• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第375号】エロマンガ先輩
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第375号】エロマンガ先輩

2022-01-17 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第375号 2022/1/17

    エロマンガ先輩

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    新年一発目のイベントは「内山亜紀先生の出版イベント」のゲストだった。


    内山亜紀先生の話はヤンサンでも何回か紹介してきたのだけど、残念ながら面識はなかった。


    内山先生は日本の美少女漫画界のレジェンドだ。


    この世界には吾妻ひでお先生というレジェンドもいて、80年代初頭の美少女漫画界にはこのお2人に加えて千之ナイフ先生がいる。


    この3人が代表的な美少女漫画家なのだ。


    革命家 吾妻ひでお先生は悲しい事にアル中による幻覚に苦しみ、失踪を繰り返し、再帰して数年後にお亡くなりになってしまった。


    吾妻先生は美少女を描きつつ、虚無的な世界を描き続けていた。


    当時の若者が感じていた「喪失感」をそのまま漫画にしていたように僕は感じた。


    ところが内山先生の漫画にはそれはない。

    内山先生は「喪失」も「虚無」も「物語」も描かない。


    ただただ好きな美少女を描きたいから描いている。

    気がつけば70歳。まだまだ描く。

    そんな人だ。


    沢山の人がいる場所が苦手との事で、内山先生の出演は電話のみだったのだけれど、ホントに暖かい人だった。


    それだけでなく、今回はレジェンドの一人である千之ナイフ先生も出演されていて、僕の隣に座っていたのです!


    おまけに手塚治虫研究家の方とエロマンガ文化史の研究家が2人、司会の方もアニメ専門誌の立ち上げに参加しているという「影のレジェンド」なのだ。


    とにかく贅沢なメンバーで最高の時間だった。


    (驚いた事が沢山あったので、それについては今週のディスカバリーレイジチャンネルでしっかりお話しします)

    5e7ab4a68a349eee504c1419d243b7eadc23c99b


    【エロマンガ先輩】


    そんな登壇者の人達は全員「礼儀正しい大人」である。

    ちゃんとしていて、聞き上手で頭がいい。


    でも研究しているのは「美少女のパンツの表現のクロニクル」だったり「エロ本自販機の変遷」だったりする。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。