• このエントリーをはてなブックマークに追加

fftさん のコメント

userPhoto
fft
ゆっくり読みたいので本記事読む前にコメント失礼します。

先日のことです。
市議選の告示日ということで、近所の駅前ロータリーでの応援演説に菅直人元首相が来ていました。
私が通りかかったときにはちょうど憲法問題について話していたのですが、山尾議員の立憲的改憲に触れる内容ではなかったので腹立たしかったものの、安倍加憲の様々な角度からの異常性、国民投票に何の規制もないことの問題性、発議されたら終わりだ、等々、当たり前の認識は持ってるんだなと少し安心しました。(足を止めて聞いてたのはお年寄りばかり20人ほどでしたが)

そして、次に演説が原発ゼロに触れたところで、ちょっとした事件が起きました。
ひと際近くで聴いていた、汚い恰好(小汚いでなく)をした5、60代の酔っ払いが「ンなにが原発ゼロだあsdfghjk…!」とわめきながら車道を渡って菅氏に突撃していったのです。
すぐにスタッフの方々が「危ないですよ!」と制止したのですが、菅氏の話がほとんど遮られもせず続いていくことに更に激昂した酔っ払いが菅氏まで1mほどの距離まで近づいたところで、ようやく警察が来て連行されていきました。
そこで掴まれながら「お前ら日本人か!!」と叫ぶ酔っ払いに対し警官と選挙スタッフが声を揃えて「日本人ですよ!(笑)」と返答したもんですから爆笑してしまいました。
まさに動画サイトで見る光景そのままでしたが、うろたえる候補者に対し菅氏は終始表情を変えなかったのが印象的でした。
この手の輩にはどこでも出くわすんでしょうね。
安倍のコアな支持者の醜さを聴衆が目にしたことがこの演説の一番の収穫だったのではないかと思います。

しかし、おそらく素面でもスマホもまとも操作できず、活字にも縁遠い人々にまでネトウヨの影響が及んでいるのですね。
そんな惨めな弱者だからこそ、限られた情報源の中から「日本人である」自分を慰めてくれるネタに飛びついてしまうのでしょうが。

ところで原発ゼロに向けて朗報です。↓
太陽光発電コスト7年で73%減「再生エネへの転換は、環境への配慮というだけでなく、今や経済的な選択だ」
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018021302000057.html
No.21
60ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第258号 2018.2.13発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…今年11月に予定されていた眞子さまのご結婚が突如、再来年に延期されたことに関して様々な憶測が飛び交っている。ご結婚相手の小室圭さんの母親に関するスキャンダルが影響したのだろうという見方が強いのだが、これも憶測の域を出ない。今後どうなるかという予想は大きく二つの見方に分かれる。一つは眞子さまの言葉どおり、再来年には結婚されるという見方。そしてもう一つは、一応延期ということにしておいて、実は破談になるのではという見方だ。我々国民はどう受け止めるべきか? ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…1920年、インド東部のミドナプール教区で、狼に育てられている少女がシング牧師という宣教師によって発見されたという。1歳半と8歳の2人の“オオカミ少女”の存在は世界中の研究者の注目を浴び、日本でも教育心理学、発達心理学、幼児教育学、脳科学、精神分析学、生物学、言語学などありとあらゆる学術研究の土台として取り入れられていった。しかし…「この本、ウソやったんや…」!! ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!「たれた乳、ゆるんだ肉体に性欲を感じる」のは退廃なの?ネットの書き込み感想と直筆の感想は違う?「女の男装」よりも「男の女装」の方が難しい理由は?「子供を楽しませる」と「子供騙し」の違いは?泰明小学校のアルマーニの標準服をどう思う?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第264回「結婚延期、眞子様の言葉を信じる」 2. しゃべらせてクリ!・第216回「ぽっくんの未知との遭遇!ファースト・コンタクトぶぁい!の巻〈後編〉」 3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第68回「狼に育てられた子、という嘘」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第264回「結婚延期、眞子様の言葉を信じる」  今年11月に予定されていた眞子さまのご結婚が突如、再来年に延期されたことに関して様々な憶測が飛び交っている。  ご結婚相手の小室圭さんの母親に関するスキャンダルが影響したのだろうという見方が強いのだが、これも憶測の域を出ない。  このスキャンダルは最初に「週刊女性」が報じ、「週刊文春」「週刊新潮」が後追いで報道した。  小室さんは小さい頃に父親を亡くしており、母親はその後に商社マンの男性と交際、婚約し、430万円ほどの金銭の援助を受けていた。   ところがこの男性は婚約破棄を申し出て、金を返せと言ってきたという。  親の話であり、本人には関係ないじゃないかと思うのだが、そのお金の大半が小室さんの大学の入学金や授業料、留学費用などに充てられていたから、小室さん本人の問題でもあると言う者もいるようだ。   しかしこの問題で最も悪い者は、小室さんの母の元婚約相手以外にない。  子供がいる人と婚約までしたのなら、その子のためにお金を出すという関係性はいくらでもあるし、そのお金のやり取りは借金じゃないだろう。証文も交わしていないはずで、それなら贈与にほかならない。  婚約破棄を言い出したのは男の方なのだから、むしろ男が慰謝料を払ってもおかしくないのに、仲がこじれて別れた後で金返せと言い出すなんて、あまりにもみっともない。 しかもこいつは、情報を週刊誌に売り歩いていたのだ。  この男が一番悪い。以上、話は終わり!  それをなんで横からバッシングする奴がいるのか?  小室さん本人は、真面目過ぎるほど立派な性格だ。本人がよければいいじゃないか。親の話は関係ない。  結局のところ、ご結婚が延期になった理由として真実性のあるものは、眞子さまのコメントだけである。  マスコミ報道が先行してしまったために、 「当初の予定を大きく前倒しして婚約が内定した旨を発表」 することになってしまい、 「色々なことを急ぎ過ぎていた」 と思ったため、 「結婚までの、そして結婚後の準備に充分な時間をかけて、できるところまで深めて行きたい」 と、眞子さまはおっしゃっている。  その上で、 「今後の私たちの結婚とそれに関わる諸行事を、これから執り行われる皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました」 とコメントされているのである。   急ぎ過ぎたから、もっと時間をかけたいということだけであり、小室さんと結婚するお気持ちは何も変わっていない。  それならその言葉通り、来年の天皇退位・即位の儀式が終了した後、再来年にはご結婚されるものと思って、見守るしかないというだけの話である。  今後どうなるかという予想は、大きく二つの見方に分かれる。  ひとつはいま述べたように、眞子さまの言葉どおり、再来年には結婚されるという見方である。  そしてもうひとつは、一応延期ということにしておいて、実は破談になるんじゃないかという見方だ。   竹田恒泰は、 「宮内庁は小室さんの自身の足場を固めるための期限と言いつつも、白紙に戻したい意向もあるのでは。小室さんから『婚約辞退』を願い出る可能性も含めた2年半では」 と発言している。  要するに一旦棚上げにして2年待たせて、どこかで小室さんが辞退するという形で婚約解消に持ち込もうと、宮内庁が画策しているのではないかというのだ。  一番心の汚れた人間が邪推すれば、こういう見方になる。 
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!