• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

magomeさん のコメント

>>50 トンヌラさん

其方の主張ですが、そちらの言う「政治」は典拠の付いていない主張なので読んでいません。さらには、件の主張も小林氏師範の著作等からの引用を基にしていないことから証拠不十分で読むに値しない内容と捉えてよろしいということなのでしょうか?

ちなみに、世界大の「公」は小林師範は認めていませんし、これは「戦争論」や「反TPP論」にも記されていることです。世界大の幸せのための政治利用というのも其方の言う「典拠の付いていない主張」であり「引用を基にしていないことから」全く根拠のないものとなります。

それと、wikipediaはwiki直しがライジングで行われているように、wikipediaの基となった典拠から引用していないために読み飛ばされやすいこともここで述べさせていただきます。

「女性天皇の時代」では元正天皇の太上天皇としての将来の行く末の苦労、前例のない女性初の天皇である推古天皇の即位と柵封体制からの脱却までの労力、天智天皇系の系統の安定化と争奪争いのために女性天皇を中心とした数々の苦労と國体と皇位継承の安定化を作り上げていくために費やした労力が著書を通して読み取れました。内容をこれ以上、詳細に書くと著書の売れ行きに影響を及ぼしますので敢えて書きませんが。

「四方の海 みなはらからと 思ふ世に など波風の 立ちさわぐらん 」についても「戦争論3」で小林師範が取り上げていますが、そのように願っても風波は否応なく外から襲ってきますし、近代ではペリー来航がその始まりと言えるでしょう。最終的にその派風は臣下たる政治を行う者を含む我々國民が止めねばならず、臣下である身で天皇陛下を政治利用するなど天皇陛下と中心とする我が國の國柄に大いに反します。そして、天皇陛下の政治利用を含む、政治にかかわる時とは結局は國民も政府も機能しない戦後の混乱期によって生じてしまうことであると考えます。このことについては小林師範の著書である「昭和天皇論」で詳細に記されています。詳細に引用されることを望むのであれば其方が著書を読んでいただいた方がよろしいかと思います。

詳細を述べることによって小林師範の著作の売り上げを減らすようなことはしたくないので。

小林師範の著作を読んでいれば「世界大の公」などは存在しないとお分かりいただけるかと思いますし、世界の平和と繁栄とはなんなのか、せめて自説を述べていただかなければなにを主張したいのか書いた本人以外は永遠に解らないでしょう。
No.51
73ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
号外 2013.9.13発行 東京五輪 PART2.「確実に皇室の政治利用をした安倍政権」  オリンピック東京招致決定の馬鹿騒ぎにすっかり紛れてしまったが、決して見過ごすわけにはいかないことがある。   安倍政権は、五輪招致活動に皇室を平然と利用した。  3月4日には 皇太子殿下 が、開催候補都市視察に訪れたIOC評価委員会メンバーを初めて接見された。   この際、宮内庁は「 皇室は招致活動に参加しない 」という方針から「 ご接見はあくまで国際親善が目的 」との姿勢を貫いていた。  しかしさらに安倍政権は開催都市を決定するIOC総会への 高円宮妃久子殿下 の出席を要請した。皇族がIOC総会に出席するのはもちろん初めてだった。  風岡典之宮内庁長官は記者会見で、下村博文文科相が宮内庁を訪れ「IOC委員がそろった場で震災復興のあいさつをお願いしたい」と要請したことを明かした。  文科省の方から、スピーチ後は壇上を離れるなど、宮内庁側への配慮も示されたことから「 時間もなく、内閣の一員としてぎりぎりやむを得ないと判断した 」と風岡長官は説明している。  また風岡長官は「 招致活動と受け取られる懸念はあったが、苦渋の決断をした 」と言い、さらに 天皇、皇后両陛下に報告した際、これまでの皇室の対応との違いから「両陛下も案じていらっしゃると感じた」と異例の発言をした。  わざわざこの時期に地球の裏側のブエノスアイレスまで出かけて、オリンピック開催地を決定するIOC総会に出席して、プレゼンテーションの壇上でスピーチして、 「でもそれは東日本大震災支援への感謝を表すスピーチだから、五輪招致活動とは無関係」なんて言い訳が通用すると安倍政権は本気で思っているのか!?  そもそも、招致活動に役立つと見て「復興五輪」をアピールしている一方で、震災復興支援への感謝を表すスピーチは五輪招致活動とは無関係ということにしようと思える神経が信じられない。 ここにも、安倍政権は被災地のことなど何も考えておらず、ただ五輪招致の道具として都合よく利用しようとしか考えていないことが露呈している。   これは明らかに、ついに一線を越えてしまった皇室の政治利用であり、風岡長官の異例の発言も当然と言える。   だが菅官房長官は「 宮内庁長官の立場で両陛下の思いを推測して言及したことは非常に違和感を感じている 」と発言。 これを受けて産経新聞は9月6日付のコラム「産経抄」で、次のように風岡長官を批判した。 菅義偉官房長官の口癖通り、非常に違和感を覚えたのは、風岡典之宮内庁長官の発言だ。「天皇、皇后両陛下もご案じになっているのではないかと拝察している」。「陛下のお気持ち」を持ち出すのは、君側(くんそく)の奸(かん)の常套(じょうとう)手段である。  じゃあ何か?  天皇陛下は高円宮妃のIOC総会出席を実は喜んでおられたのに、風岡長官が勝手に陛下の思ってもいないことを言ったとでも言うのか? 一体、何のために?   オリンピックは紛れもなく「 政治 」である。  その代表例が、ナチスの威信を内外に誇示するために最大限に利用された ベルリン五輪 や、ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議して西側諸国がボイコットした モスクワ五輪 である。   そしてオリンピック招致は、多額の予算を湯水のように使い、世論操作を図り、国と国で利権のぶん捕り合いをする、政治闘争以外の何物でもない。   そんな場に皇族が利用されるようなことになれば、天皇陛下が案じられるのは当然である。   これは確信を持って言えることだが、天皇陛下は風岡長官に、事態を懸念する何らかのお言葉をおっしゃったはずである。   だがそれを直接公表するわけにはいかないから、あえて「推測」としているだけだ。   宮内庁長官が天皇陛下のお気持ちを勝手に想像して話すことはありえないと断言していい。   宮内庁長官を「君側の奸」と非難し、その発言を否定するのは、天皇陛下のご意向を無視したい「奸賊」の常套手段である。  さらに奸賊「産経抄」は次のように書いている。  
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!