• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

magomeさん のコメント

今週も配信、編集お疲れ様です

日本政府、自民党の二枚舌ぶりと、橋下氏の根性なしっぷりには怒りを通り越して、あきらめを感じていますが、自国の戦時下における慰安婦の存在を丸ごと棚上げして日本の軍慰安婦を「姓奴隷」と非難している米国には心底怒りを覚えます。これまで、戦後の日本における「パンパン」朝鮮戦争やベトナム戦争での現地人慰安婦の存在を米国はどう思っているのでしょうか?これら連合軍や米軍が利用した慰安婦の存在は史実だけにとどまらず、「肉体の門」や「フルメタルジャケット」をはじめとする映画や小説にいくらでも出てきます。近年、米軍では軍内部における性暴行とそれによって生じる被害者の自殺の多発が深刻な問題となっていますが、これら性に対する問題を解決できない国が我が國の慰安婦を批判する資格があるのでしょうか?自分たちが選んだとされる政府は自国内では威張り散らし、威勢のいいことばかり言ってもいざ、相手が外国となるとたちまち、怯んで何も言えなくなってしまう。こんな人々が「坂の上の雲」や「経済成長」など、いっても、我が國にには活気など戻ってくるはずもありません。

泉師範の論文は事実の的を得ていると思いました。恐らく、安倍氏や橋下氏、その他多くの「慰安婦」を「姓奴隷」と見なした国会議員や評論家はまともに異性と付き合った経験がないのだと思います。近年は直接、風俗などで現実の女性と交わることもなく、ネットなどの仮想空間でことを済ませようとする人が増えているからこそ、遊郭や風俗に勤める人々について知らない、あるいは知ろうともしない人々が増えているのではないのかと思います。たとえ、国会議員や評論家が遊郭や風俗に頻繁に通っては事情を知っていたとしても議員、評論家やその支持者の多数が風俗や遊郭に勤める人々と全く交わりがないばかりか汚らわしい存在として一蹴するような、西洋の観点からして見ない方々であれば、河野談話の見直しはおろか、慰安婦の存在をまともに理解することも不可能でしょう。

國を守るためにも、我が國、日本独自における性の観点を今一度、見つめ直す時が来ています。
No.72
79ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第39号 2013.5.28発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、AKB48ブームから現代社会を掘り下げる(本当は新参ヲタの応援記!?)「今週のAKB48」、よしりんの愛用品を紹介していく「今週の一品」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、珍妙な商品が盛り沢山(!?)の『おぼっちゃまくん』キャラクターグッズを紹介する「茶魔ちゃま秘宝館」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「慰安婦正当化の意図ない」「旧日本兵の慰安婦問題を正当化しようという意図は毛頭ない」「慰安婦を利用した日本は悪かったんです」「日本は過去の過ちを反省し、慰安婦の方々に謝罪とおわびをしなければならない」…完全に後退した橋下徹の発言。日本も反省するから他の国々も反省しようという「心中作戦」は、果たして国際政治の場で通用するのか? ※慰安婦問題に関して、「女性の尊厳を傷つける」という言葉の前に沈黙する女性が大多数の中、作家・泉美木蘭さんが勇気ある論考を寄稿!橋下発言批判こそ、“女性をひとくくりにする女性蔑視”を孕んでいる!自称保守派のヘタレ達よ、刮目せよ! ※「よしりん漫画宝庫」は“大衆志向”小林よしのりが描く動物漫画を紹介中!ペットに選んだ動物はなんと…アメリカンバイソン、バッファロー!!“大衆志向”のはずが、やっぱり異形のキャラが暴走を始める!『忠牛ばっふぁ郎』が見せる新たな展開とは!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第41回「結局、河野談話に撤退した橋下徹」 2.  ☆特別寄稿☆ 泉美木蘭「橋下発言批判こそ、“女性をひとくくりにする女性蔑視”を孕んでいる」 3. 茶魔ちゃま秘宝館・#010「100億円札束ノート」 4. よしりん漫画宝庫・第39回「『忠牛ばっふぁ郎』②突進、突進、また突進!」 5. Q&Aコーナー 6. 今週のよしりん・第39回「『TVタックル』裏舞台での攻防戦!?」 7. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 8. 読者から寄せられた感想・ご要望など 9. 編集後記 第41回「結局、河野談話に撤退した橋下徹」  橋下徹は5月26日に出演したフジテレビ「新報道2001」で、歴史認識や慰安婦問題について論戦し、自民党国防部会長の中山泰秀衆院議員を前に 「(自民党は)侵略と植民地政策を認めて、周辺諸国に損害と苦痛を与えたことをおわびすると言っているのに、国内向けには(慰安婦の)強制連行はない、自虐史観はだめだと。この二枚舌がだめだ 」と批判した。  中山議員は「そんなことはない!」と語気を荒げたが何の説得力もなく、さらには「自民党が二枚舌なら、あなたたちは4枚舌、5枚舌だ。それだけ国のことに関与するなら、市長を辞めて国(国政)に出たらどうか」と、まるで子供のケンカのような反論をする始末だった。しかもこれでは「自民党は二枚舌」であることは認めたようなものである。  野党時代に「 河野談話の見直し 」だの「 自虐史観の克服 」だのと散々言い立てて政権を奪取しておきながら、橋下の慰安婦を巡る発言が物議を醸すと、アメリカ様が怖い、あるいは選挙で不利になりたくないという理由で、あっさり梯子をはずし、平然と「 女性の人権を傷つけた 」という 河野談話 のとおりの発言をするのだから、「二枚舌」と言われても文句は言えない。  ところがその橋下が、翌27日に日本外国特派員協会で行った記者会見では「 旧日本兵の慰安婦問題を正当化しようという意図は毛頭ない 」だの「 慰安婦を利用した日本は悪かったんです 」だの「 日本は過去の過ちを反省し、慰安婦の方々に謝罪とおわびをしなければならない 」だのと、何度も何度も繰り返すのだから、本当に呆れ果ててしまった。   橋下によれば、当初言っていた「 慰安婦は当時としては必要だった 」というのは、「当時の人はそう思っていた」と言っただけなのに、橋下自身が「当時は必要だった」と思っているかのように「誤報」されたと言うのだ。   つまり橋下自身は最初から、当時の人がどう思っていようと、現在の価値観で断罪して「 慰安婦は女性の権利の蹂躙であり、許されるものではなかった 」という意見だったというのである。完全な自虐史観ではないか!    そもそも、橋下は最初の発言では、 「当時は日本だけじゃなくいろんな軍で慰安婦制度を活用していた。あれだけ銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、そんな猛者集団というか、精神的に高ぶっている集団は、どこかで休息をさせてあげようと思ったら 慰安婦制度は必要なのは、これは誰だってわかる 」と言ったのである。  この発言に「今では許されないが、当時はそうだった」なんてニュアンスはない。「誰だってわかる」と言っているくらいだから、橋下自身ももちろんそう思っていたのである。   明らかに橋下はメディアに責任転嫁して後退したのだ。  橋下は「 反省 」「 謝罪 」を再三再四繰り返した上で、日本も反省するが、日本以外のどの国々にも戦場で女性の人権を蹂躙した事実があるのに、日本だけに「 Sex slaves(性奴隷) 」のレッテルを貼り、あたかもこれが日本だけに特有の現象であったかのように思わせることで、その事実に光が当たらなくなってはいけない、各国ともに戦場における「 女性の人権蹂躙 」の事実に真摯に向き合うべきだと述べた。   要するに、日本も反省するから他の国々も反省しようという「心中作戦」に出たわけだ。  そして、日本の慰安婦だけが特殊と思われているのは、日本が国家意思として女性を拉致・強制連行、人身売買したとする認識が広まっているためだろうが、そのような事実があったという証拠はないし、日本政府としてもその事実は認めていないと強調した。  その上で、国家による強制連行・人身売買がないのであれば、これはどの国の軍隊にもあったことであり、米英ではピューリタニズムのために軍の関与という形はとらなかったものの、現地の売春業者を利用していた事実があるとか、日本占領中の米軍も慰安所を利用していたとか、朝鮮戦争中の韓国軍にも慰安所があったといった具体例を挙げた。   だが、これを聞いて「よし!うちの国でも反省しよう!」なんて思う外国人などいるわけがない。  韓国でも朝鮮戦争中に慰安所があり、そこで働いていた慰安婦は、本当に拉致されて連れてこられた性奴隷だった。だがこの歴史的事実に関連する資料は「閲覧禁止」になっており、その事実を知る韓国人はほとんどいない。   どこの国だって、自分の国にとって都合の悪いことは何が何でも隠蔽し、平然と正義ヅラするのである。   そして「反省」を表明した国だけが、特殊な悪の国にされてしまうのだ。  
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!