• このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ・メルマガ

  • 「不機嫌なモノノケ庵 續」が放送開始になります!

    この度、アニメ「不機嫌なモノノケ庵」にて音楽プロデューサーを やらせていただくという貴重なお話をいただきました。 今回のお話を最初に頂いたのが2017年の終わり頃だったので すでに1つの年をまたいでしまいましたが 本当にたくさんの方に支えられて今日を迎えられたなぁと思うと 感慨もひとしおなところがあります。 「不機嫌なモノノケ庵」は、突然妖怪に取り憑かれてしまった主人公・芦屋花繪が 物怪庵の主・安倍晴齋とともに数多の妖怪たちを通じて、 不安を持ちつつもその世界に飛び込んでいくストーリーを描いた原作です。 「これからずっと共に歩んでいくのか、それさえもわからない。 でも今”君のとなりにいてよかった”と思える人であることには変わらない。 そんな気持ちは、”モノノケ庵”の二人も、僕たちも、同じなんだ…」 というコンセプトを主軸にして作ろうと決めたところから始まり たくさんの相談を積み重ねてアニメにぴったりの音楽ができあがったと思います。 ふと横を向いた時に一緒に歩いている人。 そんな人たちのおかげで、自分も、今があるんだと思います。 アニメの曲を一から作ることは初めてでしたし いろいろと限られた中で作る必要のあ...

    2019-01-05

    • 0 コメント
  • 知らない土地のお寿司屋さんはおもしろい…という話。

    どの町にも大抵“あのたたずまいの寿司屋”ってあるじゃないですか。“あのたたずまい”を説明すると、たぶん擦りガラスの引き戸で、のれんが掛かってて。だれが書いたのか分からないけどポエミーな書が飾ってあって、近所の自動車整備工場からもらったようなカレンダーが掛かってる、そんな感じ。なんか入りづらい。わかります。 でもね、僕はこう思ってるんです。 「知らない土地に来たときこそ、町の寿司屋に入るべき」 。いやむしろ、町の寿司屋に行くために旅行してもいいくらい。 ちょっと不思議な“町の寿司屋”の世界。僕なりの楽しみ方をご案内しましょう!   わたくし事務員 G 、仕事柄全国各地に行くことが多く、よく友達に「◯◯市に行くんだけど美味しい店どこかなぁ」と聞かれる事があります。そんな人にはよく「町の寿司屋に行ったらいいよ」と言うんですが、便宜上「町の寿司屋」と呼ぶ店には自分なりの定義があって、それをまず確認しておきましょう。まず、チェーン店ではない。回転寿司でもない。商店街で15年以上営業していて、たいてい夫婦で切り盛りしている。カウンターがあって、お好みで握ってもらえるようなお店。...

    2018-11-21

    • 3 コメント
  • お客さんにご飯を出す時のきもち

    滝川クリステルさんのおかげもあってのことだろうか 「おもてなし」という言葉がことに有名な日本語の一つになった感じがする。 料理を趣味にしてから久しく、古くからの友人を家に招いて 食事を振る舞うことが往々なる昨今の趣味となった。 だれがこの家にやってくるかで、他の招待客を考える。 例えば最初に決まったのがAさんだったとしたら、その人の話に ついていけそうなBさんやCさんを思い出して連絡をする… というわけだ。 Aさんと、まったく話の合わない別の人を呼んでも 「自分が料理をしている間の話が持ってくれない」。 (それは、料理にかけられる時間が別の気遣いに充当されてしまい ひいては「自分の考える時間配分」で 作業をこなせなくなってしまう) つまり、誰をお呼びするか…というところから その日の食宴は計算されているのだ。 食宴をもって客人をもてなすには 「おいしく料理を作る」こと以外にも、大事な要素がある…と最近良く思う。 それは「同時に複数の料理を出す」という技術だ。 これがもし昼食なのであれば、丼ものしかり、パスタしかり、 一皿に一人前を載せた料理で事が足りるだろうが夜の宴席となると話が違う。 会話の邪魔をしな...

    2018-10-24

    • 2 コメント
  • 「事務員さんの作るライブは規制がゆるい」と言われるようになった。

    「事務員さんの作るライブは規制がゆるい」と言われるようになった。 参考がてら他のイベントがどんな風になっているのか 見たり調べたりすることもあるが、年々規制や禁止事項が増えていく。 イベントを作らせてもらうようになってからずいぶん経ったわけで、 こうなっていくのもだいたい分かるし、理解もしているのだけど。 昔話にはなんの意味もないけどこれだけは。 以前はなんの規制も無かった。だって、作る人も演じる人も同じだという 世界観の中から始まった世界だったから。 (クラスのお調子者の一人がなにかやってる…程度の) ある日それが「そうじゃなくなっていってる」ことに気づいたときから 「規制」が始まった。あの時の悔しさも覚えているけど それを認めないと続いていかないことに気づいて、呑み込んだ。 僕は、自分の作るイベントで「規制」を作ることがあまり好きじゃない。 規制によって失うもの(お金とかそういった短絡的なものではなく)が多いから。 ディズニーランドでセルフィー棒が規制されたと聞いたときに きっと、それを決める側は辛かっただろうなと察した。 僕は、多分何かしらの性善説を基盤にしてイベントを作っていた節があって ...

    2018-09-10

    • 1 コメント
  • 9月24日、こういうのをやらせていただきます!!

    ======================================================================================================================================================================================================================================================================================== チャンネル会員さんにしかまだこのURLを出していません。 チャンネル会員さんで埋まらなかったら、Twitterで告知しようと思いますのでよろしくお願いいたします。 (チャンネル会員さんじゃないと予約できない形ではないので、情報出しなど、お気をつけください…!) 以前4月に「突然あいちゃったよ〜」と嘆きのツイートをしていた 川口市のライブハウス「キャバリーノ」の店長さんから 「また空いちゃいました…」との連絡。 というわけで、またスタプラメンバ...

    2018-09-04

    • 0 コメント
  • 収集癖

    人によっては漫画だったり、人によってはトレーディングカードだったり 何かを集めることが好きな人はいっぱいいると思う。 現に僕自身も、例えば調味料を揃えてみたり (これはどっちかっていうと「無いのが悔しいから」みたいなのに近いが)楽譜だったりと 家の中にはたくさん存在している。 おかげさまで、頂戴した調味料や楽譜なども合わさって その数はなんとも膨大な… 量になっている。 さて。 そんな僕にも、まだあまり人には言えていないコレクションがあるのだが ここでそれに触れようと思う。 調味料を集める前から。 楽譜を集める前から。 ずっと続けてきたコレクション。 それがこちら。 独特なタッチが特徴の、僕も大好きで絵の参考にさせていただいている 針すなお先生の描いた似顔絵である。 特に多く見られたのは古いモノマネ番組で、 僕はどっちかというと「ものまね番組」が好きなのではなくて 「ものまね番組に出る針先生の絵」が見たくて見ていたくらいだったのだ。 (こういう文体で、自分の趣味のことを語ると とても、”えもいわれぬ”気持ちになることがいま分かった。) 現在、針先生の似顔絵新作を見られるのは 主に朝日新聞の1コママ...

    2018-07-30

    • 2 コメント
  • 「事務員Gさんの麻婆豆腐のもと」を販売します!

    普段、僕の家に友人が遊びに来てくれた時に作っている「麻婆豆腐」。 これはもともと、実家の近くにあったとあるレストランで出ていた 麻婆豆腐が美味しくて、それを再現していたのですがいつしか自分の 好みの味に寄せていくようになったものです。 豆腐を崩しながら入れるのが特徴で、煮ているうちに 少しずつ形を崩していくと、味が豆腐に染み込んで おいしくなるんですよね…! というわけで、その「麻婆豆腐」を是非みなさんのご家庭で… と思い立ってレトルト食品づくりに挑戦してみたんですが これがもうほんと長引きまして…笑 味を調整するだけで何度も何度もレトルト食品の会社さんと相談したり レトルト用の豆腐を入れてもらったりしたんだけど納得できずに 「もと」になったり… と、いろいろ勉強することが出来ました! これからもしかしたら「事務員さんのレトルトシリーズ」が始まる …のかもしれませんが、今回はその第一弾ということで。 「麻婆豆腐のもと」を作らせていただきました!! 事務員Gさんの麻婆豆腐のもと レトルトパック 初回販売 ↑お申込みはこちらから… 賞味期限は1年。 6月のはじめに作られたので、あと11ヶ月あります。 売...

    2018-07-01

    • 1 コメント
  • 【チャンネル先行】 例のグッズ(?)を先行で頒布させていただきます…!

    =============================================================================================================================================================================================================================================================================================================================================================================================================チャンネル先行記事です(お試し読み回避用)=================================================================================...

    2018-06-14

    • 0 コメント
  • 新宿・渋谷・池袋。

    だいたい打ち合わせだとか人と会うとかだと 東京では「新宿か渋谷か池袋」ってことになるんだけど 「このなかでどこが一番いい?」って聞かれたら僕はかなり迷わず 「新宿」と答えると思うんですよね。 なんか「一番なじんでる」って感じがする。 それがどうしてか考えると、小学生くらいの時にまで さかのぼるのかもしれないなぁ。 新宿にはバスターミナルがあって どこか地方都市にいくためにはその停留所から 長距離バスに乗ってたんだよね。 結構長距離バスを小学生の時くらいから乗せられてた僕は あの新宿のバスターミナルが「東京の玄関」だと思ってた。 今は「バスタ新宿」という建物ができて、当時バスターミナルだった所は 電気屋さんになってしまったけど。 「オフ会」というものに初めて行った時も新宿だったし なんだかんだで池袋や渋谷は選ばない感じがする。 打ち合わせも飲み会もずっと新宿。そうなったらもう 「新宿・渋谷・池袋」で選べって言われたら新宿を選ぶだろうね。 こないだ、麻婆会の打ち合わせのために渋谷に行ったんだけど もちろん行き慣れている場所なんだけど、坂が多いからなのかなぁ。 なんかいろいろ動き回ろうって気持ちに...

    2018-05-06

    • 0 コメント
  • そらる君の横浜アリーナの動画が公開されましたね〜

    都内は色々イベントがあるから面白そうなんですよね… 特にいいなぁと思うのが「辛い食べ物フェス」とか 「肉フェス」とか「ラーメンフェス」とかそういうやつ。 なかなか食べられないお店が一つの場所に集まって、、、っての すごくいいなーって思う… でも、あれって「小さいサイズ」があるものなのかな。 僕、めっちゃ食べる量少ないから わざわざフェスに行って1つ食べて満足して終わるんだったら あんまり行く意味ないなぁって思っちゃうんですよね。 一度にラーメン、たとえ小さいのが売ってたとしても 3つとかが限度…?でしょ? ああいう場所の適度な楽しみ方を教えてほしいものです… はい本題。 そらる君の横浜アリーナの映像が公開されましたね。 今回公開された「僕のヒーロー(Orchestra version)」の他に Firepitと、彗星列車のオーケストラ演出を担当させていただきました。 あ、それから「オーケストラが居るよ〜!!」って驚かせる時の 転換用の音楽(「ソラーレ」)を作曲しました。 (これは「ソ〜ラ〜レ〜〜〜」っていうモチーフを使って作ったんですが 小節線を入れると「ソラ|レ」になってソラルに見えるというシャレです。) 僕はこの時、...

    2018-05-06

    • 2 コメント

Twitter

生放送

動画

動画が見つかりませんでした。