• このエントリーをはてなブックマークに追加

россии и банкаさん のコメント

権力批判とロシアやイランみたいな反米感情はやはり必要だと思います。
ロシアは、90年代のエリツィン政権の時に民主主義を勧めたが、過度な民営化でロシア国民は反米感情を生んだ訳だし、イランもアメリカによって民主主義が妨害された事例が存在している。
ロシアやイランにはアメリカのご都合主義に反発を起こして反米感情を生んでいる訳だ。
だから反米が出来てこその安倍批判をやる事が重要なので、ロシアやイランとの連携、この2国との連携でアメリカ排除をやれば変わってくると思います。
TPPとAIIBは、アメリカのブッシュ一味が絡みISD条項などがあるが、BRICS開発銀行はその恐れがない。
ただ、安倍よりも批判すべきなのは現官房長官である菅義偉です。
菅義偉は鳩山由紀夫さんのクリミア訪問の際に激怒した訳だし、対露制裁は彼が絡んでいると思います。
菅義偉を止めさせれば安倍政権も弱体化するでしょう。
No.1
71ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
  朝日新聞に津田大介氏の SMAP に関する記事が 載っているが、これが大変面白かった。 「世間を騒がせた」 なんて意味のない謝罪をテレビで やったのは、やはり公共の電波を利用した 事務所の 「見せしめ」 だろう。 最近では SMAP のファンの中にも事態の真相が 分かってきた人もいるようで、独立させてあげても いいじゃないかという意見もあるという。 ファンが SMAP のメンバー個人の意思を圧し潰す というのも残酷な展開である。 この騒動で不気味だったのは、テレビの司会者や タレントやコメンテーターが、ジャニーズ事務所や メリー喜多川の批判を絶対にしないという 異様さだった。 スポーツ新聞も確かにジャニーズ事務所側に 立っていて、 SMAP 存続を強制する同調圧力を 作り上げていた。 津田氏が 「芸能マスコミは当初から事務所側に立った 一方的な 報道を繰り返した。中でもスポーツ紙は 露骨だった。」 と書いているが、その通りに わしも感じた。   その理由は 「事務所の機嫌を損ねれば、記事を 作る上で貴重な 情報源が失われ、自らの立場や ビジネスが危うくなるからだ。」 というのも、 その通りだと思う。   そして 「芸能事務所と芸能マスコミの関係はそのまま 永田町と 大手新聞の関係に置き換えられる。」 という意見にも、激しく同意する。 テレビや新聞も、安倍政権を厳しく批判することを 避けている。 特にアベノミクスが大企業優先の政策なので、 スポンサーになる大企業の機嫌を損ねないように マスコミは配慮・自粛しなければならない。 昨日は自民議員が BS 日テレの報道番組を ドタキャンしたというニュースがあった。 「政治とカネ」がテーマなので、党幹部が、 甘利大臣の疑惑について、自民党議員・個人の 意見を封じたいという党幹部の意向らしい。 権力はマスコミを巧みに懐柔し、マスコミは 「私利私欲」のために「公共性」を無視し、権力監視の 使命を果たさない、そういう時代になっていく。 テレビ・新聞は、権力と、スポンサーと、 芸能事務所の 顔色を見て、ニセの情報を流して 国民を欺く。 心ある者は、権力とも、マスコミとも、 戦わなければならない。    
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!