• このエントリーをはてなブックマークに追加

ハックスレーさん のコメント

おはようございます。
まだ道場の興奮が収まっておらず、昨日の晩のテレビニュースでは、一定の条件でコロナが28日間生存するだの云々の話が流れ、コロナ恐怖を増幅するかの様な報道でした。
他にも長く生存するコロナよりも危険なウイルスがいるんじゃないの?
インフルエンザウイルスでも一定の条件では長く生存するのでは?
実は北九州の某施設では、イノシシの頭骨が展示されて自由に触れる事が出来たのですが、感染防止で「アクリルケースに封印」されています。
再三書きますが、これだと視覚障害者への説明が出来るはずがありません。
あるカスは「口で説明すればいい、それでもプロかよ」と暴言を吐きましたが、あの複雑な骨格の構造を口で説明するのはプロでも至難の技です。
プロでも万能じゃありません。
他にも某ペットショップではコロナ感染防止とかの理由で爬虫類へのハンドリングが禁止されました。
じゃあ、店員はどうやって世話をするのか?
コーンスネークやフトアゴヒゲトカゲ等、ハンドリングが可能かどうかで、スキンシップをとれるというのは、その生き物を飼育する大きな楽しみになります。
また、ハンドリングされる事に慣れさせておけば、メンテナンスでその生き物を取り出したり、健康チェックなどをする場合に個体に無用のストレスを与えなくて済むメリットがあるのです。
エキゾチックアニマルの文化ではハンドリングは重要な作業なのです。
ここであえて言えば、爬虫類の中ではリクガメが最も危険です。
アフリカ産のリクガメに付着してるマダニがかなり広い範囲の動物を吸血し、媒介する「心水病」という反芻動物の死亡率の高い病気を媒介するからです。
これはコロナよりもはるかに危ないです。
おかげでアメリカではリクガメの輸入は禁止されてますが、日本では禁止にされていません。
コロナの感染源と言われたコウモリにしろ、もう一つの感染源と言われたアマガサヘビにしろ、SARSの感染源と言われたハクビシンにしろ、野生動物と接していて、自分だけが絶対に安全であるべきだと言うのはムシが良すぎるのです。
例えば、皆さんは街中を歩いていてハトを避けたりはしますか?
大部分の人が避けず、気にせず、逆に親しみを持って近づいたり、餌をやったりしてるはず(本当はいけないんですが)。
ぶちまけますとハトは最も不潔な動物です。
粉塵となったハトの糞を吸い込むことによるクリプトコックス症、鳥インフルエンザなどに感染するリスクがあります。
クリプトコックス症は健康な人は感染しにくいのですが、高齢者や基礎疾患持ちの人は危険です。
だから私はその人たちにハトの群れを避けるように指導してますし、冬場のハトの死体は標本にするのは避けています。

>ディアブロス(草食系)様。
私もダルマワシを片手に、他の門下生の方々と「ワシはワシだ」でもっとお話ししたかったのですが、第一部中に通関トラブルで税関から着信が入っており、急遽予定を変更して早めに退場する事になりました。
無事に時間ギリギリで到着して、事なきを得ました。
実は出前授業の際は、標本を片手に歩く、あのスタイルです。
おかげで、かなり目立ちます。
「布を被せろ」だのの声が上がると思いますが、布が嘴や爪に引っかかり、損傷させた苦い経験がある為、悪天候以外ではあのスタイルです。
ただし紫外線に弱いので手早く扱ってます。
実は職質を受けたこともあり、地元ではある意味で有名人です。
あれは持っていくのに勇気が必要でした、笑。
私と同業の標本屋や猛禽類愛好家では、思い切って持ち歩いたり、据え回しをするのが意外ともって普通です。
時浦さんに初にお会いして、テンションが上がってしまい、勝手にテーブルの上にダルマワシを置いてしまい、少し失礼な事をしたのではないか?と反省しています。
エッジの効いたブログを書く人とは思えない、優しい雰囲気の人でした。
No.189
19ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第374号 2020.10.6発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…玉川徹(テレビ朝日報道局員)は普段「リベラル」を自称している。ところがコロナ騒動が起きてからの玉川は、政府は早く緊急事態宣言を出すべきだと発言し、権力が個人の自由を制限するように促したり、全国民にPCR検査を受けさせるべきだと、個人に一定の行動を強制するような主張をしたりするようになった。リベラリズムは「自由主義」と訳される。その訳は正確ではないとも指摘されているが、少なくとも日本では、個人の自由を第一の価値とする者がリベラルを標榜してきたはずだ。いったい玉川のどこがリベラルなのか? ※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…YouTubeで公開されていた『よしりん・もくれんのオドレら正気か?』冒頭30分間の無料動画のひとつが削除された。2020年6月20日放送の、第45回『勝利・第一弾!「抗体保有率0.1%」の衝撃』である。現在、YouTubeを利用するにあたって遵守しなければならないガイドラインを見ると、「暴力的または危険なコンテンツ」のひとつとして、「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の医学的に誤った情報」という項目が追加されている。今、YouTube動画削除の実態はどうなっているのだろうか? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!コロナ脳の人達はなぜ旧型コロナの時には怖がらなかったの?先生の生活上、消費行動や感覚で何か変化はある?歴史上一番の犯罪者は誰?自分が生み出した造語が流行った時はどんな気持ちになるの?最近、芸能人の自殺が多いのは「コロナ禍」が影響している?例年に比べ、インフルエンザの罹患者が相当少ない理由は?中曽根元首相の合同葬に9600万円も使う意義はある?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第391回「自由がなくてもいい玉川徹」 2. しゃべらせてクリ!・第331回「ぽっくんパニック!恐怖の人食いワニ襲来ぶぁ~い!の巻〈後編〉」 3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第185回「正気でないYouTubeに動画を削除された件」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第391回「自由がなくてもいい玉川徹」  日本には、自称保守と自称リベラルはいても、本物の保守と本物のリベラルはほとんどいない。  このことは前々から何度も言ってきたが、それにしても、あまりにもひどい思想崩壊状態を目にしたので、今回はそれを記録しておく。  玉川徹(テレビ朝日報道局員)は普段「リベラル」を自称している。  ところがコロナ騒動が起きてからの玉川は、政府は早く緊急事態宣言を出すべきだと発言し、権力が個人の自由を制限するように促したり、全国民にPCR検査を受けさせるべきだと、個人に一定の行動を強制するような主張をしたりするようになった。  リベラリズムは「自由主義」と訳される。その訳は正確ではないとも指摘されているが、少なくとも日本では、個人の自由を第一の価値とする者がリベラルを標榜してきたはずだ。だからわしは、いったい玉川のどこがリベラルなんだと思いながら見ていた。  そんな中、9月18日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」での玉川の発言(9時17分頃)には、心底呆れ果てた。ほとんど毎日のように呆れてはいるのだが、さすがにこれは特に度が外れていた。  今回はその発言を紹介して分析しよう。長めの発言なので、少しずつ区切りながらツッコミを入れていくことにする。  なお、話し言葉のままだと読みづらいので最小限の語句の整理をしているが、その論旨はもちろん発言そのままである。  その時の話題は対立を深める米中関係についてだったが、その中で玉川はこう言った。   アメリカからすると、読み誤ってたところがあるんです、中国に対して。  中国はだんだん豊かになってくれば、やっぱりみんなが自由になるだろうと、自由を求めると、自由主義国になるんじゃないかと思っていたんですね、アメリカは。  ところが中国型の社会主義は、自由がなくてもみんな豊かになってるから、これでOKなんですよ。  アメリカが中国の動きを読み誤っていたという分析は間違いではないが、問題は玉川自身が、この現象をどう評価しているかである。  本当にリベラルを自認して、自由が一番の価値だと思っている人間なら、 たとえ中国が豊かになっていたとしても、自由がないことは問題だという言葉をひとことくらいは差しはさむはずで、 それがリベラルとして最低限の態度というものだろう。  ところが玉川の発言にはそのような保留が一切ない。あまりにもあっけらかんと 「中国型の社会主義は、自由がなくてもみんな豊かになってるから、これでOKなんですよ」 と言い切ってしまっている。  つまり玉川自身も、明らかに 「自由がなくても、豊かならOK」 という価値観なのである!!  そして玉川は続けて言う。   さらにこれからAIがものすごく大事なんです。AIにいろんなものを決めてもらう人生って嫌だと思うじゃないですか、我々自由主義にしたら。  でもAIがかなり正しくなってしまったら、意外と職業だって、あなたはこうだからこの職業が向いてるよってAIに言われた、その職業をやってみたらやっぱりよかったねというのが、どんどん拡がってったら、わかんないですよ。  これまた、唖然とする発言だ。   コンピューターに自分の職業を決定してもらう人生なんて、完全にディストピアSFの世界で、いちいち説明するまでもなく、そんなのはまっぴらごめんだと即座に思うのが常識だと思っていた。  ところが玉川は、それは単に自由主義国の固定観念にすぎないと思っていて、AIに適性を判断してもらって、間違いのない職業につくことができれば、人生それで「よかったね」ということになるし、それが拡がっていけばそんな考えが一般認識になるかもしれないと思っているのだ。  そりゃ自分の意志というものがなく、人生でやりたいことが何もない人ならそれでもいいのかもしれない。  だが、どうしても人生でやりたいことがあるという人はいる。  成功するか失敗するか、そんなことは度外視して、何かに挑みたい人がいる。   人間は往々にして「やりたいこと」と「できること」が異なるものだが、それでも自分の適性も才能も考えず、やりたいことをやって、失敗するのも人生だ。人生には失敗する権利だってあるのだ。  これがあなたに適した職業ですよとお仕着せられた、好きでもないけどうまくこなせる仕事をやっつけて無難にやり過ごした人生よりも、自分の好きなことに全力を賭けて失敗した人生の方が、はるかに本人にとっては充実していたということだってありうる。人の幸福感は、AIには計算できないのだ! 
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!