• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

山田玲司のヤングサンデー 【第154号】男でいくか、女でいくか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山田玲司のヤングサンデー 【第154号】男でいくか、女でいくか

2017-09-25 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第154号 2017/9/25

    男でいくか、女でいくか

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    東村アキコの漫画「海月姫」が完結した。

    93248d68d4ea15cb25d86802292542241dc1012f

    この漫画は僕にとっても特別な漫画の1つだ。



    海月姫は、めったに人の漫画を読まない自分が、たまたま本屋で見つけて、帯に書かれた「オタク再生」というコンセプトに惹かれて買った「珍しい漫画」だったからだ。


    この漫画は想像を超えて面白く、思わず作者の過去作「ひまわりっ」まで探して読んだ。

    こんな事はめったにないのだ。


    01c309816375b0314004731d702f289c7d4cf08b

    「ひまわりっ」という漫画は、海月姫のコミックスにあった広告ページにイラストが載っていたので知った。


    そのイラストに庶民的な3人のキャラクターが肩を組んで騒いでいる様子が描かれていて、着ている服になぜか「しんらいかんけい」と書いてあるのだ。


    なんというセンス・・


    僕はいてもたってもいられなくなり、フラッシュの取材を理由に東村アキコに会いに行った。


    そして彼女は僕に会うなり「すみません、パクりました」と言ってきた。


    全く気が付かなかったけど、彼女は僕の「オタク再生漫画」であるBバージンを読んでいてくれていたのだ。


    そこからは、あまりの共通点の多さに驚き、なんだかんだと長い付き合いになっていったわけだ。




    アッコはその時僕のスケブに「人生は祭りだ!ふぅ~!!」と書いてくれた。


    もう何もかもが今に至る「予告編」みたいだ。



    今回改めて「海月姫」を読んでみて思ったのは、女装の美男子キャラ「蔵之介」の魅力についてだった。



    蔵之介は「大臣の息子」という行き過ぎたセレブであり、親に反抗して女装姿で生きている、という中々のトリックスターだ。


    そんな彼が「男を拒絶する女たちの館」に入り込み、彼女たちの人生を変えていく話が海月姫のメインストーリーだ。



    蔵之介を見ていると、このキャラクターが明らかに「アッコの化身」であることがわかる。


    アッコの中にいる「イケメン」が、グジグジして外に出られない「腐女子」たちに「そんなんじゃ人生もったいないぜ!」と叫んでいるわけだ。


    主人公の気弱な女の子(海月)もまた、アッコの中に住んでいる「弱い女」の化身だろう。


    この漫画は、弱い「女の子」の自分を、強い「男の子」の自分が開放していく話になっているのだ。


    「タラレバ娘」同様、この作品もまた「繋がれた犬の開放」を描いているわけだ。




    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^





    そんな事を考える少し前に、この話に繋がる経験をした。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。