• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

россии и банкаさん のコメント

私が出来るだけ小沢一郎先生率いる自由党さんに『山尾志桜里さんの改憲案』を出しておこうと思う。
女系天皇を容認を進めた小沢一郎先生なら出来ると思います。
但し、山尾志桜里さんの改憲案に俺は『国際機関や国際法が侵略戦争を仕掛けた場合、国際法や国麗機関の命令を反故出来る。』条文は加えないと危ないと思います。
アメリカやフランス等の侵略戦争は国際機関や国連、国際法などを利用して仕掛ける場合もあるので…。
それで又、国際機関などが戦争犯罪を起こした場合、責任がうやむやになるし、ロシアやドイツ、日本に責任が来る恐れもあるから、この条文だけは付け加えておいてください。
No.1
28ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
  伊勢崎賢治氏が意味深なメッセージを発信している。 「『理論的に正しいことと、今やるべきことは別?』 冗談じゃありません。 間違った理論でやって成果が上がっても、 そうやってつくられた運動の「権威」は、運動の「支持」の 手前、間違った理論を自ら正すことにはならないからです。 やるべきことは正しい理論の下に結集することです。 山尾しおりさんの立憲的改憲を応援します。」   どうやら左翼運動家が 「山尾氏の立憲的改憲は安倍加憲の 露払いにしかならない」 とか、 「安倍加憲を助けてしまう」 という主張で、まず立憲的改憲を潰そうとしている動きに対して、伊勢崎氏は異議を唱えているようだ。 まったく不思議なのは、左翼運動家の敵意は安倍加憲に向かわずに、立憲的改憲に向かっていることである。 「正しい理論」を潰して、安倍加憲への「反対運動」だけに情熱を燃やしたいらしい。 「発議」されたら終わりだということが分からないのだろうか? こんな左翼運動家の「反対のための反対運動」に、まさか枝野幸男代表までが影響されるとは思わないが、最近の枝野氏の発言はもはや意味不明の域に達している。 枝野氏は国会の場で、集団的自衛権を解除した安保法制を撤回させることができると思っているのだろうか? あるいは安倍政権が憲法改正のために、安保法制を自ら撤回するとでも思っているのか? 無理なことを理由にして、安倍政権下の憲法論議には乗らないというのは、まるで駄々っ子だ。 「いやだ、いやだ。 憲法論議に乗ったら、我が党の支持者・ 左翼運動家が怒ってしまう。 立憲主義より、今の支持率 10 %だよ――――お。」 と言っているようにしか見えない。   「正しい理論」と「今の政治的立場」を秤にかけて、「今の政治的立場」を選ぶべきだという考えに、枝野氏が傾いているなら、それは「立憲主義の放棄」である。 政党のアイデンティティーを捨てている。   10 %の支持率をさらに伸ばして自民党に対抗するには、 戦う新党に変貌しなければならない。 今のままでは立憲民主党はまったく新味のない、保守と いうより「左翼保身政党」に成り下がっている。 面白くもおかしくもない政党なので、若者が自民党を支持するのは当然だろう。 伊勢崎氏の指摘は正しい。 「やるべきことは正しい理論の下に結集することです。」 全くその通りだ。    
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!