• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

magomeさん のコメント

>>122 ここは論争の場ではありませんので、もし、本気で異議があり、論争をする気があるのであれば「ゴー宣道場掲示板」でお願いします。なお、こちらはこの返信を最後にこれ以上、返信は致しません。

>すみませんが、皇位継承と皇統の継承をどうして区別できるのでしょうか。
辞書を開けばわかりますが、「継承」とは「先代の身分・権利・義務・財産などを受け継ぐこと」であって、血統を受け継ぐという意味合いは含まれていません。

大辞林
けいしょう0 【継承】(名)
スル [1] 先の人の身分・権利・義務・財産などを受け継ぐこと。

また、現在における皇統(天皇の血統)はすでに天皇陛下が重要視している皇太子殿下、秋篠宮親王殿下にすでに皇子女が複数おられますので誰も問題にしておられません。だからこそ、論争の議題が「皇統継承問題」ではなく「皇位継承問題」となっているわけです。

>仮に女系継承と考えられていたら、先に斉明天皇の事が書かれるのでは
残念ながら、女系、男系の継承には「どちらが先」という意味合いは含まれていません。辞書を調べればわかりますが、皇位継承問題における本題と前例は史実において誰が誰に皇位を継承させているかであって、史書の記述の仕方は全く本題とは関係はありませんし、誰も記述の仕方についてこの本題では追及していません。

>古くは仁徳天皇皇后、有名どころだと光明皇后も一般女子です。また、孝明天皇・明治天皇・大正天皇の皇后も一般女子と

日本は君臣一体の國体を建國以来維持はしていますが、時代や地域によって身分や立場を厳密に分けてきた史実もありますので、身分の厳密性を省くことは歴史の歪曲に繋がります。よって光明皇后も孝明天皇・明治天皇・大正天皇の皇后も美智子皇后陛下のように民間企業の御令嬢ではありませんので、美智子皇后陛下以前の皇后陛下を同列に扱うこと自体、史実を正確に述べていることにもならなければ前例を述べていることにもなりません。「皇族以外の方々は皆、一般人」という解釈は戦後である現在でこそ通じると思いますが、神話から成る日本および皇室の歴史としては根拠がなく、前例を述べるには証拠が不十分であり、前例とはなりません。また、「皇族以外の方々は皆、一般人」を根拠に過去の例を持ち出すこと自体、現在の価値観で歴史を解釈するという、「歴史は当時の人々がどのように考えていたかを学ぶこと」から外れる行為であり、自虐史観である左翼、サヨクの歴史認識でもあることをこの場にて述べさせていただきます。

>それまでは男系が当たり前の継承と考えられ、論じられなかっただけ
男系が当たり前の継承であるならば明治時代の皇室典範および、現在の皇室典範と同じく中継ぎや男系女子を含む女性天皇の即位を絶対に認めず、史実にも中継ぎや男系女子を含む女性天皇の存在はまったく存在していないことになります。よって、男系が当たり前の継承と考えられていたのは大日本帝国憲法において皇室典範が作成された当時の都合であって、神話から成る日本の史実を表していることになりません。

>文字にする以上男系女系の区別をしておかなければならないのは当然でしょう。
過去にも文字であり基本法例でもある養老律令の継嗣令に法的拘束力を持って条文の一部を成す本注として皇位継承権のある親王に対して「およそ皇の兄弟、皇子をばみな親王とせよ(女帝の子もまた同じ)」と記されていることから男系女系の区別はしてはあるものの、女系も男系も認めていたこと双系であったことは明らかであり、明治時代から現在における皇室典範では基本法例でもある養老律令の継嗣令に記されている女帝の子を省いた形で現在に至ります。
よって、皇室典範で女系を公認すること自体は本来の皇位継承権の復興の意味合いが含まれているともいえます。
女性宮家創設が皇統維新であると述べる人がいるのもこのためだと思います。

>桂宮淑子内親王や2人の女性天皇は「男系女子」
確かに「男系女子」でありますが、天智天皇は女系男子であり元正天皇は女系女子です。そして、現在の皇室典範では桂宮淑子内親王や江戸時代における2人の女性天皇という前例すら認めていないところに問題があるのです。

>・まず、「世系」は天照からみた男系子孫の世代数を示したものなので、イザナキ・イザナミには記載されません。
そして、斉明天皇・天智天皇が同じ世系三十であることも、男系を元に記載されたもの

残念ながら、旧譜皇統譜を含む日本の系図は支那の影響で男系を優先して記す傾向が強く、旧譜皇統譜も男尊女卑が強かった明治時代に作成された系図ですので男系を優先して記す部分があっても何ら不思議ではありませんが、天照大神から見ているならば、本人を血統に含めず、男系絶対を元に記載されたならば、女性神であり、皇祖神である天照大神を血統である世系の第一に記すことはありません。
しかし、史実では天皇の祖先の神を示す皇祖神として、また旧譜皇統譜では血統の始まりであり、全てが子孫が属すことを意味している世系の第一に女性神であり皇祖神である天照大神を記している以上は皇統は完全に女性神から始まり、旧譜皇統譜および皇統譜に記される子孫は女性神に属することを意味する以上は皇室は女系公認の双系以外に解釈の余地はありません。
また、天照大神が世系の第一に記されている時点で、これはイザナミ、イザナギからみた視点という方が正解で、もし、天照大神から見た視点ならば、天照大神は第三者となり、イザナミ、イザナギのいように世系が記されていないこととなるはずです。
さらに言えば、正史の史書である古事記、日本書紀でも天照大神は天忍穂耳尊の親であり、女神と記されている以上は、皇統は天照大神から成る女系公認の双系としか成りようがありません。

(天照大神は天忍穂耳尊の親である例)
日本書紀 神代下
------------------
天照大神の子正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊、高皇産霊尊の女栲幡千千姫命を娶きたまひて、天津彦彦火瓊瓊杵尊を生れます。
------------------
時に天照大神、勅して曰はく、「若し然らば、方に吾が児を降しまつらむ」とのたまふ。且将降しまさむとする間に、皇孫生まれたまひぬ。号を天津彦彦火瓊瓊杵尊と曰す。
------------------

古事記
------------------
天照大御神の命もちて、「豊葦原の千秋長五百秋の水穂國は、我が御子、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命の知らす國ぞ。」と言よさしたまひて、天降りしたまひき。
------------------
ここに天照大御神、高木神の命もちて、太子正勝吾勝勝速日天忍穂耳命に詔たまひしく、「今、葦原中國を平け訖へぬと白せり。故、言依さしたまひし随、降りまして知らしめせ。」
------------------
(女性であるという例)
日本書紀 神代上
------------------
素戔嗚尊、請して曰さく、「吾、今教を奉りて、根国に就りなむとす。故、暫く高天原に向でて、《姉》と相見えて、後に永に退りなむと欲ふ」とまうす。
------------------

古事記
------------------
ここに天照大御神聞き驚きて詔りたまひしく、「我が汝弟の命の上り来る由は、必ず善き心ならじ。我が國を奪はむと欲ふにこそあれ。」とのりたまひて、すなはち《御髪を解きて》、御角髪に纏きて、(略)
------------------

>欧州の王室の例を出し「女系継承をすると姓が変わり、祖宗の大憲に反する。」との意見になります。
実は、これも間違いで、日本の皇室には姓がありません。また、日本における姓とは天皇が臣下に下嗣されるものであって、天皇には姓は元からありません。また、現在における苗字と同列に扱われる姓とも違い、かつて、天皇に下嗣されてきた姓も明治時代には廃止されています。
よって、皇室に皇族以外の男女が現在、嫁入り、婿入りしたとしても日本には姓が存在しないので、姓が変わることはあり得ません。苗字もまた、皇室の一員になれば消滅しますので同じです。

>その証拠に皇室典範義解には男尊女卑である事は一切書かれていません。さらにいうなら、女帝は中継ぎなので
時代がどのように変わるのか予想がつかないことから、皇室典範には「男尊女卑」という当時の都合を記さないのは当然であって、さらには女帝中継ぎ説は皇室典範を作成したときに、皇室を男尊女卑にするために作成した後付の理由にすぎません。
その証拠に孝謙天皇(称徳天皇)が即位したとき、本来、中継ぎならば決めておかねばならない次世代の天皇を誰にするのかだれも決まっていませんでした。

結論からして、これら男系とする理由は全て、明治時代の男尊女卑という都合で作られた皇室の史実に基づかない理由と後付を皇統男系固執者がさらに理屈にもならないこじ付けで述べた内容の域を出ていないことから、皇統を男系に限定する正当性はどこにもみられません。よって、君臣一体の史実と國柄に基づいている限り、日本の皇室は古代も現在も女系公認の双系と結論付ける以外にはできません。

結論からして、これ以上、ここで論争してもそれは皇統男系固執者の天皇陛下および皇室に対する視点が「天皇制打倒」をほざく、左翼、サヨクが述べる自虐史観における天皇と皇室と変わらないことから、もはやここでの論争は無用という結論に達しました。
また、これ以上のここでのこれ以上の論争はせっかく、お金を払ってみてくれる第三者である新参者の参加ができにくくなる環境を作ってしまう恐れがあります。もし、これ以上の異議があるならば「ゴー宣道場掲示板」にご参加されることをお勧めします。
小林師範、時浦師範代、岸端編集長、長文失礼しました。ご迷惑をお掛けしたならば、この場にてお詫びします。また、もし迷惑であり、不適切とされたならば説明もなく削除しても構いません。
No.133
78ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第43号 2013.6.25発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった“娯楽の数々”を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、珍妙な商品が盛り沢山(!?)の『おぼっちゃまくん』キャラクターグッズを紹介する「茶魔ちゃま秘宝館」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※極めて重大な局面に突入している「皇位継承問題」。事態は、男系カルト派「さる有識者」の暗躍による、宮内庁、政府関係者、マスコミを巻き込んだ、前代未聞の「謀反」という最悪の状況に。今週の「ゴーマニズム宣言」から、日本の命運を賭けた死闘が始まる! ※読者を“文化の窓辺”へと誘う新連載「カルチャークラブ」をスタート!!記念すべき第1回、取り上げるのは、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『華麗なるギャツビー』!ギャツビーで読み解く女の真実と、AKB48を巡る意外な共通点とは!? ※隠れた名作をご紹介する「よしりん漫画宝庫」。“普通”のキャラを描こうとしても、どうしても暴走する異常者になってしまう…そんな、自身が“ナチュラルに普通じゃない”よしりんが「それなら最初っから奇想天外な話を描こう!」と始めた作品『次元冒険記』。果たして、どんな次元まで行ってしまうのか!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第44回「皇室消滅をもたらす謀反が起こっている」 2.  ☆新連載☆ カルチャークラブ・第1回「華麗なるギャツビー」 3. しゃべらせてクリ!・第5回 4. よしりん漫画宝庫・第43回「『次元冒険記』①よしりんのSF奇想天外!」 5. Q&Aコーナー 6. 今週のよしりん・第42回「よしりんの秘書は『アホ』なのか?」 7. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 8. 読者から寄せられた感想・ご要望など 9. 編集後記 第44回「皇室消滅をもたらす謀反が起こっている」  皇位継承問題は、極めて重大な局面に突入している。   以前から「女性宮家創設」を宮内庁長官と前侍従長が共に訴えている以上、これが天皇陛下のご意思であることは明らかだった。  そして男系に固執する自称保守派はそれが決定的に都合の悪いものなので、口を揃えて「陛下のご意思を忖度してはいけない」などと頓珍漢なことを言っていた。  ところがいつの間にやら最近の女性週刊誌等では、女性宮家創設が天皇陛下のご希望であることを当然の前提として書いている。「週刊新潮」も「 女性宮家の創設は両陛下の強いご意向 」と宮内庁の風岡長官が安倍首相に伝えたと報じた。  宮内庁は週刊新潮が報じた風岡長官の発言について「事実無根」と抗議しているが、それは当然である。憲法の制約で皇位継承問題が国会案件とされ、天皇陛下がご意見できないことになっている以上、宮内庁長官が「両陛下の強いご意向」とストレートに言うわけがなく、こんな記事が出たら「事実無根」と言うしかない。  だがそれは「女性宮家創設は陛下のご意思ではない」ということを意味するものではない。風岡長官はストレートな表現は決してしないが、聞けば誰でも「陛下のご意思」と推察できるような官僚一流の言い回しをしたはずである。わしには100%の確信がある。  今や尊皇心のある国民には 「女性宮家創設は両陛下の強いご意向」 という暗黙の了解が進んできた。そしてこれに焦った男系固執派の人物が、無知な一部週刊誌を騙して異常な世論操作を進めている。  その第一弾が週刊新潮6月20日号の「 『雅子妃』不適格で『悠仁親王』即位への道 」という、巻頭7ページにも及ぶ極悪記事だ。  宮内庁が皇室典範改正を安倍内閣に申し入れており、その内容は、皇太子殿下がご即位後、比較的早い時期に退位し、継承順位第2位の秋篠宮殿下も即位を辞退、悠仁親王殿下が即位できるようにするものだというのだ。   これは、雅子妃殿下が皇后になるには「不適格」なので、一足飛びに悠仁さまを天皇にしようというプランであり、しかも天皇陛下はじめ皇太子殿下や秋篠宮殿下もご了承しているとまで、その記事は書いている。   絶対に、ありえない。  本当にこのプラン通り、 本人の意思で「退位」や「即位の辞退」が認められる制度になったら、もし悠仁さまが「即位を辞退する」と言ってしまえばもうオシマイ、日本から天皇が消滅してしまう!!   天皇の存在を極めて不安定にしてしまうようなバカげたプランを宮内庁が提案し、天皇陛下はじめ皇族方が賛成されるなんてことは、1万%ありえないのである!   このヨタ記事には案の定、宮内庁が内閣官房と連名で、文書で正式に「事実無根」として厳重抗議し、訂正を要請した。  風岡宮内庁長官は「 このようなことは一切なく、強い憤りを感じている 」とまで表明し、菅官房長官も「 皇位継承という極めて重要なことがらで国民に重大な誤解を与える恐れがあり、極めて遺憾 」としている。  記事で「提案した」とされた側と「提案を受けた」とされた側の双方が揃って否定したのだから、よほどの証拠を出さない限りデマ確定である。  ところが週刊新潮は翌週6月27日号で、抗議を完全に無視し、記事が真実であるという証明も一切しないまま、前週のヨタ記事の内容をあたかも既成事実のように繰り返す「続報」を載せた。新たな証明がない時点でデマ確定なのに、無視して居直るのだから悪辣この上ない。  一方「週刊ポスト」6月28日号には「 宮内庁内でも議論噴出!『秋篠宮を摂政に』は是か非か 」なる記事が載った。  将来、皇太子殿下が天皇になられる際、皇后となる雅子妃の公務負担を軽減するため、 秋篠宮殿下に摂政に就任していただくべきとする意見が「宮内庁内部や一部の宮家関係者」などの間で出ているというのだ。   これも、絶対にありえない。   これは「 摂政 」とは何なのかを全く知らない不見識者の暴論としか言いようがない。  古代、推古天皇の補佐のために聖徳太子が摂政になったとされるが、それはここで問題となる皇室典範に定められた摂政とは異なる。   摂政とは、天皇陛下が未成年か、もしくは憲法に定められた天皇の国事行為を行えないような心身の状態が長く続く場合に限って置かれる、天皇の代行のことである。  わかりやすい例では、 大正天皇のご病気が重篤になられた際に、皇太子(後の昭和天皇)が摂政に立たれている。   天皇に成り代わり、天皇の役割をほぼ100%代行するのが摂政であり、天皇が健康なのに、皇后が病気だからその負担軽減のために摂政を置くなんてことは絶対にないのだ。  ところがこの記事中で、こんな愚にもつかない意見に対して「いま考えられる最も現実的な選択肢だ」と大賛成のコメントをしている無知な知識人がいる。「神武天皇のY染色体」の信仰を広めた宣教師、八木秀次だ。  八木は秋篠宮・同妃両殿下が海外をご訪問する際も「摂政宮とその妃という立場ならば重みが生まれ」るなんて発言をしているが、 摂政とは「箔をつける」程度のために立てられるものではない!  繰り返すが、摂政を立てるのは、その時の天皇が天皇の役割を果たせない場合に限られる。 皇太子殿下が天皇に即位したら摂政を立てようというのは、皇太子殿下には天皇の役割を果たす能力がないと言っているのと全く同じであり、これほど不敬な発言はないのである!!  新潮の記事もポストの記事も、皇太子殿下を完全に蔑ろにしているという点で共通している。   皇太子殿下が次代の天皇になられても、ご在位を短期に終わらせるか、形骸化させようと意図しているのである。  高森明勅氏は、これを「 皇位の尊厳に挑む、まさに万死に値する『謀反』 」と断じている。   以前から「天皇陛下のご学友」による「廃太子論」とか、山折哲雄の「退位」勧告とか、その他自称保守・自称尊皇の言論人による「皇太子バッシング」が続いているが、これらもその一環である。   「皇太子バッシング」をやっている者たちは、要するに「 自分は皇太子よりも秋篠宮の方が好きだから、秋篠宮を天皇にしたい 」と言いたいのだ。 自分の好き嫌いで皇位継承者までも決められると思い込んでいる、「国民主権病」の極致である。  今回の週刊新潮のヨタ記事に書かれたような皇室典範改正がもし実現し、本人のご意思で退位や即位辞退が可能になったら、皇太子殿下に「即位辞退」を求める署名活動やデモが起こりかねない。あるいは「皇太子派」と「秋篠宮派」に国民が分断され、激しい対立が起こることだってありうる。  大衆は常に無責任で、小泉構造改革を熱烈に支持した者が、次に民主党への政権交代を支持し、その次に安倍政権を支持し、どんどん社会を不安定にしてしまう。   天皇はそんなポピュリズムを超越した権威を持っていることに決定的な意味がある。これは社会を安定化させ、民主主義の暴走を抑止する、伝統に育まれた大切な智慧なのだ。   ところが今や、保守を自称する者が天皇を自分の好みで決めたいと主張し、天皇の存在までポピュリズムにさらして、歴史に培われた天皇の存在意義を破壊しようとしているのである!  しかも今回は秋篠宮殿下も飛び越して、一気に悠仁親王殿下を即位させようというのだ。わしはそこにもう一つの魂胆を感じる。  
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!