• このエントリーをはてなブックマークに追加

teatea00さん のコメント

女性もコマなら自衛隊員もコマと思われているのでしょうか?
「自衛隊員は、天皇陛下の(大事な大事な)子であって、総理大臣のコマではない」と言いたいです。
No.15
104ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第91号 2014.7.1発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった“娯楽の数々”を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、珍妙な商品が盛り沢山(!?)の『おぼっちゃまくん』キャラクターグッズを紹介する「茶魔ちゃま秘宝館」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…東京都議会の女性蔑視ヤジ問題、世界の報道機関が目を向ける中、自称保守、自称愛国者、ネット右翼は「大した問題ではない」と言い、あろうことか女性蔑視ヤジ議員を擁護し、女性議員の方を叩いている。男尊女卑で、女性の人権など意に介さないのが「愛国者」なのか?皇統問題で「男系固執」「女系否定」の安倍政権が掲げる「女性の地位向上」や「女性の活用」は信じられるのか?ナショナリズムの観点から見ても「男尊女卑」は温存させておくべきではない!日本の危機的状況から目を逸らすな! ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!AKB48で一番多く握手をした大島優子の卒業と、握手会の中止が重なったことをどう考える?都議会のセクハラ野次問題と塩村議員の過去は関係ある?“きちゃないオッサン”にならないためにはどうしたら良い?塩村議員を「つまらない女」というのも女性差別では?新撰組はどのように捉えている?先生が「天才の孤独」を感じるのはどんな時?…等々、よしりんの回答や如何に!? ※『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて、一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてくり!」。安倍しゃんがお友だちの皆しゃんと勝手に決めてしまった、集団的自衛権の行使容認。ぽっくんは堂々と“個人的自衛権”を発動するぶぁ~い!!   【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第92回「男尊女卑の女性活用を信じるか?」 2. しゃべらせてクリ!・第52回「ぽっくん的自衛権を行使さ戦車い!の巻〈後編〉」 3. よしりん漫画宝庫・第69回「『ろまんちっく牛之介』③血まみれろまんちっく・愛は戦いである!!」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 読者から寄せられた感想・ご要望など 7. 編集後記 第92回「男尊女卑の女性活用を信じるか?」  女性に対して媚びを売ったり、かっこつけようとしてるわけではない。東京都議会の女性蔑視ヤジの光景を見て、これほどまでに男尊女卑は、強烈に生き残っていたのかと驚嘆してしまったのだ。   男女平等とか、草食男子とか、すべてまやかしだった。  あの議員たちはジジイではない。わしより若い男たちばかりである。その連中が「公」の場、都議会場で「集団レイプ」のようなマネをしている。  他の議員は、集団レイプされてる女性を激怒して止めるどころか、次々参加するか、薄ら笑いを浮かべている。  さらに女性議員もいるにも関わらず、集団レイプを止めようとしない。事件が表沙汰になったあとも、レイプ犯どもを匿っている。  こんな気色の悪い光景があろうか?全員逮捕して、首を吊るしたいくらいだ。  議会において、こんな野蛮な事件があれば、世界の報道機関が目を向けるのは当然で、普段「国益、国益」と言っている自称保守、自称愛国者、ネット右翼は「 大した問題ではない 」と鈍感なままである。  マスコミをマスゴミと呼び、マスコミの逆張りの意見を言うことしか能のないネット右翼は、あろうことか女性蔑視ヤジ議員を擁護し、女性議員の方を叩いている。  ネット右翼の価値観の基準は「 アンチ・マスコミ 」と「 強烈な男性優位 」らしいが、 男らしさとは何か 、 「マッチョ」とは何か すら考えた気配がない。  女性蔑視ヤジ男・鈴木議員は、尖閣に上陸して愛国者を気どっていたわけだが、尖閣に上陸したり、好戦的なタカ派発言をしたりさえすれば「愛国者」で、勇敢な「マッチョ」という単細胞な価値判断はうんざりする。  石原慎太郎や田母神俊雄が「マッチョ」という反知性主義はそろそろ侮蔑されるべきである。  一度は記者たちに「寝耳に水」ととぼけ、犯人は議員辞職すべきとまで言っていながら、逃げられなくなったら「 誹謗するためではなかった。早く結婚してほしかったから 」とアホそのものの言い訳をして、議員は続けると言い、しかも他のヤジ議員たちの名前は隠し通す。   この卑怯者のどこが「マッチョ」か?  報道ステーションが野次の分析をして、明確な音声を抽出していたが、 「 自分が早く結婚した方がいいんじゃないか? 」 「 自分が産んでから 」   「 先生の努力次第 」 「 やる気があればできる 」 「 産めないのか? 」 ・・・などの暴言が聞き取れ、まるで山賊みたいに、下卑た笑い声が混じっていた。塩村議員が「楽しんでいるようだった」と言っていたが、まさにその通りだ。  集団レイプを楽しむ男、それを見て見ぬふりする男女しかいなかった。 「男は弱い女を守るもの」 (フェミニズムから見たら噴飯ものだろうが) という最低限の「マッチョイズム」も発揮されなかった。  政治家のくせに、晩婚化・少子化という日本の危機を、本気で考えるつもりもなく、「 女がさっさと結婚すればいいだけ 」としか考えてないのは、国家の永続を妨害する国賊である。  そんなこともわからない人間が「愛国者」であるはずがない。  これらのヤジ暴言は海外メディアで「 セクハラではなく、女性への差別 」と報道され、日本は女性の人権が軽視されている国として世界中に宣伝されてしまった。   このイメージは慰安婦問題と確実に結びついてしまう。日本は「女性の人権」を意に介さないタリバンみたいな男に支配された国だと。  もちろん、河野談話の「見直し」など益々出来ない事態になった。  これを大した問題ではないと決めつけ、意にも解さないようでは、愛国者からはあまりに遠い。  皇位継承問題で、「男系絶対固執」を主張してる連中と、今回の都議会の女性蔑視ヤジを支持してる連中は重なっている。  女性に対するあのような蔑視感覚は、もはや単なるフェミニズムやヒューマニズムの観点から見た悪というだけではない。   ナショナリズムの観点から見て、男尊女卑は「国賊」なのである!  
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!