• このエントリーをはてなブックマークに追加

カレー千衛兵さん のコメント

芸能の世界は過酷で冷酷な競争社会ですが、これからは
一般庶民だって、同じように戦わなければならんのでしょう。
TPPがもたらす結末とは、つまりはそういうことだと思います。

「立候補してプライドがボロボロになる経験」は、
私は2001年の就職活動の時にありました。
その後の学生さんは、もっともっと酷かったと思います。
妻子持ちの同級生は、会社が何度も潰れて、再就職を目指すたびにボロボロになってます。とても優秀で真面目な職人なのに・・・。
私も人ごととは思わない。将来、同じ経験をする覚悟をしてます。

まずサバイバルするしか道は無い。
でも、一生懸命支えてくれる人がいるなら頑張れるんじゃないかな?
「戦え!」って人ごとのように言ってるわけじゃない。
「一緒に戦うよ!」って言っているわけだから。
No.8
117ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
http://live.nicovideo.jp/watch/lv131101084 緊急生放送! 本日(3/29)21時 からの生放送は、当初予定していた内容を変更して、 「AKB選抜総選挙"立候補制"導入を考える」  (よしりんに、きいてみよっ!#19)をお届けします! [よしりん談]  AKBファンは自覚がないようで、単純に新たな 「お祭り」 としてはしゃいでいますが、この問題は重大な陥穽を秘めています。  「運営のゴリ推し」 に対する反発で始まった 「ガチの民主制」 が壊れるのです。   今までこの二者の対立とバランスの上に成り立っていたシステムが形骸化され、選挙が単なる 「お祭り」 か 「お遊び」 になり、  「ガチの民主制」 の権威が薄れる恐れがあります。  そもそも一体、何人が立候補するのでしょう?  少なすぎたら、結局運営がメンバーに立候補を即すのでしょうか?  それとも、自由意思、自己責任と言いながら、実際は全員立候補の 「同調圧力」 がかかるのでしょうか?  わしには疑問だらけなのです。 杞憂に終わってほしいのですが。 前半30分は無料放送 です。 チャンネル会員でない方もご覧になれます。 お見逃しなく!
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!