちろうのAKB体験記:第14回 脳内パラダイス公演はじまる

2013-08-30 20:29
    ▼本コンテンツは連載です。前回記事はこちら
    http://ch.nicovideo.jp/wakusei2nd/blomaga/ar305077

    第14回 脳内パラダイス公演はじまる

    チームKの青春ガールズ公演が千秋楽を迎えると、1ヶ月間「K1st Partyが始まるよ」リバイバル公演が行われた。その後も、次の公演の準備期間や節目の公演にサプライズ的に過去のリバイバル公演が行われることが度々あった(前述の1周年記念公演はチームAの「Partyが始まるよ」リバイバル公演だった)。そして12月17日、ついに「K3rd 脳内パラダイス公演」が封切られた。

    これも「青春ガールズ公演」に負けるとも劣らない神公演と評しても良いものだった。高校生の軽音楽部を彷彿とさせるバンド演奏「友よ」から始まり、表題曲「脳内パラダイス」、「気になる転校生」で一気に劇場の盛り上がりは最高潮に達する。アンコールはダンスが特徴的で男らしい振り付けでチームKらしさを存分に出した「花と散れ!」で始まり、青春ガールズ公演でも好評だった「Virgin Love」、「シンデレラは騙されない」、「転がる石になれ」のメドレー。ラストで披露される「草原の奇跡」ではメンバーと一緒に、ファン同士も肩を組んで合唱するのがお決まりとなった。「草原の奇跡」はプロデューサーである秋元康が自ら「不朽の名作」であると評するほどである。

    さらにはユニット曲で、大島優子がソロで歌う「泣きながら微笑んで」を与えられたのもこの公演だった。「渚のCHERRY」では前田敦子一人がマイクで歌うことが話題となったが(バックダンサーが3人いた)、「泣きながら微笑んで」は完全に一人でのパフォーマンス。後に劇場公演では高橋みなみ、秋元才加、柏木由紀、松井玲奈(SKE48)といったメンバーがソロ曲を与えられるが、その流れの始まりとも言える曲である。ユニット曲でソロを任されるのは、人気と実力を認められていることの明確な証だと言えるだろう。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。