• このエントリーをはてなブックマークに追加
安重根記念碑の建設中止を求め、韓国大使館に抗議
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

安重根記念碑の建設中止を求め、韓国大使館に抗議

2013-07-02 01:54
  • 1
本日、7月2日、韓国大使館前にて、安重根記念碑の建設中止を求める抗議活動を行いました。

また、韓国がこれ以上、安重根記念碑の建立に固執するならば、「韓国の大恩人」でもある伊藤博文公の記念碑を、韓国大使館周辺で建立する運動に取り組むことを宣言しました。



出発前、伊藤博文公のパネル、かとう文康総務会長、黒川白雲政調会長とともに。 1002081_463700450387388_498689855_n    

東京・麻布の韓国大使館前にて抗議文(下記参照)を読み上げ、大使館側に提出してまいりました。

幸福実現党 やない筆勝(やないひっしょう)党首  
00006_1

2013年7月2日

大韓民国 大統領 朴 槿惠 殿

               幸福実現党

                         党首 矢内 筆勝

 

安重根記念碑の建設中止を求める声明文

  貴殿は、先月末の中国訪問において、習近平中華人民共和国国家主席に対し、初代韓国統監を務めた伊藤博文公の暗殺犯・安重根の記念碑を中国黒竜江省のハルビン駅に設置するための協力を要請した。 そもそも伊藤博文公は、韓国の近代化を促進した「韓国の大恩人」であり、「アジアの英雄」である。 日韓関係を疎かにして、いたずらに一党独裁国家・中国に擦り寄り、安重根の記念碑を設置せんとする今回の動きは、日韓友好に反する許しがたい暴挙であり、日本国民を代表して、断固、反対するものである。  

幸福実現党は、自由と寛容、愛の精神を基とする宗教政党であり、貴国の発展と貴国民の幸福、そして日韓関係の進展を心より願っている。

しかるに今、極東情勢をみれば、核ミサイル保有を急ぐ北朝鮮が国際社会への挑発行動をエスカレートする一方、中国は軍事力を背景に海洋覇権を目指している。

もし中国に太平洋侵出を許せば、日韓のシーレーンが中国に握られ、経済・資源の大動脈を奪われた韓国及び日本の両国は、実際上、中国の属国になりかねない。

このような危機にありながら、歴史認識を持ち出しては北朝鮮と同盟関係にある中国に接近していく貴殿の姿勢は、自国民の自由と繁栄を手土産に自己の保身を図る愚かな行動であり、同じ自由主義陣営の国民として、まことに懸念と憤りを禁じえない。

 ちなみに、貴国と我が国との間には、「従軍慰安婦」問題という乗り越えるべき課題が横たわっているが、そもそも「従軍慰安婦の強制連行」は、事実ではなく、歴史の捏造である。

 貴殿が正しい歴史認識に立ち返り、韓国国民をミスリードすることなく、韓国と日本の真なる友好と、両国の平和と繁栄のために、未来志向の関係を構築すべく、指導力を発揮されることを、心から願うものである。

 最後に、私・矢内筆勝は、もし貴殿が安重根記念碑の建立に固執するならば、アジアの英雄であり、韓国の大恩人でもある伊藤博文公の記念碑を、韓国大使館周辺で建立すべく取り組むことを、ここに宣言する。

   以 上

ノーカット映像はこちらです。(YouTube)

http://youtu.be/SxqpsaCtVrk

July 2, 2013

The President of the Republic of Korea
Park Geun Hye

Happiness Realization Party
Party Leader
Hisshou Yanai

The Proclamation to demand the cancellation
of constructing the An Jungung monument

At the end of June 2013 when you visited China, towards Xi Jinping you have asked for cooperation on creating a monument of the murderer of the first Resident-General of Korea Itou Hirobumi, An Jungun at the murder scene, Harbin Railway Station in Heilongjiang Province, China.

To begin with Itou Hirobumi who was murdered by An Jungun, has promoted the modernization of South Korea and is a hero of Asia and great benefactor of South Korea. Not just neglecting the Japan-ROK relations, the unnecessary action to creating the monument of An Jungun and nestling up with China, an autocratic communist nation, is definitely an unforgivable act. We profess a strong opposition to this action.

First of all, Happiness Realization Party is a religious party based on the spirit of liberty, tolerance and compassion.

Happiness Realization Party sincerely hopes for the progress of your nation and the happiness of the South Korean citizens, and also we wish for Japan-ROK relation to advance from the bottom of our hearts.

Concerning the far-east Asia situation, while North Korea is provoking the world by hastening to possess nuclear missiles, by using the power of its military, China is aiming for marine supremacy.

If we allow the Chinese Pacific Ocean invasion to happen, the danger of Japan-ROK sea-lane being seized by China may occur. That will effectively lead Japan and South Korea to coming under the power of China due to being deprived of the main artery of economy and resources.

On the verge of such national crisis, your attitude to ask for protection from China, a nation which has alliance relations with North Korea, by bringing up historical awareness is an outrageous act. This is because it is a discipline to give away your citizen’s liberty and prosperity like souvenirs for the purpose of self-defense.

To this action, as a citizen of the same liberal nation, the anxiety and indignation we feel is insuppressible. In this connection, between our nations there lies a problem called “comfort woman” that must be overcome.

Your historical view is not based on truth. Therefore, in advance, Happiness Realization Party has been appealing that “comfort woman” is a heinously historical fabrication. We desire for you to return to a proper historical understanding, and sincerely hope you to exert leadership towards constructing a true future-oriented Japan-ROK bilateral relationship which shares a profound cultural and economical connection.

Finally, I, Hisshou Yanai shall make a declaration. If you persist on making an attempt to build a An Jungun monument, I will carry out the construction of a monument of a figure who is the hero of Asia and the great benefactor of South Korea, Itou Hirobumi, around the area of the Korean embassy.
×
ニコニコ動画に7/17日付けの動画をアップしましたね?
この状態だと17日まで政治タグのトップに表示されてしまうので、
間違ったのか目立ちたいからわざとやったのか知りませんが、さっさと削除してください。
79ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。