• このエントリーをはてなブックマークに追加

masaさん のコメント

改めまして手違いの無いように気を付けて再度投稿します。
もしこれで私の手違いでなくそちら側で削除されたのでしたら疑問以上の事を思わざるを得ません。

申し訳ありませんが考えたくは無いですがもしそうだった場合の仮定で書きます。

確かに私は自分の考えを率直過ぎる程に書いております。
しかし小林さんはオウム事件で命も狙われたと漫画に書いてあります。ですので私なりに宗教に対する考えを述べ
パチンコについてもvol11で書かれていた疑問について私なりに書きました。
それも含めました他の文章への不満があるのでしたら文章で反論されるのが筋です。

重ねがさねただのシステム上で前投稿が消えたのでしたらすみません。

NO46に投稿は以下です。

いやはや、そこまでアイドルについて理路整然と開き直られましたら最早何も言えません。
ただ奥さんがいたのでしたら「う~む」と思ったでしょうがね。
重圧に耐える癒しも必要でしょうし。
私も同じ男として小林さんの父君に同情します。
高次元の愛とはなんでしょうねえ。
仰る通り神聖化したものも身近にいて判ってしまうと初期の憧憬が薄れるのはあります。
ですがその逆もあるでしょう。
ところで岸端さん、初めどなたか判りませんでしたが・・・以前読みましたが学生時代関西から往復で通った
あの人ですか!その根性や返信でも本当に小林さんを尊敬しているのだなあと伝わりました。
しかしまあAKBの厳しい選抜に勝ち抜いたメンバーを戦友とはまた面白い表現ですね。
私にとってキスは性的な意味を持ちます。メンバーの中にも嫌がっている人もおります。
かの戦国武将にも家臣団との結束で肉体関係もあったそうですが、私は物資、肉体よりも精神を重視すべきと考えますがね。肉体のつながりも無いと強力な集団が作れないというのは、いやはや。
私の知人に某時代劇の元制作者がおりましてその手腕に一目を置いているのですが番組作りで首を傾げる所があり、コンビニで売られている本の枕営業云々の件も気になり業界でどうなのだろうと尋ねた所、共に携わる別の制作者がしていたそうです。それで私は得心しました。そのような邪な者がいれば当然制作にも影響します。
岸端さんは私が芸能人を無意識に差別していると・・・?いいえ少し違います。私が差別しているのは今の人類そのものです。普通の人であろうと飲み会の席でハレンチな真似を目の当たりにしていますので。
かつて広島の例の碑に過ちは繰り返しませんとありましたが・・・ゴー宣でも書かれていました後生大事に非戦を貫き、無抵抗で総玉砕でも良しとするなら私も天晴れと言う所ですが、そうでは無いですね。
誇りや独立の為に戦うのは結構な事ですが、パフォーマンスや見栄でちょっとした弾みで戦争になるなら軍人が哀れ以外何者でもない。言い出した政治家が前線で指揮を取るぐらいの事をして貰いませんと。
もっとも過ちとはなんの過ちでしょうか?戦い続ける人類の業なのか、軍最高上層部の後手後手に回った指揮能力の事なのか?不思議なものです。
ところでかつて恐竜が繁栄し人類よりも数十倍長い間頂点にいました。今は人間が支配者ですが初期の頃には近い別種の人類もいました。彼らは現人類の手で直接なのか間接なのかそれとも自滅か私は判りませんが滅びています。
現人類がいつまでも繁栄出来るとお思いでしょうか?
手に石器を持ち始めてから人類の顎の退化は初まりそれに反比例して脳の容積は多くなりました。そして戦後更に弱体化し親知らずを抜く人が多いのは周知の事実です。
さてこのままでいきますとやがては口から栄養を摂取出来なくなるのでは?と。脳は噛む事によって刺激されます。
つまり、知能が落ちる可能性が高いという事です・・・私は今の時代の科学力には瞠目しておりますがひょっとしたら今が頂点になるやもしれません。
他にも太陽消滅、それ以前に人類同士の争いで全滅するかもしれませんが。
もし明日全滅すると判っていても子孫を残そうとする人がいるでしょうか?私なら子にはそんな悲運に晒したく無いと思います。ただ長生きするのが大事ではなく、何をしたかが一番重要と思います。
かの恐竜は一体何をしたでしょう?家族的な情を見せたTレックスがいたようですが、基本は体を巨体にし弱肉強食に明け暮れただけだと思います。それに比べ人類はまだ色々なものを発明し宇宙の神秘などにも考えを巡らせました。中々創造的だと思います。
ついでに書きますとキリストは神の子と自称していた(本当に?)とありますが、その神を信じて魔女裁判や色々な宗教戦争の引き金になったのは言うまでもありません。ですので私はそれらの歴史の状況証拠から神とは残虐な存在と位置付けています。因みに私は造物主=神は実在していると考えています。
何故なら余りにも生物誕生などが偶然にしては出来すぎていると、最も実は存在しないのであればそれでも大いに結構です。詰まる所、人間が考えるような救いの神はいないと考えるのが一番です。
戦後、新興宗教が雨後の筍の如く現れましたが、例えばその経文を唱えて救われたとあった場合、それをどうやって第三者にも目に判る形で証明するのでしょう?信じる者と書いて儲かるとはよくぞ言ったもので、プラシーボ効果を巧みに利用したのでしょう。鰯の頭を信心からと。稀に神通力と呼ばれるものを体現した宗教もありましたが(工作の可能性もありますがね)・・・その教本たるや独裁的なものでそれを指摘しても神のお考えだからとアイドルとして見るのでいやはや厄介な事です。
オカルトな話ですが例え神通力といえど恐らく低級霊が見せたものでそうやって多少の道徳的な事や甘言や安易な奇跡を見せて信じ込ませ平和を唱えながら結果争いへと導いていると推察します。もう一度言いますが神は残虐者で悪であると確信しています。もしキリストが神は悪であり、自らの意思でたちあがれと言っていたら・・・、ところで誰ですか?死んだ人間が生き返ったと言ったのは。蘇った真偽は定かじゃありませんが徳川家康が自分の体制を強固にする為に自分を神に奉れを思い出します。
愛とは何でしょうねえ。愛するが故に盲信してしまうという事があり、時にはそれが判断を誤り大惨事を引き起こす引き金にもなる。
人は本能に初めから諸々のものが備わっているのではなく、後天的に学習していく生き物です。
人は自分が愛する者や尊敬するもの・・・自分の価値観の土台になる存在が
邪なものであると信じたくない。或いはあって欲しくなくと願う。その為
困るのです。
ある意味誰も愛さないという方が惑わされずに済むのかもしれません。
ですが人は学習する・・・つまり外部の情報から自分の価値を確認したり
高めたり、逆に落としたりします。
自分に無い者を他人が持っているから惹かれあう・・・それは自分の世界にだけ閉じるよりも良い時があるにはあります。
社会性動物である人間のこのジレンマは諸刃の刃なのでしょう。そしてこれが神という名の直接会うことはないアイドルを求める心なのでしょう。
さて話を日常に戻します。これで小林さんへの疑問を払拭しておきたいので、前の話に遡って恐縮ですが、例のパチンコ、京楽は言わずと知れた日本の企業ですし、アニメとパチンコの関係性薄々感じていましたがやはりそうだったのですね。私も今はホールに一切行かず実は好きな機種は安くなってからその筐体ごと買っています。あの演出や役物の動きなどよく思い付くなあとそのエンターティナーには驚かされます。
ただ、私がかつてパチンコにのめり込みありもしない、こうすれば必ず当たるという攻略法に引っかかり手痛い目に遭いました。私が悪かったですがね。他に一日中ただひたすらタバコを吹かし台の手を置いている・・・私は1時間もしてればもう十分です。娯楽ではありますが健全ですかねえ?自己責任とはいえサラ金等に借金が一番多いのはパチンコと関係者から聞きました。いわゆるギャンブル依存症になり止めれず破綻し首を吊った人もいます。
故・池波正太郎氏が仕掛人で人は良い事をしながら悪い事をしているとありますが、なんとも皮肉なものです。
韓国ではパチンコ全廃になっています。それが当時の李大統領が小沢一郎さんに日本のスロットの4号機(別名爆裂機と言いまして一日で100万前後勝ったり負ける事があるのです)から5号機に変わり(博打性が薄れた為、)なんとか以前のようにして欲しいと言ったそうです。ですがその後なんの変更もありません。因みに私は小沢さんを信用していまして、何故かというとかの資金記載の件で司法ぐるみで魔女裁判を起こしその中でも生き延びた彼を。もしその方にも裏切られたら、自分で手を打つことを考えます。
話を戻します。議員にパチンコアドバイザーつまり業界の用心棒です。それなるものが2年前ですが民主に34人自民党に11人、公明党3人、無所属2人。私が何度かお会いした公明党議員にパチンコアドバイザーについてどう思うか追及した所、はぐらかされました。
自民が与党時代の08年では逆に23人で野党民主の時は15人です。
私もアニメの30分番組が一本1000万掛かり、昔と比べ質が良くなっている点や漫画も演出やコマ割などの見せ方が進歩している等で結構費用が掛かっているとは思っています。その為どこかで資金調達しなくてはならないという気持ちも判りますが・・・。
昭和30年代のパチンコは立って行い、しかも今見たく特殊景品といって暗黙の了解の違法な換金はされず、商品や缶詰に代えられるだけでした。私もそれならなにも言いません。さて半島に資金が流れている可能性の話ですが、在日本大韓民国民団が日本に300近く有りその資金源は韓国政府から出ていまして傘下には金融機関等等、勿論パチンコ店も多くあります。当然政治への発言力も考えていて外国人参政権の付与も訴えています。そして北朝鮮問題で日本政府と公安は朝鮮総連と先の韓国民団の経済活動を遮断する目的からパチンコ系列に取締を強化しました。そこで彼らから上記の李氏に訴えがいき小沢さんに嘆願となったのです。それで朝鮮の出先である総連はバブルの頃、日本円で600億円母国へ送金しました。
仰る通り政府に送金規制を掛けるのも手です。パチンコは賭博機では無く遊技機とされていますがその規定は一回の大当たりで1万円以内とあります・・・が、確率変動がある為連続で数万になる可能性はざらにあります。ですのでこれもあるので違法といえますが、警察庁の保安課は回答を避けました。
更に大手新聞の一ページ広告を出すと4000万です。初めに行ったのは読売でその広告はかの京楽の美空ひばりです。それまで自主規制していましたがこれを機に取り払われました。
小林さん本人の責任ではありませんが、こういう現実もあります。
私も正直気に入っている機種とかありますので心苦しいですが、ギャンブル依存で悩み人達、昔から博打は胴元が儲かると決まっていますし、1台に付き35万前後の費用の為元を取る店。漫画等のエンターティナーも好きですがパチンコが無くては今のクオリティを保てない・・・或いは破産するというのでしたら、申し訳無いですが潰れてください。かつて4号機から5号機に変わったら失業者が5万人程出ると言った議員がいましたが実際そんな事は無く、かつて東京都知事の美濃部という人は東京から競輪、競馬のギャンブルを追放し業界をバックにした議員は税収が減ると反対しましたがその後伸びたそうです。だからと言いましてパチンコで費やす金が漫画等の消費に向けられるとは必ずしも言いませんが。私がパチンコ店員から聞いた話で警察は締め付けてくるが店員の生活も考えて欲しいと、・・・色々被害等が出たり、その仕事が多少汚れていてもお金の為や生きる為には良いという言葉は他の業種でも聞きましたが、それは金やただ生きる事の奴隷では?
小林さんは以前から最早ただの漫画家ではありません。社会的に影響力を持った人です。ですので私の記憶が間違ってなければかつて安倍氏の事を擁護していた時期もあったような気が・・・ですが今は批判されている。私は小林さんの話を知るまでは氏の非難の事で身内に対し少々庇ったりはしました。ただ経済学においても不況下で増税は阿呆な行為で余計税収が下がるのに財務官僚や米国に屈しているのでしょう。その点から少々のみだったのですが、小林さんが理路整然とそう言うならそうなのだろうと受けれいたのです。つまり、大げさに言えば一気にその人の考えを変えるだけの力があるという事です。
色々長くなりましたが以上です。ここまでお付き合いして頂き有難うございます
No.68
122ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第14号 2012.11.20発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・ 小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、 AKB48ブームから現代社会を掘り下げる(本当は新参ヲタの応援記!?) 「今週のAKB48」、よしりんの愛用品を紹介していく「今週の一品」、 漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと 紹介する「よしりん漫画宝庫」、『おぼっちゃまくん』があなたの 人生相談に真剣回答!「おぼっちゃまくん人生相談~言われたとおりに 生きるぶぁい~」、読者との「Q&Aコーナー」、秘書によるよしりん 観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。 (毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※自民党総裁・安倍晋三に対して、まるでアイドルを見るような偏愛を  示す知識人が現われた!!その名は金美齢&長谷川三千子!  今週の「ゴー宣」は、“政治家のアイドル化”の危険性を指摘する! ※HKT48に勃発した熾烈なセンター争い!センターに相応しいのは  果たして児玉遥か?田島芽瑠か? ※読者人気の上位に上がってきた「おぼっちゃまくん人生相談」!  今週も爆笑の珍問答をお届け!! 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言   第16回「政治家を『アイドル』にしてはいけない」 2. 今週の一品・13品目「ブリーフケース」 3. 今週のAKB48・第15回「残酷な競争 兒玉遥と田島芽瑠」 4. おぼっちゃまくん人生相談~言われたとおりに生きるぶぁい~   第58悶~第67悶 5. よしりん漫画宝庫・第14回  「『なじぇか大物!』フィクションと実在の奇妙な一致!?」 6. Q&Aコーナー 7. 今週のよしりん・第14回「『秘密』が苦手な男」 8. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 9. 読者から寄せられた感想・ご要望など 10. 編集後記 第16回 「政治家を『アイドル』にしてはいけない」   「還暦間近にもなって、アイドルなんかに夢中になって、みっともない」 なんて言葉は、もう聞き飽きた。  そんな非難をしている連中の趣味や人格が高尚なはずがない。ただ単に このわし、小林よしのりがやることの全部に難癖つけてこき下ろしたい だけなのである。  わしという存在の重力圏から逃れられない連中なのだから、ときどき 構ってはやろうと思ってるが。  来年になれば、わしがAKB48を見ながら何を考えているかがわかる本を 出すつもりだ。漫画の描き下ろしをする時間をどうやって作るかが問題 なんだが。   そもそも「アイドル」の語源はラテン語の「idola」(イドラ)であり、 実在の正しい把握を妨げ、無知と偏見の原因となる要因のことだ。  ようするにアイドルに嵌るということは、偏見でその正体が見えなくなる ということなのだ。目が曇って生身の姿が見えない。ただひたすらカワイイ ものに見えてしまう。それがアイドルというものなのである。  どんなにAKB48の誰かを好きになったとしても、もし実際に付き合えば、 たちまち正体はわかってしまうはずだ。  とんでもなくわがままだったり、自己顕示欲が強かったり、だらしない 性格だったりして、すぐに嫌いになるかもしれない。  自分の恋人や妻だって、遠くで見ていたときはアイドルのように純粋化 していたはずで、付き合ったり、結婚してみれば、こんなもんかと失望し、 最悪の場合は離婚に至ることも珍しくない。  アイドルになるためには、ファンに自分の本当の姿を見せないように するべきであって、やはり「恋愛禁止ルール」だけは守らなければ ならない。  青少年期というのは、世の中には清純な女性がいる、セックスなんか 知らない女性がいると思い込み、アイドルを疑似恋愛の対象にするものだ。  なにしろわしのような年齢になっても、まだ女性に幻想を抱きがちで、 アイドルにはもう偏見のみで100%美化したいと思い込む者もいる。  それをわざわざ、現実は所詮こんなものだなどと言って、幻想を壊す ようなことをされたって、どうせ信じはしない。  わしはアイドルに嵌る心理構造は十分自己分析しているのであり、 ただし、インテリぶって、知的なゲームでもやっているかのように 見られてしまうのが嫌なので、むしろ積極的に馬鹿を晒すように してきた。  そうすると、 「小林よしのりはAKB48を本気で好きになってバカを 晒している」 という評判が主にリベラル方面から好意的に出てきたので、 わしは有り難い評価だと受け止めている。         「アイドル」というものは、真実の姿を見なくていい、偏見で推して いい存在なのだ。  AKB48の河西智美が番組を途中でリタイアしたって、本気でファンで あるわしにとっては、どうでもいいことだ。河西智美は、あのセクシーな 表情と、たまらない甘ったるい声で、歌ってくれればいいのであって、 道徳的に正しいふるまいをしているか否かなど知ったこっちゃない。  偏見で目が眩んでいるから、きっとセクハラされてリタイアしたのだ ろうと思ってしまうし、あんな激しいダンスを踊るAKBメンバーには カロリーが必要なのだから、一ヶ月一万円なんて不健康な企画はさっさと リタイアしてほしいと願ってしまうのだ。  小林よしのりは自分の推しメンには甘いなどと言ってる馬鹿がいるが、 当たり前じゃないか!  それがアイドルに嵌る作法であると言ってもいい。   だが、このような偏愛とも言うべき人物の 見方が、政治家に対して されていたら、それは 大問題だろう。  もちろん独裁者には、アイドルと同様の偏愛が、国民に強制されるもの であるが、心から独裁者を好きな国民はあまりいないかもしれない。  ところがここに、政治家に対してまるでアイドルを見るような偏愛を示す 知識人がいる。  「WiLL」12月号で安倍晋三と対談している 金美齢氏 である。 「十月十一日に安倍さんと野田首相のはじめての面会が実現しましたね。 あの時の様子をたまたまテレビで観ていたんですが、握手を交わされている 二人の姿を見て、やっぱり安倍さんのほうが断然、見栄えがしました!」 「それと全農(全国農業協同組合連合会)の大会で、民主党の輿石幹事長と 安倍さんが並んで座っている映像も流れていましたね」 (安倍の発言を挟み )「当然ですけど、あの時も断然、安倍さんのほうが 見栄えしました!」 「私は一口三千五百円で後援会を組織して、安倍さんにカツカレーを ご馳走しようと提案したんです。『三千五百円のカツカレー』をキャッチ フレーズにして、若い人でも安倍総裁にご馳走できるっていいじゃない ですか。 それこそ三百六十五日、カツカレーをご馳走する(笑)」  このはしゃぎっぷり!  まさにアイドルに入れあげている状態ではないか!         
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!