• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

小林よしのりチャンネル

次回放送予定をお待ちください。

小林よしのりライジング

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!

小林よしのり(漫画家)

  • 「人にはいろんな生きざまがある」小林よしのりライジング Vol.329

     リンカーンコンチネンタル・リムジンのお迎えで、筒袖に段袋といういでたちの男たちが「押忍押忍押忍」と整列する屋敷に案内された私の母・京子、18歳。壁に日本刀がずらりと掛けられた「100人殴り込んで来ても、ダイジョーブ!」といった様子の玄関をくぐり抜け、鉄火場を横目に、極道家族の住まいへと手を引かれてゆく。  ベッドつきの洋間をあてがわれた京子は、銀の食器がずらりと並ぶダイニングで豪勢な食事を楽しんだあと、その晩、子供たちを引き連れて、海辺で開催される花火大会へと案内された。  花火大会は、このヤクザが毎年催しているもので、地域住民たちの大きな夏のお楽しみだった。  特に花火がよく見える港の周辺にはテキヤがずらりと並んで、集まった住民たちをにぎやかし高揚させている。たこ焼きや焼きそばを焼いたり、小さな子供にりんご飴を手渡して頭をなでてやったりしているのは、組が世話をしている若い衆だったり、昔から友好関係を築いてその花火大会を縄張りとしているテキヤの集団だったり、縄張りの外から商売をしにやってくる馴染みの露天商だったりするらしい。  京子がたこ焼きの香りに惹かれていると、極妻は、...

    6日前

    • 76 コメント
  • 「セカンドレイプ魔・小川榮太郎」小林よしのりライジング号外

     日本人は、未だに近代人にはなっていない。  野蛮人としか言いようのない、知性も品性もない人間が「知識人」の扱いで「言論誌」に論理のかけらもない文章を載せている。  しかもその内容が、レイプ被害者を侮蔑・嘲笑する「セカンドレイプ」以外の何物でもない代物なのだ。  こんなものが平気で流通しているということだけは、決して海外には知られたくない。 「月刊Hanada(10月号)」に、自称文芸評論家・小川榮太郎の 『性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体』 と題する文章が載っている。  詩織さんは性犯罪被害者のまさに当人なのに、その人をつかまえて「性被害者を侮辱した」とは、一体どういうつもりだろうか?  まあ小川の目的が、詩織さんをレイプした容疑で逮捕状が出ていながら、逮捕を免れたジャーナリスト(元ジャーナリストか?)Yの擁護にあることは、読まなくてもわかる。小川もYも、共に安倍政権の提灯持ちである。同じ提灯を持つ者同士、お仲間意識も連帯感も相当に強かろう。  文章は冒頭、熱海のホテルにおけるYの様子の描写から始まる。  詩織さんがYを訴えた民事訴訟の裁判が行われた日、小川がYを熱海に誘ったそう...

    2019-09-10

    • 81 コメント
  • 「関東大震災犠牲者慰霊法要レポート」小林よしのりライジング Vol.328

     9月1日、関東大震災の犠牲者を追悼する大法要が東京都墨田区の都立横網町公園にある東京都慰霊堂で営まれた。取材に赴いたのだが、日曜日でもあり、かなりの人が集まっており、公園に入ってからなかなか中心部にたどり着けないほどだった。新聞発表では約700人が集まったという。  東京都慰霊堂での大法要は、都慰霊協会が主催するものだ。昨年まで出席されていた秋篠宮ご夫妻に代わり、次女の佳子さまが初めて参列された。また、この大法要とは別に、公園内にある朝鮮人犠牲者追悼碑の前では、日朝協会東京都連合会による朝鮮人犠牲者追悼式も開催された。    この追悼碑の隣には、 「一九二三年九月発生した関東大震災の混乱のなかで、あやまった策動と流言蜚語のため六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われました」 という文章からはじまる石板が立てられている。  大震災直後に 「朝鮮人が井戸に毒を入れた」「朝鮮人が火をつけて歩いている」 などのデマが発生し、あちこちで結成された自警団によって、“朝鮮人狩り”が行われたという出来事だ。  平成20年3月現在、政府が公表している専門調査会報告書によれば、 「武器を持った多数者が非...

    2019-09-03

    • 71 コメント
  • 「抗議・恫喝・脅迫が表現の自由を委縮させる」小林よしのりライジング Vol.327

     慰安婦少女像は政治的プロパガンダのための木偶(でく)人形である。韓国の恥の象徴である。  韓国内にも慰安婦少女像に恥を感じる人たちはかつていたらしい。そりゃそうだろう。慰安所を利用していた老人がいたはずだから。  世界中に国家の恥の象徴をバラまく今の韓国人の感性は「反日」イデオロギーのせいで、相当に劣化している。  本来なら日本や世界中であの少女像を展示するということは、韓国の恥を展示することであり、自国に対するヘイトスピーチに近いので、わしとしては腹も立たない。自国民をヘイトするヘンタイ国民だなと思って、嗤ってしまう。  恥のイコン・慰安婦少女像を日本で展示してやろうという相当意地悪なことを企んだ津田大介という男は天罰が下っても止むをえない馬鹿である。  呉智英氏によれば、慰安婦少女像はぜんぜん「表現の不自由」じゃなくて、日本大使館前でも、韓国中でも、アメリカでも展示されているのだから、「表現の自由」を謳歌している、それをわざわざ展示して、炎上を誘って「表現の不自由」をねつ造してしまったのだから、津田大介という人間は「当たり屋」みたいなものだと言っている。これはなかなか凄...

    2019-08-27

    • 93 コメント
  • 「田原総一朗のデマはたちが悪い」小林よしのりライジング Vol.326

     ゴー宣道場は10年目に突入し、前回で83回を数えたが、前もって用意していたテーマについて、ほとんど議論できないままに終わってしまったという事態は、これが初めてだった。  8月4日に開催した第83回ゴー宣道場のゲストには、本人の強い要望で田原総一朗を招いた。  テーマは「皇室と憲法における平和主義」と設定し、以下のような議題について話し合う予定だった。 「昭和天皇は平和主義者だったのか? ならば戦争責任はなかったのか? なぜ戦後どこかの時点で、退位されなかったのか?」 「上皇陛下は戦争の反省を使命として慰霊の旅をなさったのか? それは国政に関わる行為にならないか? 日本国として大東亜戦争を反省することにならないか?」 「現憲法は本当に平和主義なのか? 沖縄基地は米軍の兵站ではないのか? イージス・アショアは米国を守るためではないのか?」 「イラク戦争の反省をなぜ日本人はしないのか? イラン戦争が勃発したら、日本はどうなるのか? 言論は戦争を防ぐことができるのか? ジャーナリズムは権力の監視になっているのか?」  いずれも田原の日頃の発言などを考慮し、田原が興味を持ち、意見を述べたが...

    2019-08-20

    • 113 コメント

漫画家 小林よしのり:プロフィール

小林よしのり公式サイト
ゴー宣道場ホームページ

新刊情報

ゴーマニズム宣言SPECIAL「大東亜論・最終章『朝鮮半島動乱す!』」
「ゴーマニズム宣言 2nd Season②」
「よしりん辻説法2」
「新・おぼっちゃまくん」

2019/09/17 19:32

「人にはいろんな生きざまがある」小林よしのりライジング Vol.329

公式Webマガジン「小林よしのりライジング Vol.329」『人にはいろんな生きざまがある』を配信しました!!【今週のお知らせ】※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…クリーンで、潔癖で、「悪」や「闇」や「裏」のあるものを忌避するのが正義、それが「正しい人間」とでも言わんばかりの風潮が強まっているのではないだろうか?前回に引き続き、母・京子の若かりし日の物語から、人は教科書通りに生きるわけではない、いろんな生き様があるのだということを考えてみたい。※「ゴーマニズム宣言」…喫煙、シートベルト着用、労働組合活動、女性の人権、貧困…現代のドラマや映画等を見ていると時代考証的に明らかに嘘がある描写が多い。いくら創作とはいえ、現在の感覚を、それが存在しない過去にまで適用させて描写してしまうことには、疑問を感じざるを得ない。なぜこのようなことになっているのか?※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!表現の自由死守のために不自由展の再開は必要?左翼の絶対善の対象は今後どこに向かう?竹島を取り戻すには何が必要?自衛隊員でもない人間が旭日旗を掲げるのはどうなの?人はどうして執着してしまうの?ヘイトスピーチを減らす方法は?ジャンヌダルクや神風連の乱…先生は神託って信じる?今でも日本車は嫌い?…等々、よしりんの回答や如何に!?

2019/09/10 16:13

「セカンドレイプ魔・小川榮太郎」小林よしのりライジング号外

公式Webマガジン「小林よしのりライジング号外」『セカンドレイプ魔・小川榮太郎』を配信しました!!【今週のお知らせ】※「ゴーマニズム宣言」…日本人は、未だに近代人にはなっていない。野蛮人としか言いようのない、知性も品性もない人間が「知識人」の扱いで「言論誌」に論理のかけらもない文章を載せている。「月刊Hanada(10月号)」に掲載、自称文芸評論家・小川榮太郎の『性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体』と題する文章である。その内容は、レイプ被害者を侮蔑・嘲笑する「セカンドレイプ」以外の何物でもない代物なのだ。※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…どうも世の中、クリーンで、潔癖で、「悪」や「闇」や「裏」のあるものを忌避するのが正義、それが「正しい人間」とでも言わんばかりの風潮が強まっているように思う。人間はそんなプラスチックみたいな生き物ではないし、教科書通りに生きるわけもないと本当は誰もが知っているはずなのだけれど、「物語」を想像する力が弱っているのかもしれない。

2019/09/05 10:40

「吉本興業問題、『ファミリー』って何だ?」 よしりん・もくれんのオドレら正気か?#28 保存版動画配信!

2019年7月22日放送。
笹幸恵さんをゲストに、3人で繰り広げる話題は主に「参院選の感想」「吉本興業問題」「京アニに対する放火テロ」の3つ。

特に放送当日に吉本興業・岡本社長の記者会見があったことから、吉本の話題がメインとなる。
雨上がり決死隊・宮迫博之とロンドンブーツ1号2号・田村亮の記者会見があり、松本人志の「松本、動きます」発言があり、加藤浩次の「上層部が変わらなければ自分が辞める」発言があり、完全に吉本が逆風にさらされ、特に松本が「情がある」と絶賛されていた当時、世論とは全く異なる持論を展開!

「吉本はファミリ―」だなんて言っているが、そんなことありうるか?
芸人って実力だけが勝負の、弱肉強食の世界じゃないのか?
この時これをブログで書いたら炎上必至、生放送だけで、笹さん、泉美さんに乗せられて話してしまったが、これを言うと自分が悪人になってしまう…というよしりんだが、「加藤の乱」が腰砕けに終わり、騒動が吉本のペースで収束していったいま見たら、言ってること全部当たってないか?
他にも、京アニの事件について「犯人の動機など、もうわかり切っている」など、誰も言わない話が満載!

タイムラインはこちら!
https://www.gosen-dojo.com/blog/23436/
興味のあるところだけでもご覧ください!

90:15

もうひとつの立憲フェス2/2

再生1,084 コメ8 マイ5

88:17

もうひとつの立憲フェス1/2

再生1,834 コメ6 マイ6