• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 平成時代、ほんとうにありがとうございました。

    2019-04-30 20:56
    「平成」という時代が終わる事になり、残すはあと数時間というところまで迫った。
    新しい元号は「令和」だという。

    僕がピアノを始めたのも平成。
    そして今みなさんの前に現れるようになった経緯も、平成。
    僕がほとんどすべてを過ごしてきた時代が終わる。

    この時代に皆さんとお会いできたことへの感謝を
    今一度噛み締めつつ…
    そして、ここに残っていられたことへの喜びをお伝えして
    「平成最後の」記事にしたいと思います。

    本当にありがとうございました。
    また令和で、お会いいたしましょう

    さようなら、平成。
  • 同じ分だけの記事をブロマガに書くほどネタがなかった件…笑

    2019-04-26 11:15
    500pt
    今noteってやつで色々書いてるんですが、結構書ける事書いちゃってるなぁって感じ。
    もう時間も経ったことだし、色々言ってもいいタイミングだから。
    「あの時だったら書けなかったこと」も書いちゃってますね。


    「歌い手さんが顔にスタンプを貼る理由」
    あの絶対顔出しなんかしちゃいけなかった時から、今誰でも顔出し許容される時代になってきて思ったのは、やっぱり「ちょっと自信がない人」こそ、ネット内での活動にモチベーションがでるのではと思った。普段の自分が本当の自分を出せる場所、それがネット。なので「顔出しも怖い」くらいがちょうどいいのでは。

    「歌い手初のライブを作るまで」
    そうそう。このライブ、確か「往復ハガキ」でチケットを売ったんですよね。思い出した。
    一緒に作ってた人の家に行って、二人でその「往復はがき」の返信をしていました。
    今どき往復はがきでチケットを申し込むなんて、絶対ないけど、
    その頃は「チケット販売会社」
  • ライブにオーケストラを入れたい!裏話

    2019-04-19 12:381
    500pt
    いやぁ… 今回の話はちょっと長くなってしまったので2つに分けましたが
    一応なんとか「今」までつなげることができたので安心してます。

    実はこの「初めてフルオケ&バンドを虹オケでやった」のとき、
    永原君の都合がどうしても合わず、テューバ吹きの方に本番も振ってもらったんですよね。
    そのエピソードも入れたかったんですが、その彼にちょっと申し訳ないかなぁと思って
    はしょっちゃいました。

    とりあえず、考えてみたら10年もこんなこと考えてて
    今はそういう現場が実際にあるんだからすごいことですよねぇ。
    まだまだお話はさかのぼったりしますので、お楽しみにです!