• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【第267号】パレット理論
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第267号】パレット理論

2019-12-09 07:00
  • 4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
山田玲司のヤングサンデー 第267号 2019/12/9

パレット理論

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は「愛☆まどんな」さんとの「白亜展」があったり、ヤンサン美術部の人達と仲良くなったりして、やたらとアートを体験する年だった。


そもそも美大生だった僕は、卒業後も絵を辞めなかったし、お金もないのに個展をやったりしていた男だっので、漫画を描きながらもアートとしての絵画は続けていたけど、それでも本業でアートをやってる愛ちゃんとの仕事は大きかった。


白亜展では大きな後悔がある。


白亜展の頃僕は他の漫画の仕事で限界まで追い込まれていて、満足いくだけの絵画が描けなかったのだ。


何枚ものキャンバスを並べて同時に絵を描いて「絵としてのパワー」が、納得のいくラインを超えたものだけを選んで展示した。

現場まで運んでみて「やっぱり絵としてパワーが足りてない」と思った絵は、展示しないでそのまま持ち帰った。


絵は不思議なもので、完成度を上げれば「絵としてのパワー」が上がるわけではない。

どこか書道みないな部分もあって、その時の「精神」みたいなものが線や色に宿るのだ。


そんなわけで、白亜展で展示した作品の多くがシンプルな作品になってしまった。

描き込めば描き込むほど「絵としての生命力」が失われていくので、そういう絵は次々にボツにしていったのだ。


白亜展の時点で僕の絵はあれが限界だった。

でも本当の僕はもっとやれたので、この件には大きな後悔が残った。


そんなわけで、今僕は時間を見つけては絵画を描いている。

白亜展に出した絵も手を加え続けて「生命」を吹き込んでいる。



今の僕は人生で一番自由に絵を描いている。

「こういうふうに描きなさい」と美大の予備校で教わった「テンプレ化した技術の呪い」がようやく消えてきたのかもしれない。



【絵を描くと見えてくるもの】


絵を描いていると色々なものが見えてくる。

特にデジタルでの作画を体験してからアナログの絵を描くとその違いは大きいと感じる。


僕がアナログで絵を描く時は、あまり大きなパレットを使わない。

仕切りのない皿(なんでもいい)に3色以上の色を置いて、混ぜながら画面に色を置いたり重ねたり流したりする。


お気に入りの色は決まっているのだけど、時々「これはどうだろう」と思う変な色も使う。


おなじみの色であれば、ある程度予想できる「混ざった色の感じ」が、思わぬ色になったりして面白い。


色数を増やして、その時の気分で色を混ぜたり混ぜなかったりする。


そうすると何度も「予想してない色」が生まれて、その色が画面にのっている色と反応して、どんどん「意外なもの」になっていく。


この「自分ではコントロールできない部分」が面白い。

ジャクソンポロックはそれを「神との共作」みたいに言っていたと思う。


このあたりがデジタルではなかなか味わえない体験だ。

5c9dc19361401d2abefcada661350fa8f84721c8

【パレット理論】

いくつかの色がパレット上で混ざり合っていく感じは、人間関係にも通じる。

チームで何かをやる時、参加する人それぞれに色があってそれが混ざって「いい感じ」になる。

ヤンサンでも、僕とおっくんだけでは出ない色が、しみちゃんや久世の色が混ざることで出てくる。

これはバンドなんかでも言える。

ジョンとポールの組み合わせに「ジョージ」が入ると更に色彩は複雑で魅力的になる。

0b6dbe53bb0b8599a5554dfb6930bb5f036e94eb

ところがこの「パレット」

延々と混ぜていくと、次第に「同じような色」になってしまう。

4色以上の色を混ぜた場合、間違いなく最後は「くすんだねずみ色」になって終わる。


こうなると画面は単調で生命力のないものになる。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
絵❗描いてみます‼️‼️‼️
1ヶ月前
×
すんごく共感!
久々に絵の具取り出して描いてみようと思いました!
1ヶ月前
×
玲司先生ありがとう、ちょっぴり泣いてしまいました。

書道みたいなパワー、分かります。私は禅僧の白隠さんの書画とかジョンレノンの絵も好きです。レイジ先生の最新の絵画は、お写真からですが 深い色味と線の強さが調和していてなんとも素敵ですね。(ツイッターにあったピエタの絵とか、大好きです^^)
私は美大で最終的に日本画を学びましたが、いつしか絵が描けなくなってしまいました。その根っこは自己肯定感と自信を失った経験からで、これは美大あるあるかもしれませんが、多感な時期に 絵が上手くてセンスのいいエッジの効いたオシャレな同級生から(笑)軽く揶揄された言葉が、今も心に棘のように刺さっているのだと気付きました。(15年以上経ってるのに未だたまに夢に見てうなされたりしています^^;笑)
1ヶ月前
×
(続きです)
でも、心の中で小島よしおみたいに「そんなの関係ねー!」と叫びながら、つたなくても純粋に、ただ楽しむために、また絵を描いてみたいな…って思いました。

そしてレイジ先生のブロマガを読んでいて憶い出したことが。私が絵を描き始めた原点は、実は小学生の時おこづかいを握りしめて毎月買ってたりぼんやちゃおの少女漫画雑誌や、少年ジャンプを読んでマンガ絵にときめいていたあの頃にあったな…ということ。
もう一度、自分の「好き」の根っこを思い出して、それを恥ずかしがらずに抱きしめて 肯定することから始めてみたいと思います。TEDの動画も拝見しますね。ありがとうございました^^
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。