• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

中川大地の現代ゲーム全史[日本編]:第18回 おたく文化に涵養されたパソコンAVGの発展
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

中川大地の現代ゲーム全史[日本編]:第18回 おたく文化に涵養されたパソコンAVGの発展

2013-12-02 11:55
    ▼本コンテンツは連載です。前回記事はこちら
    http://ch.nicovideo.jp/wakusei2nd/blomaga/ar398654

    第18回 おたく文化に涵養されたパソコンAVGの発展

     アーケードゲームがファミコンとの差別化のために独自進化を遂げていったのと同様、パソコンゲームにおいてもしだいにジャンルの幅が淘汰され、一定のニッチの中での文法的な洗練と題材の淘汰が進むという傾向が強まっていた。それは、「PC-8801 mkII SR」や「FM-77AV」シリーズ、「MSX2」規格などホビーパソコンのプラットフォームが定着してモデルチェンジが進み、1980年代前半よりも所有者の裾野が広がった一方で、プログラムの自作に取り組むユーザーの割合が相対的に減り、もっぱらフロッピーディスクで販売されるようになったパッケージゲームの享受に留まるユーザーが一般化してきたことの帰結でもある。もはやファミコンで手軽に遊べる高度なゲームが世にあふれている以上、BASICのような入門的な言語では太刀打ちできるプログラムは作れないし、かといって本格的に機械語やアセンブラを習得するところまで踏み出すのは多くの人には越えがたいハードルとなる。マイコンブーム時のような作り手と受け手が未分化だったハンドメイド・ホビイストたちのエデンの園は、すでに終焉しつつあったのだ。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。