• このエントリーをはてなブックマークに追加

希蝶さん のコメント

 遅ればせながら、今号の感想です。このところ、いろいろ忙しくて、すみませんでした。

 ゴーマニズム宣言・第416回「小室圭バッシングは愚民大衆の差別である」

 私は人の恋路に首を突っ込むのは嫌いですし、自分もされるのは嫌です(そういう経験があったから、全体の環境が悪くなるから、という理由で)。小室圭氏と眞子内親王の間の問題はお二人だけの問題であって、それで日本の国柄が悪くなるとか、国益がどうこういう話でもないし、庶民の生活に損害を与えるというような話ではないので、そっとしてあげればいい、もしもかりに二人の間がうまくゆかなくなったとしても、それは二人だけで解決すべきことであり、我々が干渉するのは下世話なことではないか、と思います。

 小室圭氏の文章は、まだ全文は読めていないのですが、婚約者の方に金銭以外の別の目的があるのではないか、というのは頷ける話と思いますし、いくら婚約者の方に金がないからと言って、題材にしている週刊誌の記者が代理人というのも胡散臭いです。男が婚約破棄したのなら、お金の問題をどうこういうのはその破棄の時であって、(世良公則の「あんたのバラード」じゃないけど)あんたにあげた愛の日々を 今更返せとは言わないわ」なんじゃないでしょうか?
 それよりも、30歳間近の男女の婚姻を保留、お預けにすることの方が残酷でしょう。人生はいくら寿命が長くなるとしても、認知症などもあるから、光陰矢のごとしで、短いも同然です。幸せな愛情生活をひと組のカップルが生み出そうとしているのだから、それを祝福するのが私たちのすべき最適な行為ではありますまいか。

 と単純に私は思いますが、叩きたい人はあれこれ難癖をたてるのが当然とか、使命だとか、試練を与えているのだとか思っているのでしょう。また漫画の話を出しますが、川原泉先生の「笑うミカエル」の主人公、史緒の父母は貴賤結婚で、元貴族と庶民のカップルだったため、姑から妻がいじめられて、結局、夫の交通事故死で婚家にいづらくなり、子供を(強制的に)置き去りにさせられ、出て行くことになりました。その後、2人目である史緒を出産し。貧しい境遇の中で育てて死んでいった、という話なんですが、皇室の場合も貴賤結婚は良くないとか制限を設けていたら、こういう悲劇が起こるのではないか、とも想像しました。

 繰り返しますが、かりに男が悪人だったとしても、恋愛をしている二人の間の問題です。シャーロック・ホームズに「高名の依頼人」という話もありましたが、あれは確実に男の方から被害を受けた元恋人がおり、匿名ではなく、名乘り出て証言もしているわけで、今回の母親の元恋人が陰にかくれてどうこうとケースとは確実に違うと思います。こういう下らない大衆の鬱憤晴らしも、はやくなくなって欲しい。自分語りをまたしますが、過去のこう言われたこともあります
「こういう狭い世界では、人の噂は火のないところからでも、煙を立てようとするものだ」
 そういう下衆である大衆がはやくいなくなればいい、と願います。集団ほど恐ろしいものはない、コロナ騒動でもそう思います。

 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第210回「ワイマール地方裁判所のコロナ条例違憲判決の凄み」
 上述の小室圭さん一件とは異なり、さすがワイマール憲法の国、ゲーテの出身地だ、と思いました。ここで海外出羽守を言って良いのかどうか、分かりませんが、司法の独立、とはこういう判決文を導き出すものだろうと思いました。いつになったら、日本でもこういう三権分立が成立するのでしょうか。倉持さんの活動にも期待したいです(そう言いつつ、クラウドファンディングがよく分からないのと、金銭的な理由、時間の都合もあって、まだできていません。すみません。今本当にそれどころではないのです)。
 こんなに簡単で宜しいでしょうか。私も、マスクは本当に意味がない、息苦しいだけですし、ただ人から表情を見られなくてすむ、という内向的な人間を育てるだけではないのか、と危懼いたします。正直に告白すると、私も巡り合わせとか、ジンクスにとらわれるタイプですが、こういうわけのわからない、科学的ではない話はばかばかしい、と感じます。

 返信が遅くなりました。
>>138 
 rokuさん
 本当に、有り難うございます。実を言えば、母親に対してはルサンチマンだけではなく、鍛えて貰った、という恩もあります。「甘やかされた」とも人からは言われています。なので、(これも記して良いのかな)よしりん先生のおかあさまも、息子を逆境に負けない、強い人間にしようと保険金の話をされていたのではないか、という勘違いをしたこともあるのです。人にはそれぞれの性格やタイプもあるので、一概に比較してはならないのかもしれない、と思います。
 また、よしりん先生のような立場から見ると、およそ母親の言動は科学的ではない、という感じもするわけです。あまりこの場でいうことではない、と判断しますので、ここまでにしておきます。
 「十二国記」は名作です。陽子や泰麒、尚隆なども好きなのですが、「風の万里黎明の空」の「祥瓊」の話が考えさせられます。高貴な身分の人間は、ただ優雅に幸せそうにしていればいいだけでは駄目、庶民の生活や実状を知る義務がある、「自分は知らなかった」では駄目なんだ、これはコロナ問題の自殺などでも言えることではないのでしょうか?
 それと、その祥瓊の父王の話でも、独善的な正義がいかに残酷なものか、腐敗とも結びつきやすいものか、と考えさせられました(このことはほかにもあげられていた方がいたように記憶しています)。
 といいつつ、新潮文庫から出た新刊はまだ購入していなかったりするのです。折をみて買わないといけないな、と思っています。

 ご友人のこと、とても辛かったことと思います。ただ引き合いに出していいのか分かりませんが、「路傍の石」の最後でも、雑誌の発刊を巡って吾一と次野先生が対立してしまう場面があり、「先生は先生だ。おれはおれだ。どんづまりのところへ行けば、人間はやっぱり一人一人だ。先生のような人とだって別々だ」と述懐しています。どうしても譲り合えないものがあるのだろうと想像します。

 それでは、次回を期待します。こんなに遅くなってしまい、すみませんでした。それと、下らない質問を買いてしまったことをお詫びいたします。あれでは没になってしまって当然です。
No.239
37ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第395号 2021.4.20発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…眞子さまの婚約者・小室圭氏がいわゆる「金銭トラブル」に関する説明文書を発表した。愚民大衆やメディアは、小室圭氏が何をどうしても集団リンチを止めはしない。大衆はただ集団リンチが大好きなだけなのだ。小室氏がどんなに意を尽くした文書を書こうと、そんなものマトモに読む気などサラサラない。それほどまでに、愚民大衆は残酷・冷酷なのだ。小室氏の文書からわかる重要ポイントとは何か?バッシングする愚民大衆の潜在意識にあるものは何か? ※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…前回は、フィンランドで政府が国会に提出していたロックダウン法案に対して、憲法委員会から違憲判断が出たことをお伝えしたが、今週もまた、日本のマスコミが黙殺している重要なニュースをリポートしたい。ドイツで下された「マスク着用義務」についての違憲判決だ。さらにドイツでは1月にも、市民に対して社会的接触を禁止した条例に対して違憲判決が下されている。ドイツを「コロナ政策の優等生」と絶賛していたマスコミはこれをどう見るのか? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!日本人の女性は無警戒すぎる、という問題もあるのでは?マスクをする事で旅行でも何でもできるのなら、それもありなのでは?富士山が噴火すればコロナの話題も吹き飛ぶ?なぜ劇画は廃れたの?上野千鶴子氏の「フェミニズムは『弱者が弱者のままで尊重される』ことを求める思想」という主張をどう思う?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第416回「小室圭バッシングは愚民大衆の差別である」 2. しゃべらせてクリ!・第351回「の巻〈前編〉」 3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第210回「ワイマール地方裁判所のコロナ条例違憲判決の凄み」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第416回「小室圭バッシングは愚民大衆の差別である」  愚民大衆やメディアは、小室圭氏が何をどうしても集団リンチを止めはしない。大衆はただ集団リンチが大好きなだけなのだ。  小室氏がどんなに意を尽くした文書を書こうと、そんなものマトモに読む気などサラサラない。それほどまでに、愚民大衆は残酷・冷酷なのだ。  わしは小室圭氏の文章に赤線を引っぱりながら読んだが、ここで特に指摘しておきたいことが三点ある。   一点目は、元婚約者の「代理人」が弁護士でも何でもなく、週刊現代の記者だったということだ。  これは驚くべき事実だ。スキャンダル記事を書く側の人間に、当事者同士の話し合いの内容が全部筒抜けの状態になっていたわけで、そんなことが許されていいはずがない。  4月11日のゴー宣道場で倉持麟太郎弁護士が言っていたように、代理人と称して交渉に当たっていた人が弁護士でも何でもなかったということが事実であれば、 これは弁護士法違反の「非弁行為」となる疑いが強い。   二点目は、婚約破棄したのは男の方だったということだ。  しかも一方的に婚約破棄しておいて、その理由も語っていない。   男が一方的に理由の説明もなく婚約破棄したのなら、男が慰謝料を払わなければならないはずなのに、その男の側が「金返せ」と言い始めるなんて、全くありえないデタラメな話である。   そもそも、貸したお金だったら借用書を取っていなければならないのに、借用書も一切ないのだ。  元婚約者は今回、お金が一方から一方へ移動したという事実があるのだから、それは返さなければならないとか、わけのわからないことを言い出した。  別にお金に足が生えて勝手にトコトコ歩いて行ったわけじゃないだろう。自分の意思で渡したんだろう。移動したお金は返さなければならないというのなら、この世には「贈与」というものは存在しないということになってしまう。  およそ正気の大人が言っているとは思えない、子供の屁理屈にすらなっていない妄言である。   三点目は、これは小室氏にとって名誉の問題だったということだ。  借金じゃなかったものを、借金だったと認定されてしまったら、自分は借金を踏み倒そうとした女の息子ということになって、眞子さまはその妻ということになってしまう。だから、それは絶対に認められなかったわけだ。  小室氏がそう考えることは、全く真っ当である。  例えば痴漢冤罪をかけられてしまった場合、否認したら逮捕・勾留され、裁判にかけられ、自分の無実を証明するために大変な時間と費用と労力を必要とするし、それで無罪を勝ち取れるかどうかもわからない。だからもしそうなってしまったら、本当は無実であっても罪を認めて、お金を払って示談にして、さっさと終わらせた方がいいという考え方もあるだろう。  だが、お金には代えられない名誉があると考える人はいるのだ。   小室氏の場合は自分と母の名誉だけではなく、眞子さまの名誉まで関わっているのだから、なおさらのことである。  ところが、こんなことはテレビではほとんど誰も言わない。  どういうわけだか玉川徹は一貫して小室氏を擁護しているが、これは極めて珍しいケースだ。週刊誌に至っては、小室氏を擁護する論調は0%、完全に皆無である。  元婚約者の「代理人」がスキャンダルを書き立てる週刊誌の記者だという、誰もがびっくり仰天するはずの事実もスルーし、勝手に婚約破棄しながら慰謝料も払わず、それどころか借用書もないのに「金返せ」と言っている、世にも浅ましい男の側に全国の大衆が味方しているのだ。  あまりにもデタラメな状態である。少しでも常識があったらすぐおかしいと思うはずの異常なことが、なぜここまで堂々とまかり通ってしまっているのか、わしにはさっぱりわからない。 
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!