• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ケニー・オメガ発言集・後編「飯伏とは、戦うよりもタッグを組んで、世界を驚かせたい」■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ケニー・オメガ発言集・後編「飯伏とは、戦うよりもタッグを組んで、世界を驚かせたい」■MMA Unleashed

2017-01-26 15:25

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム――今回のテーマもケニー・オメガです




    先週のケニー・オメガの海外メインストリームメディアでの発言集がおかげさまで好評をいただいたと耳にしたことを受け、調子に乗って今週もオメガの海外での発言をお届けしてみたい。先週の記事の納品直後に公開された『レスリング・オブザーバー・ラジオ2017年1月19日号』にオメガが出演、1時間にわたるロングインタビューを受けている。主流メディアとはひと味違う、プロレスメディアならではのディープな話をお楽しみいただきたい。


    Q WWEからあなたへのラブコールが絶えませんね。

    オメガ:ありがたいことだけど、特にシェアできるニュースはないよ。今は何もしていない。じっくり時間をかけて今後の進路を考えたいと思っている。カネの問題ではなく、プロレス界でどう生きていくかを考えているんだ。

    Q あなたの短期的ゴール、長期的ゴールは何ですか。

    かつて僕がプロレスファンだった頃、日本で活躍して、レジェンドになることが夢だったんだ。14歳の頃にはまだ、レッスルマニアやマジソン・スクエア・ガーデンに憧れていたけれど、17歳の頃にはもう、武道館や東京ドームが目標になっていた。そういう意味では、夢はかなり叶(かな)っているといえる。こんな夢が叶(かな)ったガイジンはそんなにいないだろう。だから、ほかの場所からオファーがきたからといって、簡単に日本を去ることはできないんだ。

    僕も33歳になったけど、アスリートとしては20歳代と全然変わっていないと思っている。WWEを悪く言うつもりはないけど、基本的には日本のフィジカル・スタイルに対応できるうちは、日本でやるべきなのではないか、と思っているんだ。もっとも、WWEにも以前と比べればいい選手が増えていることは確かだから、悩ましいところではあるけれどね。


    この続きと、中井りん、那須川天心、ジェイク・ロバーツ、RIZINの裏側、角田信朗騒動などの記事がまとめて読める「14万字・詰め合わせセット」はコチラ http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1181523
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。