• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ゲストさん のコメント

>>1

老害が復活出来そうな好材料を早く
教えてくださいよ〜(笑)

まぁでも小沢一郎先生が復活するのは
年末ジャンボ宝くじを300円分買って
一等前後賞当選を期待するようなものですね。
No.2
26ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
  立憲民主党に元民進党の議員たちが続々入党している。 それを見て、 「万年野党の復権だ」 と揶揄する者がいる。 そのように立憲民主党を批判する者たちは何がお望みなんだろう? 第二自民党か?それは維新の会や希望の党がいるから、立憲民主党の役割りではない。 わしは第二自民党はいらないと考える。 しきりに立憲民主党を批判している者は、 「野党はいら ない、自民党の一党独裁体制でいい」 と主張しているのだろうか? わしは、一党独裁には絶対反対する。   民主主義は危うい制度だが、採用するのなら、野党が必要になる。 できれば「政権交代可能な野党」を国民が育てねばならない。 確かに第二自民党にならず、社民党化もしない政党のアイデンティティーを作るのは難しい。 幸いにも立憲民主党は、「立憲主義」を党名にも掲げる 政党であるし、党の綱領にも 「立憲主義を深める立場から の憲法議論を進めます」 と明記してあり、護憲派政党とは 一線を画した。 「立憲主義を貫く」、これは民主党や民進党の時代とは全く違う、確固とした政党のアイデンティティーである。 だからわしは応援した。 辻元清美や党内護憲派議員や、今後入党する議員たちも、綱領は守ってもらわねばならない。 執拗に立憲民主党を批判する者の中には、 「権力を制限 することが立憲主義=自衛隊を批判することが平和主義だ」 などと、誰も言ってないイデオロギーをねつ造して、立憲民主党を貶めようとする輩すらいる。 自衛隊を批判する者なんて、そもそもいるのか? 勝手に案山子を作って、石を投げている馬鹿を信用してはならない。 権力を制限することは重大なことであって、権力を野放しにしたいと考える者は愚かである。 リヴァイアサンを縛る「立憲主義」は絶対に必要である。 権力の忖度システムがマスメディアから芸能人にまで及ん でしまう現象を目の当たりにして、わしは益々「立憲主義」 しかないと思うようになった。 立憲民主党にはぜひこの国を「法治国家」にしてほしい。    
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!