• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

monmonさん のコメント

11日放送「よしりんに、きいてみよっ!」の感想です。
ジローズの「戦争を知らない子供たち」の歌詞分析が、可笑しくてたまりませんでした。初めてフルコーラスで歌詞を知りましたが、憲法9条の世界観に貫かれた歌ではないかと思いました。
戦争を知らずに生まれ育ち、大人になって「平和の歌」を口ずさみながら歩き続ける。「戦争を知らない子供たち」と自分たちを覚えてほしい。思わずお前はいつまで子供のつもりだ、まるで中二病じゃないかと突っ込みたくなりました。
特に2番の髪の毛が長い、若過ぎるからと許されないなら、涙をこらえて歌う事しかできないという歌詞には唖然としました。泣く暇があったら、少しでもそんな社会に反抗してみたらどうなんだ、と情けなくなりました。これじゃ「専守防衛」どころか「非武装中立」にもなっていない、泣き寝入りでしょう。
こんな歌が大ヒットし、レコード大賞作詞賞まで受賞したというのだから、その当時はどんな時代だったのかと呆れてしまいます。
あと小林先生のジローズの歌真似も面白かったです。その歌真似に触発され、ネット動画で「戦争を知らない子供たち」の原曲を聴いてしまいました。2番を歌っている人の声が、先生の「ひょうろく玉」という表現がぴったりだったので、ますます可笑しくなりました。その後SKE48の新曲「前のめり」を聴いて、あわてて耳直しをしました。
No.36
52ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第143号 2015.8.11発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会」という長ったらしい名称の会議が、安倍首相に報告書を提出した。14日に発表されることになっている安倍談話の下地になる歴史観をまとめた報告書である。その中では1930年代以後の日本を断罪している。特に看過できないのは「国策としてアジア解放の決断をしたことなどない」という大ウソである。結局、安倍談話は戦後レジームを完全に完成させる歴史観で貫かれるのか?? ※「ザ・神様!」…西の熊襲討伐のため九州へ向かったオウスノミコト。女物の衣装に身を包み、巨体の猛者・クマソタケルの心臓を懐剣で一突きして殺害。鮮血を全身に浴びたまま血の海のなかに立ち尽くす美貌の少年・オウスの次の獲物は…弟のタケル!なんと最古の女装男子は、最古のお○ま掘りをしていた!? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!昭和天皇「沖縄メッセージ」のご真意は?日本男児は全員戦地に行って死んで欲しい…こんな女をどう思う?漫画家は描いているキャラクターと同じ表情をしながら描いているの?SEALDsをどう思った?髪の長いプロレスラーが多いのは何故?自衛隊は大量破壊兵器まで運ばされる?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第138回「アジア解放は理念も実行もあった」 2. しゃべらせてクリ!・第103回「沙麻代ちゃん!貧乏人に甘い顔せんでクリ!の巻〈後編〉」 3. もくれんの「ザ・神様!」・第62回「ヤマトタケル物語・その3」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 読者から寄せられた感想・ご要望など 7. 編集後記 第138回「アジア解放は理念も実行もあった」  8月6日、「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会」という長ったらしい名称の会議が、安倍首相に報告書を提出した。  戦後70年にあたり、14日に閣議決定の上で発表されることになっている安倍談話とやらの下地になる歴史観をまとめた報告書である。  これを一読して、『戦争論』以降の17年間の論戦は、一体何だったのだろうと思わざるをえなかった。   その歴史観は完全なる「司馬史観」であり、「東京裁判史観」だったのである。  まず報告書では19世紀について触れ、 「 世界最大の経済大国だった中国が、英国に、しかもアヘン戦争という極めて非道な戦争に敗北してしまった 」 結果、 「 西洋諸国を中心とする植民地化は世界を覆った 」 とする。  そしてその一方、 「 アジアにおいては、植民地化を免れようと近代化を遂げた日本が日清戦争に勝利 」 、さらに 「 日露戦争で日本が勝利したことは、ロシアの膨張を阻止したのみならず、多くの非西洋の植民地の人々を勇気づけた。のちに1960年前後に独立を果たしたアジア、アフリカのリーダーの中には、父祖から日露戦争について聞き、感激した人が多かった 」 と書いている。  アヘン戦争を 「 極めて非道な戦争 」 とまで表記し、そんな西洋列強の植民地化から免れるために日本は近代化したこと、そしてさらに日露戦争の功績も十分に認めて書いている。  ところが、昭和に入ったあたりから一変。 「 日本は、満州事変以後、大陸への侵略を拡大し 」「 世界の大勢を見失い、無謀な戦争でアジアを中心とする諸国に多くの被害を与えた 」 等々、これでもかとばかりに断罪をし始め、しまいには 「 1930年代以後の日本の政府、軍の指導者の責任は誠に重いと言わざるを得ない 」 と切り捨てるのだ。  そして、戦後になるとさらに一変。 「 日本は、先の大戦への痛切な反省に基づき、20世紀前半、特に1930年代から40年代前半の姿とは全く異なる国に生まれ変わった 」 と言ってのけるのだ。  日露戦争までの日本はいい国。1930年代に入ると魔法にかかったように極悪な国になり、戦後はまた全く異なった国に生まれ変わった、というのだ!!   歴史を分断し、自分の気に食わない時代の日本を「別の国」にしてしまうのだ。歴史教科書論争の頃にも散々批判してきた「便利すぎる歴史観」が、こんなところで大手を振ってまかり通っている。 こんなこと、まともな学識者だったら主張できるはずがない。バカの歴史観と言うしかない。  さらに報告書では、満州事変以後を「侵略」と書いている。これに朝日新聞などは「侵略」と明記した!と大喜びしているのだが、実は報告書には「侵略」の語に注釈を付け、 「 複数の委員より、『侵略』と言う言葉を使用することに異議がある旨表明があった 」 として、その理由を以下のように書いている。 1.国際法上「侵略」の定義が定まっていないこと、 2.歴史的に考察しても、満州事変以後を「侵略」と断定する事に異論があること、 3.他国が同様の行為を実施していた中、日本の行為だけを「侵略」と断定することに抵抗があるからである。  左翼新聞のウェブサイトの中には、この注釈を省いて載せるという悪質なものもあった(さすがに朝日新聞デジタルには載っていた)。  この3点の理由を退けて「侵略」と表記したからには、そう判断した理由も明らかにする必要があるはずだが、それはどこにも書かれていない。  国際法上、「侵略」の定義が定まっていなかったというのは確かにその通りである。パール判決書でも、日本のいかなる戦争も国際法上「侵略」とはされていない。   だが、わしは国際法上の観点とは別に、道義上の観点が必要であると考えるようになった。  
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!