• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

magomeさん のコメント

>>109 の書き込みについての感想を書こうかどうか迷いましたが、周囲の異常ともいえる小保方博士(小保方氏は博士号が取り消されましたが理数系、理工系の学問に携わった経験と周囲の状況を見れば十分に博士の資格があるとみて、「小保方氏」ではなく、「小保方博士」、もしくは「博士」と書かせていただきます)を取り上げた報道を見て、やはり書くべきだと判断しました。 

小保方博士を取り上げた報道を見ると、恐ろしいまでに博士の今回の実験方法と試験環境の状況を詳細に調べて取り上げた報道が皆無であることに、気付かされます。この状況はどこの偏見報道や捏造報道でも見られる「結論ありき」の報道姿勢ととても似ています。

通常、再実験を行うにしても実験操作や実験環境が適正か否か?監視員、相談相手、指導員を含む人員が適正か否か周到に調べ上げなければならず、ましてや前例のない革新的な実験であることから1~2年で再実験に取り掛かることは難しく、ましてや相談役となっていた笹井博士が故人となってしまっては実験の一次停止と再実験に取り掛かる為の再編成が絶対に必要となります。その間に博士も別の実験を行うことによって研究職を続ける傍ら経験を積み重ねて次の機会のために戦力を温存させておく必要があるのです。

研究所などの実験でも当初掲げた目的とかけ離れた実験の結果が生じてしまうことから実験の本題を途中で切り替える、もしくは一時停止してしまうことは度々あり、同じ試験で別の目的と結果をまとめて発表することは度々あることで、この本題と目的の変更には必ず指導者を含む共同担当者の助言や相談が必要となります。今回の再実験には果たして、このような実験環境が整っていたのかどうか、甚だ疑問に思えてなりません。

かつて、小林師範が責任編集をして立ち上げた季刊誌「わしズム」の創刊号で創刊の理由を掲げていましたが、それは「全く違う価値観の書き手が、一つの雑誌の中で正反対の事を主張する『価値相対主義』では、満足いかない。だからといって、全員同じ方角を向いて同じことを言う『全体主義』もつまらない。わしはバラバラに投げ出された価値の中から真実に迫る価値を探し出して束ねたいと思う」と述べていました。

今回の小保方博士に対する報道姿勢はどう考えても「再実験正当ありき」で博士が「不正ありき」の「全体主義」が蔓延っていて、嫌韓、嫌中差別運動やかつての「国家による従軍慰安婦奴隷狩り強制連行」の時と同じで、今回の報道に異議を唱えようものなら「ホロコースト否定論」や「宮崎勉、オウム冤罪論」と同列に扱われてしまうようで、とても不安に感じます。

私自身、某SNSでー 小保方晴子さんを支持 ーに署名させていただきました。これは「価値相対主義」ではなく真実に迫る価値を探すための環境を自ら手放して破棄したくないためです。

「価値相対主義」は許せませんが、「全体主義」ほど警戒しなければならない言論空間も他にはありません。貴重な人材と今後の研究者の将来のためにも小保方博士を「生贄」にさせるな。
No.111
58ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第113号 2014.12.16発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった“娯楽の数々”を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、小林よしのりに関するWikipediaページを徹底添削「よしりんウィキ直し!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…12月14日、衆議院総選挙投票日に開催された「第45回ゴー宣道場」。評論家の岡田斗司夫氏をゲストに迎え「道徳教育は可能なのか?」をテーマに刺激的な議論が行なわれた。安倍政権はなぜ「道徳」を「教科化」しようとしているのか?「損得勘定」で道徳は身につくのか?また今回の総選挙も徹底分析!果たして今の日本社会において「いい人に見られた方が得をする」という「道徳B」は成り立つのか? ※「ザ・神様!」…海の神・ワタツミから授かった、恐ろしい滅びの呪文と水を操る二つの玉で、兄・ウミサチを懲らしめ自分の家来にしてしまったヤマサチ。ようやく兄弟喧嘩は一件落着し山での生活に戻ったものの、何か大事なことを忘れていないか…!? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!18歳、初めての失恋、どうしたら良い?高橋みなみの卒業、今後も48グループに「総監督」というポジションは必要?石田ゆり子・永作博美・大島優子のうち誰か一人と不倫できるとしたら誰がいい?「再生可能エネルギー発電は自然を破壊する」説をどう思う?大晦日の『笑ってはいけない~』、一番面白かったのは何?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第111回「道徳教育と総選挙」 2. しゃべらせてクリ!・第73回「茶ンタが街にやってきたぶぁ~い!の巻〈前編〉」 3. もくれんの「ザ・神様!」・第47回「女の豹変、エクソシスト ~豊玉姫と木蘭姫~」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 読者から寄せられた感想・ご要望など 7. 編集後記 【生放送予定】 http://live.nicovideo.jp/watch/lv203009042 「よしりんに、きいてみよっ!」 、本年最後の生放送は 18日(木)20時 から!   テーマ:『今年のいい人・悪い人をふり返る』 〈泉美木蘭談〉  道徳について考える先日の道場で、よしりん先生がネトウヨに対して、こうおっしゃいました。 「わしは富裕層だ! お前らは貧困層じゃないか!自分の置かれている立場をどうして考えないのか。もうどう思われようと構わないと思うようになった。この格差をわからせてやらねばならない!」  この時、よしりん先生は、「悪い人」でしょうか?  表面上の劣化した感情で「悪い人・小林よしのり」に支離滅裂な罵詈雑言をぶつけているうち、気がつくと、富は富裕層のもとにますます集まり、格差は物凄く広がり、貧困層だった自分たちはさらに貧窮…。 「ボクらの応援した政権は、なんでボクらをこうも苦しめる社会を作ってしまうんだ!? もともと富裕層だった奴が、ますます潤っていくばかり、ボクらは食うや食わずだよ!!」  こうなった時も、先生は「悪い人・小林よしのり」でしょうか?  シレッと勝ち逃げしてハワイで毎日楽しくハンモックに揺られ、好きな本や映画に浸って暮らしていられるはずなのに、わざわざ『差別発言!』『嫌味な金持ち!』という非難を引き受け、「自分の置かれた立場から、格差社会を眺めてよく考えなさい」というメッセージを発していた先生のことを、ネトウヨたちは一体どう思うのでしょう。  生放送では、2014年に起きた出来事をふりかえりながら、「いい人・悪い人」について考えていきたいと思います。  STAP細胞の小保方さんは「悪い人」だったでしょうか?  小保方さんをバッシングし続けた人達は「いい人」でしょうか?  ヤジ議員、号泣議員、LINE議員、キスセクハラの橋本聖子、金で票を集めてきた小渕優子など、とんでもない政治家の姿が顕わになった年でもありました。  それなら「興味が持てない」と投票しなかった有権者は? 「白票が自分の意志だ」と棄権した国民は、いい人? 悪い人?  ただ表面的に「いい・悪い」を決めるのではなく、そこにある道徳を捉えながら、そして、私的・身近な「いい人・悪い人報告」など、脱線もまじえての楽しい時間にできればと思います。    お楽しみに! 第111回「道徳教育と総選挙」  第45回ゴー宣道場は12月14日、衆議院総選挙投票日に開催された。  テーマは 「道徳教育は可能なのか?」 で、当日は小中学校の教師も多く参加し、現場の声を聞かせてくれた。  ゲストは『僕らの新しい道徳』という著書がある評論家の 岡田斗司夫氏 。同書は岡田氏と7人の論客の対談集で、その相手の1人としてわしも呼ばれて対談し、『市民―"庶民"が"大衆"になり果てるとき』というタイトルで収録されている。  わしや師範方の誰とも異なる感性を持つ岡田氏が参加した道場は、実に刺激的なものとなった。  岡田氏は「道徳」と「政治」や「経済」の問題が無縁だと思っているが、わしの考えではそれは間違っている。 「衣食足りて礼節を知る」 というが、現在子供の6人に1人が貧困状態にあり、カロリーの摂取が学校給食に頼るのみという深刻なケースもある学校で、「道徳」を教えて何になろう? 「礼節よりもまず食べさせる」それが国家、あるいは大人の「道徳」であって、「食わせず秩序感覚だけを教え込め」というのは、北朝鮮の独裁者の考えである。   そもそも「道徳」は、「知育」・「体育」と共に、「教育」の一つであって、国家が国民を育てる意図の下に行われる。  国家が世界市民のような普遍的な人間を育てるためのものではない。「国民形成」の手段でもあるのだ。  道徳教育は権力者の政治的意図が大きく関わるものなのだ。政治と経済ぬきの「道徳」はあり得ない。  しかも「 道徳の教科化 」という文科省の要請は、安倍政権の要請であって、わしは「新しい歴史教科書をつくる会」の会合に来ていた安倍晋三とは、左翼偏向教科書の問題点を話し合っていたのだ。  自民党の憲法草案には、表現・結社の自由に「公益や公の秩序に反しない限り」という制限がつけられているが、これについて自民党の憲法改正推進本部本部長代行を務める船田元衆院議員は、「公の秩序」を重視し、いきすぎた自由を制限する旨の発言をしている。  また、草案には憲法の本旨である「国民の国家権力に対する命令」に加え、国民に対する義務規定や道徳規制などが含まれており、船田は「 道徳的側面は現在の日本人の規範意識が薄れてきている実情を考えるとどうしても書き込まざるを得なかった 」と言っている。   日本社会の秩序が乱れてきたから、憲法にも「道徳」を書き込み、「道徳教育」も強化しようというのが、自民党が重要視する「道徳」の原点なのだ。  これから新自由主義の政策がさらに加速され、貧困層が膨大に増えていく。そこで権力や政治に対する不満が爆発すると、政権が覆されるかもしれない。  だから子供のうちから「秩序」を教え込み、権力に反抗できないような精神を植え付けてしまおうという魂胆の「道徳教育」という側面もあると警戒しておくのが大人である。  岡田氏の言う「道徳」と「政治・経済」は関係ないという考えは、実にナイーブなもので、わし自身の今までの政治的行動も、大いに関係しているのである。   権力に従順な国民を育てる装置として「道徳教育」が利用されうることは、中国を見れば明らかである。   中国の道徳教育は「社会科」と合科になっており、徹底した「愛国教育」を行なっている。  この愛国教育では日本の「侵略」を撃退した中国共産党の「功績」を徹底的に称賛することが行われる。  実際に日本軍と戦っていたのはほとんどが国民党軍であり、共産党軍はその間戦力を温存して「漁夫の利」を得ただけなんてことは、絶対に教えられない。  こうして「中国共産党を正統と認めよ」という教育が行われ、中国人は子供の頃から中国共産党への忠誠心を刷り込まれるのである。 
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!