• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

(涙)『33年後のなんとなく、クリスタル』刊行・即日品切れの雨天にお届け「あとは自分で考えなさい。」連動ブロマガ「だから、言わんこっちゃない!」11月26日号!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(涙)『33年後のなんとなく、クリスタル』刊行・即日品切れの雨天にお届け「あとは自分で考えなさい。」連動ブロマガ「だから、言わんこっちゃない!」11月26日号!

2014-11-26 15:47

    (涙)『33年後のなんとなく、クリスタル』刊行・即日品切れの雨天にお届け「あとは自分で考えなさい。」連動ブロマガ「だから、言わんこっちゃない!」1126日号!

    http://live.nicovideo.jp/watch/lv200631115

     

    という訳で昨日25日夕方から都心部の書店に搬入。本日から都内各店で発売『33年後のなんとなく、クリスタル』。早くも無国籍企業Amazonでは1530時点、日本文学の新刊1位。単行本2位。文庫も含めた日本文学で7位。

    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4309023347?ie=UTF8&tag=kawadeshobo-22&linkCode=as2&camp=247&creat

    で、ニャンと「通常3~5週間以内に発送します。」表示が!(涙)

    重版して対応しますので、暫しお待ちを。

    で、リアル書店でも、

    https://twitter.com/#!/loveyassy  http://www.facebook.com/yassy.tanaka.1

    でご覧に入れたメグミ画伯&シスターズのPOP、河出書房新社謹製ポスターを掲出しておりますデス。未掲出の書店がありましたら、更には未発売、未陳列の書店がありましたら tanaka@nippon-dream.com Twitter @loveyassy に御一報を。

    取り分け、蔦屋=TSUTAYA系列の「サボタージュ情報」をキボンヌね(爆)

     

    はてさて、この間の関連情報は

    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4309023347?ie=UTF8&tag=kawadeshobo-22&linkCode=as2&camp=247&creat

    をご覧下さいませ。本日付「朝日新聞」の片山杜秀氏による「文芸時評」、先週売「AERA」の福岡伸一氏の論考、等々、全てご覧頂けます。

     

    で、先週から今週に掛けて出演のラジオ&テレビは、以下のアーカイヴでお楽しみ頂けます。

     

    出演番組アーカイヴ 音声・動画

     

    文化放送 1124日(月)「くにまるジャパン」「本屋さんへ行こう」

          http://goo.gl/3Wxq3n

    https://www.youtube.com/watch?v=jDZf045FIeU&feature=youtu.be

     

    文化放送 1120日(木)「吉田照美 飛べ!サルバドール」「サルのアトリエ」

          http://goo.gl/YNl9YD

    https://www.youtube.com/watch?v=c5RWvqdx5Pg&feature=youtu.be

     

    TBSラジオ 1122日(土)「菊地成孔の粋な夜電波」

          http://goo.gl/4jL0Ag

    https://www.youtube.com/watch?v=w2i4rP8LYYM&feature=youtu.be

    写真キャプション http://goo.gl/uJ5lXm

    http://www.tbsradio.jp/denpa/2014/11/18220141121.html

    菊地成孔と田中康夫 33年後のなんとなく、クリスタルを語り合う

    http://miyearnzzlabo.com/archives/21366

    田中康夫 高野連から謝罪の手紙をもらった話

    http://miyearnzzlabo.com/archives/21373

     

    TBSラジオ 1122日(土)「堀尾正明+PLUS!」「ゲストプラス」

    http://goo.gl/Fcf7Iy

    https://www.youtube.com/watch?v=kbmMM351QnI&feature=youtu.be

     

    TOKYO MXテレビ 1122日(土)「淳と隆の週刊リテラシー」

    http://goo.gl/So3kvx

    http://www.dailymotion.com/video/x2assqs_%E9%80%B1%E5%88%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%BC2014%E5%B9%B411%E6%9C%8822%E6%97%A5-%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%BA%B7%E5%A4%AB-%E8%A7%A3%E6%95%A3-%E6%96%B0%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E7%AB%B6%E6%8A%80%E5%A0%B4%E5%95%8F%E9%A1%8C-bpo_news

     

    NHK 1999612日「ETV特集“オンリー・イエスタデイ80年代”」

    田中康夫・浅田彰

    https://www.youtube.com/watch?v=fiMakFUQKj4&feature=youtu.be

     

    で、ネタはこちら。アベちゃま政権の全てを物語ってますデスね。

    国交省難色「厳しく判断」 スカイマーク、JALと提携

    http://digital.asahi.com/articles/DA3S11474758.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11474758

     スカイマークが打ち出した日本航空(JAL)との業務提携について、太田昭宏国土交通相が25日、「厳しく判断する」と難色を示した。国交省ANAホールディングス(HD)と提携させる案を検討している。企業同士の構想を、国がひっくり返す異例の展開になる可能性もある。

     ■ANAとの共同運航案、浮上

     太田国交相は閣議後会見で「健全な競争環境の確保の観点から、厳しく判断する」と述べた。提携の柱は、スカイマークの羽田―札幌、福岡など5路線1日36往復を日航との共同運航にすること。国交相の発言は、申請しても認めない可能性を示唆したものだ。

     省内では、両社の提携は日航の業容拡大につながるため、「ANAHDなどとの競争関係を崩す」(幹部)との声がある。スカイマークをANAHDと日航の両方と共同運航させるか、ANAHDだけと共同運航させる案が検討されているという。

     スカイマークは2015年3月期の営業損益が2年連続の赤字になる見通しで、エアバスから多額の違約金も請求されている。西久保慎一社長は21日、「共同運航が認められなければ、経営が立ちゆかなくなる」と話しており、国交省の方針に従わざるを得ない公算が大きい。

     国交省が「差し戻し」の根拠にしているのが、12年8月に公表した「日本航空の企業再生への対応について」という文書だ。

     経営破綻(はたん)し、公的資金を受けた日航に対し、16年度までは新規投資や新たな路線開設を「監視する」内容だ。国交省幹部は「新規の路線開設は認めないという意味だ」と解説する。

     文書が出されたのは、民主党政権による日航再建に反発する自民党議員やANAHDが、「公的資金で救済された日航は有利な条件で経営している」と主張したためだ。

     国交省はこれらの声を踏まえ、今年3月に拡大した羽田の国際線発着枠をANAHDに11往復、日航に5往復と傾斜配分しており、今回も同じ構図だ。

     (土居新平)

     ■羽田発着枠が焦点

     《解説》日航とスカイマークの提携は、国交省が主張するように「競争環境をゆがめる」のか。双方の立場は大きく異なる。

     国交省やANAHDが問題視するのは、羽田空港国内線発着枠は現在、ANAHDが173・5持っているのに対し、日航は184・5と、1日11往復分多い点だ。

     羽田の国内線は収益性が高いが、増便する余裕がない。ANAHD幹部は「スカイマークとの共同運航を許せば、日航と我々の差がさらに開く。あらゆる手を使って阻止する」と話す。

     一方、日航は「資本と共同運航でつながる『ANA陣営』の枠はすでに羽田の過半数を占めている」と反論する。

     羽田の国内線発着枠を持つ6社のうち、エア・ドゥ、ソラシドエア、スターフライヤーはANAHDと資本関係があり、共同運航も行っている。4社の発着枠は合計で1日244・5往復あり、残る日航とスカイマークの合計(220・5往復)を上回る。

     国交省共同運航を認可しなければ、行政上問題があるとの見方も日航サイドにはある。対象の5路線のうち、羽田―神戸以外はすでに日航が路線を持っている。国交省がいう「新規路線」にはあたらないとの主張だ。

     また、スカイマークとANAHDが共同運航すれば、たとえば羽田―福岡は日航の1日17往復に対し、ANAHDは36往復と差がつく。大事なのは「利用者の利益」であるはずだが、こうした点を緻密(ちみつ)にみないと、価格の決定権が偏りすぎ、利用者にとってマイナスになる可能性もある。

     (上栗崇)

     

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    田中康夫公式ブロマガ「だから言わんこっちゃない!」
    更新頻度: 毎週水曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。