• このエントリーをはてなブックマークに追加

るりまささん のコメント

よしりん先生、みなぽん編集長&トッキーさん、配信ご苦労様でした。
参院選後、虚脱感に襲われてしまいました…自民圧勝に不安しかありません。
けれど、被災地で次々と自民党が勝利する姿を見て…わからなくもない、とも思いました。1年半でどの程度復興が進んだのでしょう?更地は増えたけど、その後は?な姿がまだまだ多いです。阪神と比べるのが間違いと思ってもやっぱり比べてしまいます。。。
でもでも、やっぱり自民の口車に国民が騙されてる!いや、騙されていることを承知しつつ、それしか方法がないと思いこもうとしている!!
「その先の日本」を真剣に考えなければならなかったのに、考えることを放棄した国民へのツケはどのように回ってくるのでしょう…選挙の翌日にはTPP交渉、原発の汚染水の海洋への漏れなどが多少ニュースになりました。本当は外国の世継ぎ誕生よりも大きく報道してもらいたいものですけど、テレビには期待しちゃだめですね。
選挙中から一県狙い的な集中豪雨が頻繁におきてますが(我が県…断水はいつまで続くの~?)、最近はもっと広範囲になってます。東京も大変でしたね。週明けにはやっと解消するようなので、それまで大きな土砂崩れなど起きないことを願ってます。
ライジング読者のみなさんも、いろいろと気をつけてくださいね!
No.69
111ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第47号 2013.7.23発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった“娯楽の数々”を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、珍妙な商品が盛り沢山(!?)の『おぼっちゃまくん』キャラクターグッズを紹介する「茶魔ちゃま秘宝館」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「小林よしのりは非情で親不孝者」なのか!?今週の「ゴーマニズム宣言」は、小林家の真実を恐ろしいほど赤裸々に明かした驚愕の一本!!小林家の母子関係から、親子・家族の真実、そして死生観を問う!! ※読者からの質問に、よしりんが直接答える大人気「Q&Aコーナー」。好きな歌&嫌いな歌は?正統性のある皇帝を掲げる売国奴と、正統性のない皇帝を偽装して国を守る朝敵、どちらに軍配を上げる?「バカヤロー!」発言の真意とは?スーパーにまで浸透する自主規制問題!?…等々、どんな質問にも明快回答!! ※好調なスタートを切った新たな連載「よしりんウィキ直し!」。第2回は「略歴編その2」ということで「高校時代-デビュー前」「東大一直線とその後の苦闘」「おぼっちゃまくん以降」を添削!今回もやっぱり間違いだらけだった!! 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第48回「母の死期が迫った今こそ、会いたくない!」 2. しゃべらせてクリ!・第9回「ぽっくんの海上選挙運動!の巻」 3. よしりん漫画宝庫・第47回「『おーっと、フル・タッチ!』貴重なる、時代と熱狂と創作衝動の記録」 4. よしりんウィキ直し!・第2回「『略歴』編・その2」 5. Q&Aコーナー 6. 今週のよしりん・第46回「へろがはれて、ひたひんよ。」 7. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 8. 読者から寄せられた感想・ご要望など 9. 編集後記 【生放送予定】 http://live.nicovideo.jp/watch/lv145676444   26日(金)21:00 からニコニコ生放送!  テーマ: 「最近『じぇじぇ!』なこと」 (よしりんに、きいてみよっ!#23)  小林よしのりと泉美木蘭の制御不能トーク!  次回の生放送は参院選の翌週…といっても、この話題で盛り上がるかどうかわからないし…  ということで、よしりん先生の最近のお楽しみ『あまちゃん』の話題などもはさみつつ、最近「じぇじぇ!」と驚かされたことについて話そうという予定です。  何の話題が出てくるかは、当日フタを開けてみなければわかりません!   お見逃しなく!   第48回「母の死期が迫った今こそ、会いたくない!」  なんという非情だと思うだろうが、仕方がない。世間体に沿って直ちに帰省し、母の手を取って「 お母さん!最後まで看取ってやるからね! 」などという演技をわしが出来るはずがない。  母がガンになったと言えば、世間的には悲報に感じるかもしれないが、全然気にしなくていい。  60歳のわしに母親がいることが不思議なくらいで、80歳でガンなら普通に寿命ということだ。  医者は「 余命半年、いやいや一年かな 」と言ったらしい。母は早速医者に息子は漫画家の小林よしのりだと言ってるから、その息子が全然病室に駆けつけなくて、きっと怪訝な様子だったことだろう。  どうせ老人のガンはそんなに速く進行しないし、本格的に床に臥せれば、帰省して会ってやろうとは思っている。まだまだその時期ではない。  母は検査入院から退院して2日後にはもうカラオケで大熱唱していた。  娘(わしの妹)から、ガンの様子について、「 レントゲンで見たら、まだ米粒くらいだった 」と聞いた途端に、母は我欲がマックス!きよ友(氷川きよしファンの友達)を呼んでおしゃべりを楽しみ、8月には熊本のコンサートに出かけることを決定、チケット購入を娘に依頼した。  医者は自力で家事くらいやらなければいけないと忠告しているのだが、母はガンで体がつらくて出来ないと言う。   母はガンを口実に家族や親せきに甘えまくって、よりどん欲に快楽を貪る決意を固めたようだ!  妹が母に呼び出され、炊事・洗濯など身の回りの世話をやらされるのに疲れ果てていた。妹にも家庭がある。  母が自分の身の回りのことが出来ないと言うから、妹や親戚一同が探し回り、環境のいい、妹の自宅のすぐ近くの介護施設を見つけて予約を入れた。自分の家に来てもいい、面倒を見てやるという親戚もいた。   だが母はやっぱりわしが買ってやったマンションに戻ってきて、介護施設は解約しろと言う。  なぜ介護施設に移らないのか?   理由は簡単で、氷川きよし以外のことにカネを使いたくないからだ!  介護施設に移れば、貯金を切り崩し、年金を毎月充当しなければならない。今までのように、氷川きよしにカネを注ぎ込むことが出来なくなる!  現在住んでいる広くて、眺望が良くて、快適なマンションは、きよ友の溜まり場と化し、一度会っただけで顔も覚えてないきよ友まで呼んで、宿泊させたりしている有り様だ。  母は今後も全国のきよしのコンサートに駆け回るつもりだろう。  母がきよしのコンサートに行くときは、雨の日も風の日も雪の日も、出待ち、入り待ちまでするから、ものすごい体力を使う。今年6月は2回も上京して、さすがに体調を崩したことから、ガンが発覚したのだ。   父が他界した時、わしも妹も遺産相続を辞退した。したがって母は数千万円の貯金があるし、年金もあるし、住居はわしのマンションだから悠々自適、氷川きよしに湯水のようにカネを注ぎ込んだ。少なくとも1千万以上は注ぎ込んだだろう。いや、2千万かもしれない。  母の浪費癖は、生前の父も大いに懸念していたが、氷川教に嵌って手が付けられなくなった。  いつしか母は、「おカネなくなってもいいやろ?」と言い出した。貯金ゼロになっても最後は面倒見てねと、息子におねだりしているのだ。  はっきり言って、冗談ではない。わしだってスタッフ5人を抱えて、出版不況の中、必死で戦っている。  本が売れるときは数千万の単位で儲かるが、売れないときは数千万の単位で赤字が積み重なっていく。漫画家はバクチのような稼業で、最後は破綻ということだってある身分だ。  母が老後を自力で計画建てられるように、父は貯金を残し、わしはマンションを買ってやり、遺産相続も辞退して、おカネを送ったりしていたのに、カネは全て氷川教のお布施に消えていく。   まるで統一協会に嵌ってお布施を繰り返して、家庭崩壊させた叔母(母の妹)にそっくりだ。   母は、労働力は娘を酷使し、カネは息子にたかり、自分の全財産は氷川教のお布施に使うつもりである。  「そんなことは許されない。貯金のあるうちに介護施設に入れ。」と言うと、 「 子供なんて生むんじゃなかった!子供なんて何の役にも立たない!ガンになったのにカネの話をするなんて!よしのりは私が家も土地もやらんと言ったことをまだ恨んでたんやね! 」 と言い出した。  
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!