• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

トントン雑記 Vol.215 ~エミ教授・コネ助教授の映画考察簡易版~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

トントン雑記 Vol.215 ~エミ教授・コネ助教授の映画考察簡易版~

2021-06-15 05:00
  • 81
どもトントンです。

最近、シッマとエミさんと世間話をしてまして、

漫画原作の実写化って難しいよなって話になってたんですよね。

そこで逆に成功していた例ってなんなんだ?ということで、挙がってきた作品が、

花より男子、テルマエ・ロマエ、20世紀少年、カイジ、とか他にも作品が挙がっていて、

割と共通としてあるのは、「舞台が私達の日常からそこまでかけ離れていない」とか、

「表現が現実的なものである」という点ではないかと、

コネシマ助教授によって考察されてましたね。

またヒットが難しい点として、先にアニメがあるせいで、

実写化が負けてしまうみたいな話もありました。

ただの考察なので、全然該当しないパターンも普通にありまして、

デスノートは、漫画、実写、アニメがやっていた時期がかなり近いのに、

すべてでヒットしていたので、まじですごい作品だなと改めて感じますね。

ドラマ版?知らない子ですね??

あとはるろ剣とかも該当しませんが、るろ剣は実写映画になるまでに、

期間がかなり空いたのが、ヒットした要因としてあるかもという話もありましたね。

他にも色々漫画原作の実写化の話をだらだら話していたんですけど、

そのうちそういう雑談だけの動画も出せたらいいですね。しらんけど。

っつーわけで今回は

【大喜利】ニイチャン疲れてるやろ…?これでも見いや…【我々式】

について書いていきたいと思います。

ここからチャンネル会員限定になります。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他71件のコメントを表示
×
かこつです!
世間話してるの当たり前なんですけどほっこりしましたw
私も原作知ってると実写化(舞台含む)は避けがちですね。どうにも斜に構えた見方をしてしまいます。最近だとリベンジャーズでしょうか。原作知らないので知らないまま映画観に行こうかなぁと思っています。

雑談配信はめちゃくちゃアツいです!
とんつくとかで徒然なるままにメンバーが普通に趣味の話してるの全国民が好きだと思います。(クソデカ主語)
トントンさんの知識量の幅広さから、時間を錬成しているのではないかと推測されていますよね笑

そんで唯一のボツ画像助かりますw
次回のブロマガも楽しみにしてます〜!
1ヶ月前
×
かこつです!

漫画実写化映画だと、賭ケグルイはめちゃくちゃ大ヒットしましたね!あれはドラマから沼った私でも、台詞の叫び方やイントネーション、黒目が小さくなったり光ったり等、ものすごく再現度高かったです!
デスノートの映画はマジで神ですね。
戸田恵○香さんが演じるミサミサは最高です。
1ヶ月前
×
かこつです!
次回のブロマガも楽しみにしています!
1ヶ月前
×
書き込みお疲れ様です。
漫画原作の実写化は失敗、というのは言葉が悪いですが、成功例はコネシマ助教授の仰る通り、私も現実的な表現力が出来ているものが多いからではないかと思います。SFなどの話になるとやはり非現実なもので、リアリティが欠けてしまうとどうもなにかと欠点だと言い張ってしまうものではないかと思います。ドラゴンボール然り、鋼の錬金術師然り、世間からのブーイングが凄かった中デスノートやるろうに剣心の成功例は特異なものであると感じます。翔んで埼玉やアイアムアヒーローも凄く良かったと感じる作品です。日本ゾンビも捨てたものではない力作であったと非道く感動しました。
漫画に於けるアニメ化は、やはり絵が動いているという馴染みからヒットするもので、実写化となると人が演じる分違和感が出てくるもので、そこからくる先入観で既に面白い、面白くないが分かれるのではないかと思います。実写化に対する苦手意識が個人的にあるのもそこら辺りからくるのではなかろうか、と最近になってよく思います。ジョジョの露伴先生も言う通りリアリティの追求は大事な要素なのだと分かります。
漫画の実写化では成功例、失敗例が大きく分かれますが、これが原作小説の実写化となると成功例が多いような気もします。ダイナー然り、ゴールデンスランバー然りとても良い映画でありました。海外作品でもシャーロックホームズなどの成功例が沢山あるのも、現実により近いものだからではないだろうか、最初のコネシマ助教授の言う通りだと思います。SF作品は難しいものなのだと改めて思い知らされました。GANTZも凄く良かったSFでした。20世紀少年も好きな作品です。よろしければ是非。

笑点動画拝見させていただきました。
鬱先生は編集時間を計算しながら笑点に挑んでいることを分からせる、良い動画でした。今回も楽しませて頂きました。本当に好きな動画です。
長いこと笑点が続いているものですからネタのストックがやはりなくなってきてしまうのは由々しき問題で、心内から頼む続いてくれ!と思ってしまいます。皆様の解答が好きで、それに対するように笑点のお題も毎週楽しみにさせていただいております。
トントンさんのブロマガでたまに笑点のことを取り上げていただいているのが嬉しい限りで、裏話本当にありがたいことです。今回のブロマガ本当にありがとうございました。

長文になってしまい、日本語が怪しい限りではありますが、映画が好きなのと笑点が好きなのとでコメント失礼させて頂きました。雑談動画をもし上げるようなことがあれば、楽しみたいと思っております。
長文、失礼致しました。
1ヶ月前
×
かこつです。
"アニメ→実写"はやはり、元になったものとのギャップに違和感を感じてしまうんでしょうかね…。その点で言うと"マンガ→アニメ"や"小説→マンガ"も自分は好きではありませんが、実写化よりは受け入れられている気がします。やはり"2次元→3次元"となると、見せ方も大きく変わってくるんでしょうかね。(知らんけど)
今回はトントンさんの回答が秀逸でしたね!たった5文字そこらの文で後の展開までを思わせる…そんな回答だったと思います。個人的にはコレ系統のネタもちょこちょこ出して貰えるとニッコリしてしまいます。
今回もブロマガ更新ありがとうございます。
次の更新も楽しみにしております。
1ヶ月前
×
トンさん、かこつです
1ヶ月前
×
かこつです!
1ヶ月前
×
かこつです!
雑談配信期待して待ってます!
1ヶ月前
×
かこつです!
デスノートはつい最近やっと漫画を読んだのですがとても面白かったです。ドラマから入ったので原作との違いに戸惑いましたが、ドラマだけが色々あったのですね()
しょーてんは画像の回答が4つのみだったのですね。エーミールさんの解説ブロマガぜひ待っています。カットされた部分もモチベになるならセーフですね!
次回のブロマガも楽しみにしています!
1ヶ月前
×
ブロマガ更新ありがとうございます。たしかにアニメの印象が強いとなかなか実写をみたいという発想も出にくい気が……。ボツありがとうございます。次回の更新も楽しみにしております。おつかれさまです。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。