• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【現代ゲーム全史】なぜ「Bダッシュ」は独創的なのか? "初代マリオ"が到来させたゲームの新時代
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【現代ゲーム全史】なぜ「Bダッシュ」は独創的なのか? "初代マリオ"が到来させたゲームの新時代

2013-12-16 14:15
    ▼本コンテンツは連載です。前回記事はこちら
    http://ch.nicovideo.jp/wakusei2nd/blomaga/ar403789

    第20回  『スーパーマリオブラザーズ』が変えたもの

     ファミコン発売以来のブームは、基本的にはアーケードとパソコンの両プラットフォームにおける先進的なタイトルを移入してくることによって形成されていた。しかしハード発売2年を経て、任天堂が満を持して看板キャラクターであるマリオを前面に押し出す本格的なファミコン向けのオリジナルゲームを開発したことで、ファミコンブームの様相は大きく変貌を遂げる。他でもない、『スーパーマリオブラザーズ』である。マリオを主人公とする過去のゲームと同様、ジャンプアクションを駆使して敵キャラの妨害と様々な地形の障害を乗り越えながら目的地を目指すという操作スタイルは継承しつつも、アーケードゲームで一般化していた横スクロール型アクションの様式に沿ってプレイフィールドを大幅に拡張したのが、本作の基本的な特徴だ。
     大魔王クッパにさらわれたピーチ姫を救い出すという類型的な目的性自体は、『ドンキーコング』とあまり大差はない。しかし、右へ右へと一方向的にスクロールしていく多彩な背景の描かれたフィールドには、『マリオブラザーズ』での敵キャラの設定を膨らませたカメ軍団に侵略されたキノコたちの王国という奥行きのある世界観が与えられ、ストーリー性のある「冒険の旅」としての性格が大きく高められた。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。